[ファイトクラブ]女子格フジRIZIN視聴率5.4%、ピーク7.7%はサザエさん11.5%終了直後~柴田勝頼

[週刊ファイト3月27日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼女子格フジRIZIN視聴率5.4%、ピーク7.7%はサザエさん11.5%終了直後
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・女子プロ劇場KINGレイナ勝利とハッスル髙田~ミスターポーゴの苦言
・JBLからのいじめ発覚!SmackDownマウロ・ラナーロがWWEと示談協議中
・NHKアナザーストーリーズ『クラッシュギャルズを求めた少女たち』考
・ネットに本当に重要な情報はない:AIと生身の脳が情報交換する時代
・映画『ワイルド・スピード』、『スターウォーズ/フォースの覚醒』抜く
・報道されてない深淵~柴田勝頼にリング復帰断念勧告!曙の深刻度
・ロンダ・ラウジー婚約発表!UFC正式引退なのか?

―― 今週はチャンピオン・カーニバルとCatch The WAVEの開幕戦から、RIZIN-Sakura、新日本キック、ラウェイ・ジャパンに新生WRESTLE-1、アントニオ猪木が駆け付けた藤波辰爾45周年まで大会がいろいろありました。全日本プロレス後楽園ホールが超満員だったことは本誌だけでなくアチコチに出てますが、格闘技のさいたまスーパーアリーナはどうだったんですか?

オフレコ 集客は最初から期待されてないと思う。環状線理論の末端ライト層が高いチケット買って観る必要があると思わせる目玉カードや知名度抜群の選手がいない。川尻達也がメインと聞いて「うん?」だったし、フジテレビ中継の大トリがRENAでも、驚きはなにもない。むしろ『FUJIYAMA FIGHT CLUB』をずっと見ていたなら、女子格プッシュの番組にするのは予想出来たこと。

―― 地上波の番組表には「日本の美女格闘家が集結!ジョシカク開幕▽ツヨカワRENA・大口叩く重量級レイナ・JK卒業カンナ…▽天才・那須川天心の蹴り▽UFC凱旋の堀口見参▽石井慧」とありました。はい、女子格の中継番組です。

オフレコ KYORAKUさんのロゴもマットに目立っていたから、いつも以上に招待券配っていただろうし、観客数の数字には意味ないよ。RIZINの場合はあくまで視聴率が問われている。

―― 平均視聴率5.4%、ピークの7.7%は国民番組『サザエさん』の平均視聴率11.5%終了直後、番組の冒頭とのことなので、下駄履かせてもらっても5.4%というのはガックリでしょうねぇ。

オフレコ 前週放送の『フルタチさん』が6.1%とのことで、特番のRIZINが下回ったのは不味い兆候だと思う。

―― 世間向けスター不在だから、やたら客席の神取と堀田を画面に映したりして女子プロ劇場をまたやってましたけど、どうなんですかねぇ? 
RENAにしても峠は過ぎた選手なんだけど、本人の自己分析通り「ワタシ、持ってる」選手ですから、二度あることは三度あるで勝ってこれているのは称賛に値しますけど。

オフレコ 対戦相手はヒールフックが得意な寝技選手だと。しかし、打撃勝負になったらボディーパンチ一発で悶絶させることは出来るハズとのシミュレーションから参謀会議が始まる。そこでRIZINルールで踏みつけアリが生きてくる。女子なのに・・・。

―― 非情に徹して鼻頭をへし折る、あるいは眼窩底骨折を負わせる覚悟はあるかとなって、RENAはハンガリーの選手に有言実行。目下に大きなアザを作らせたから、作戦を本番で出せる点では本物のスターですね。

地上波フジテレビのトリはRENAだった!

オフレコ いくら道場では強くとも、お客さんの前ではフルに実力発揮できないのが普通だから。

―― 堀口恭司vs. 元谷友貴はやはり凄かったとかはありますが、地上波中継枠ではダイジェストだったように、イマイチ印象の残る試合がない大会だったとの辛口総括もあります。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。