ある極悪レスラーの懺悔01 グラン浜田、ジャンボ鶴田と運命の遭遇

"極悪プロレスラー"がついに自らのペンを握り、すべての舞台裏の真相をぶちまける。
ミスター・ポーゴ本邦初の自叙伝、配信作。
 世界を股にかけ、その数奇なる運命を辿った漢がいま初めて明かす、真実の独白。新日本プロレス草創期、旗揚げシリーズにてデビューのち、渡米。32年という歳月を経て、ここに流転の刻を累々(るいるい)と綴る。
 生い立ちから大相撲在籍を経てプロレス界へ。大学時代におけるJ・鶴田との遭遇。のちのG・浜田を伴った、新日本入門秘話。新日本旗揚げ試合の逸話。藤波辰爾とのデビュー戦ガチンコ試合の様相。全米プロレス界不遇時代のちの強豪レスラーとの対戦模様。ジン・キニスキー、ハーリー・レイス、ドリー・ファンク・ジュニアらとの知られざる交友・・・・・・これまでの様々な著者にまつわる"風説""エピソード"を著者自らが覆す、懸命の上梓作。
 FMW、W★ING、IWAジャパン、本国における非道の限りを尽くした死闘秘話、等々、余すことなく語られる一代"世紀"の悪役レスラー、ミスター・ポーゴ著『ある極悪レスラーの懺悔』。
その記念すべき第一回配信作として、ここに「グラン浜田、ジャンボ鶴田と運命の遭遇」篇をお送りする。

【大学一年生に成った俺様はひとりの男と出会う】

俺様も、
暫くしたら君の居るところに逝くけれど
その時は、
ミスター・ポーゴvsジャンボ鶴田の
シングルマッチを要望致します!!!
ノーロープ有刺鉄線で!!!
          (本編一部抜粋)

【著者の偽りの無い、真実の雄叫びがここに有る】
 鶴田は天才肌選手の典型のように評されることが多く、実際、プロレス入門の際に「就職します」と発言したことからエリートを鼻にかけていたと誤解されているが、これを読めばいかに雑草魂の塊であったかが明かされる。どこにも公開されていないジャンボ鶴田の知られざるエピソードをミルホンネット版のみに収録!


貴重写真多数収録

【記録訂正】
 関川哲夫の誕生日にせよ、1951年2月5日が正しい。ところが、最初に誰かが書き間違ったものが、その後も延々と使われているままで、本人が訂正希望を出さなかったタイプであったため、ミスター・ポーゴのプロフィールに関してはどれほど多くのでたらめがまかり通ってきたことか。

【ヤマモ山本雅俊推薦の文才】
本作品は、専門誌などにありがちなインタビューを起こした口述筆記ではなく、初めて関川哲夫本人が正確にすべての真相と舞台裏をぶちまけている。
作家デビュー! これまでのレスラー本にありがちなフィクションを排し、文才にも恵まれる著者が心の叫びを綴った真実のドキュメントである。

ヤマモブログ「時空を超えて大仁田vsポーゴ」

【目次】
私生児としての誕生
親父の選挙落選と貧乏のどん底
柔道一直線とグラン浜田との出会い
柔道に明け暮れた高校時代
中央大学入学と柔道部の奴隷に対するシゴキ
ジャンボ鶴田との遭遇
鶴田の格闘技への思いは半端ではなかった
あのときは味方してやれずに悪かった。ごめんなさい

ある極悪レスラーの懺悔 グラン浜田、ジャンボ鶴田と運命の遭遇

商品コード misterpogo001

価格 315 円

ウィッシュリストに追加する »