ある極悪レスラーの懺悔13 大仁田刺殺アングルの舞台裏 デスマッチ帝王

【ミスターポーゴ人生ドラマのクライマックス】
プエルトリコでの大仁田厚刺殺アングルと同期に起こった最愛のおふくろの死。成田空港で焚かれる東スポ記者のフラッシュの影に、知られざる著者の壮絶な実生活をここに初公開。究極の懺悔が洗いざらい記載される。そして母の死を地球の裏側で知ったポーゴに一晩中付き添ったブッチャーとの友情。さらには太陽となった大仁田厚の影で、月になることを誓った著者の心情吐露とは!?

【俺様を憎んでくれるプロレスファンへ】
ブルーザー・ブロディー刺殺事件を応用したプロレス流アングル(仕掛け、やらせ)の全容を一挙公開。カメラマン・ジミー鈴木の役割など、業界禁断タブーのすべてを詳細。専門誌では絶対に読むことのできなかった裏の裏までも懺悔が続く。91年9月に起こったドキュメンタリーはFMW信者をも驚愕させる。涙と悲嘆の中で、ここにデスマッチの帝王が誕生したのである。

【極悪レスラーの心の叫びを聞け!】
憎まれてナンボの世界の悪役レスラー。大仁田厚が全国区のスターへと駆け上がる一方で、石ころを投げたり、唾を飛ばしたフアンたち。ついに壮絶なる懺悔は、プロレス芸術の核心へと迫る。涙なしには読めない深い感動と魂の叫び。極悪レスラーとは何か、そのすべてがついに明かされる!

【デスマッチ帝王への道】
どうせ人間、一度は死ぬんだ!!

死ねばまた、おふくろに会えるんだという俺様の勝手な妄想が
大きく膨らんで心のなかで爆発したのだ!!

この瞬間、俺様は全ての恐怖感から解放された気がした。
いわゆる、吹っ切れたというやつだ。

飛行機に乗る時の恐怖感、

人間関係から沸いてくる恐怖感、

そしてデスマッチというジャンルにおいて俺様につきまとう恐怖感、

そんなもの、クソ喰らえだ!!!
もう俺様に恐いものは無い!!

この日から俺様はデスマッチの帝王への一歩を歩み始めた。
大仁田厚傷害事件の仕掛人という悪名を引っ提げて!!
(本編より抜粋)

【目次】
アングルとはつまり、「やらせ」のことだ
アングル実行とジミー鈴木
ブッチャーのうんこする時の奇声
さよならおふくろ
一晩中付き添ってくれたブッチャー
成田空港で焚かれたフラッシュ
太陽の大仁田厚と月の俺様
ホセ・ゴンザレスのFMW出場キャンセル
俺様を憎んでくれるプロレスファンへ
補足記録

【解説資料 マット界に咲いたFMWというあだ花】

ある極悪レスラーの懺悔 大仁田刺殺アングルの舞台裏 デスマッチ帝王

商品コード misterpogo013

価格 315 円

ウィッシュリストに追加する »