[週刊ファイト2月23日号]チャボ追悼!回顧・伝説の寝屋川決戦!~昭和53年10月20日

[週刊ファイト2月23日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼チャボ追悼!回顧・伝説の寝屋川決戦!~昭和53年10月20日
 photo & text by 西尾智幸
・超貴重な12枚の現場写真を復元!現場レポート収録

大阪・梅田でサザンオールスターズとプロレスファンが集うバーE★SPOTを経営する西尾智幸氏より、チャボ・ゲレロ追悼として余りにも貴重な現場レポートと写真が入稿された。藤波選手がバーに来られた際に、西尾氏はドロップキックの相打ち写真を提供、これはDVDの宣伝素材として使われただけでなく、40周年記念大会にて会場でも流されているが・・・。

昭和53年、まだ若干15歳だった私は、近鉄、国鉄(JR)、京阪と3つの電車を乗り継いで、東大阪市の布施駅から、生まれて初めて行く、寝屋川という地にひとり足を運んだ。

WWWFジュニアのタイトルマッチ、藤波辰巳対チャボ・ゲレロ戦がどうしても観たかったからである。
荷物は、知人に借りた一眼レフカメラと36枚撮りのフィルムが1本。
(今回、使用する写真は36コマ分の12枚である)

のちに、これは“伝説の寝屋川決戦”と語り草になるほどの名勝負となる。

方向音痴の少年は、最寄駅も歩く道も迷いながら、やっと体育館に近づくと、怪しい大人が近づいてきて、
「にいちゃん、リングサイド安いで!」と言って2000円で買わされたチケット。

いつもお金がなく、まだ立ち見ばかりの少年だったが、初のリングサイドにわくわくして会場に入ってみると、実際はほぼ最後尾に近い観辛い場所だったので、いきなり気持ちがブルー。
そして、結局いつも通り立ち見でウロウロしながらの観戦となった(笑)


S小林&坂口 vs. K・K・クラップ&B・バーナードや猪木 vs. エクスキュースナー等の好カードを経て、いよいよ藤波とチャボの登場だ!

(藤波のWWWF時代のベルト姿は貴重な一枚)
いよいよメインのゴングが鳴る!

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む