スマホ/タブレットなど全対応!月額999円(税込)読み放題「ファイトクラブ」開始

 お待たせいたしました。11年目を快走中の弊社は、10周年記念として電子書籍事業と並行して、毎週金曜発売のジャーナル「週刊ファイト」の主要記事が、スマホ/タブレットなどあらゆるデバイスで読み放題の月額会員制「ファイトクラブ」を開始いたしました。新装開店にあたっては、井上譲二元編集長の『週刊ファイト・メモリアル』を、電子書籍ジャーナル9月22日号掲載の第一回「覚悟していた新日プロからの取材拒否」から、すべて全部が読み放題となっております。
 眞鍋嶽山先生の武道教則本『詠春拳』シリーズ他、単独作品の電子書籍出版事業に変更はありません。一回でまとめ買い、大人買いこそできますが、例えば全104ページあります『第1号改訂版』など、記事1本だけを電車の中でスマホから読むことが難しい長編作品は一冊ごとに購入していただくしか販売が出来ません。またこれまで通り、毎週金曜発売のジャーナル(雑誌相当の長編)『週刊ファイト』も、発売サイクル含めて変更はありません。一方「ファイトクラブ」のほうは、一冊ではなく気になった1本の記事からが会員登録の発端となります。他社さんの月額制は540円(税込)が多いようですが、弊社は毎週発行の量、質ともに別次元であることは本誌購読者には説明不要になります。
 視覚的なデザインこそ替わってますが、サイトの各エントリーが従来通り最後まで読めるニュースや告知が主軸であることにも変わりありません。但し、「ファイトクラブ」用記事が混在することになり、こちらのエントリーは会員になられた方が最後まで読めることになります。また、毎週金曜発売の週刊ジャーナル収録記事ですが、これまでは各ライター諸氏から月曜、火曜と早く入稿された記事/レポートであれ定期購読者様に読んでいただけるのは金曜になってからでしたが、これからは「ファイトクラブ」のほうに先行発表する記事が一部出ることになります。また、読み放題だけでなく、音声のラジオ番組なども追加していく予定があり、読み放題、聞き放題の「ファイトクラブ」となります。ぜひ、従来からの週刊ファイト定期購読して下さっている読者様含めて、会員ご登録下さい。

週刊ファイトとは?
「週刊ファイト!ミルホンネット」は2006年夏、新大阪新聞社発行の「週刊ファイト」廃刊の報を受けて、”本邦初!”の作家/編集者主導による「武道プロレス格闘技」専門の電子書籍ダウンロード販売サービスとして始動しました。開始当時は2006年9月まで「週刊ファイト」が発売されていたこともあり、ライターは旧週刊ファイトを継承する陣容ですが、ショップ名として見る本=「ミルホンネット」を通称に使用、10周年の2016年より、新大阪新聞社・榎本康人元社長の許可を得て「週刊ファイト」に戻しています。週刊ジャーナルの発行のみならず、当サイト限定販売を含む貴重なルポや資料、単行本相当の作品をダウンロードして自由に閲覧でき、グッズ類の販売にも対応しています。

※初回投稿は 2016-12-28 13:31 ですが、しばらくトップにするため随時、このエントリーの時間表示は変えます。