始動WRESTLE-1特集 仲田龍ガチドラ変貌? AWA王者ヒューストン秘話 やれんのか’07+平和の祭典’96再検証~マット界舞台裏9月19日号

130913wb012-460.jpg
マット界舞台裏9月19日号W1始動仲田龍変貌AWA王者テキサスやれのか07平和の祭典LA
 遂にベールを脱いだ武藤敬司の新団体『WRESTLE-1旗揚げ戦』を大特集。決定的瞬間を捉えたド迫力グラビアでの試合レポートは、これだけで38ページの特大仕様であり、他媒体との差異を比較して欲しい。舞台裏情報もタダシ☆タナカ記者が、作る側の視点でぶった切る!
 今年の前半は全日本プロレスのオーナーである白石伸生氏の言動がプロレスの仕組みに踏みこんでいた為、大きな話題になり、プロレス専門誌の報道も白石一色になっていた。その為、逆に、こうしたプロレスの仕組みが表に出る事を何よりも憎み、選手、マスコミ、ファンに高圧的な圧力をかけ続けたプロレスリング・ノアのガチドラこと仲田龍氏の影もすっかり薄くなっていた。
 暴力団関係者との交際で平社員に降格されているのだが、その結果、以前とはがらりと変わったと言われているが、その真相とは? プロレスリング・ノアで何が起きているのだろうか? この記事を読めば全てわかるだろう。
130913wb012nick.jpg
プロモーター=ポール・ボーシュのヒューストンでジャンクヤード・ドックとの抗争がドル箱に
 今週号の目玉のひとつは、注目連載である井上譲二記者による一味違う『スーパー外国人列伝』だ。先週号で大反響を呼んだニック・ボックウィンクルの第二弾になる。不動のAWA世界ヘビー級王者であったニックだが、実際は40歳を過ぎてからの遅咲きの王者であった。
 まさに世界王者としての風格を兼ね備えた王者であったニックに、こうしたデリケートな質問をぶつけた井上譲二記者だが、それに対する答えとは? こうした超一流選手と実際に話が出来た井上譲二記者の秘話が冴えわたっている。更に、ニックが語った王者の苦悩とは? まさに選ばれし者だけが味わう栄光と苦悩、その全てを紐解く内容に驚愕して欲しい。
 また、今週号はいっせい記者よりコラムが入稿。『やれんのか!2007』の秋山成勲vs三崎和雄から理想のプロレスとは何かを熱く語っている。
130913yarennoka.jpg
1.14dairengo.jpg
ターザン山本!&一揆塾 桜庭vs秋山戦でわかった格闘技界の惨状~マスコミの犯罪行為
タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会 清原・秋山「コリアン札」を切ったK-1が待ち受ける試練
タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会 PRIDE“復活”が招く業界崩壊~やれんのか!開催 7つの大罪~
『やれんのか!大連立』
08.2.7yarennoka.jpg
 本紙の目玉連載である寺内1/2兵衞は遂に新展開!WWF(現WWE)とWCW、EMLL(現CMLL)とAAAというライバル団体の所属選手を集めるという壮大なスケールの大会『プロレス平和の祭典 1996』の取材の為に渡米した旅行記がスタートしたのだった。いったいどんなエピソードが飛び出すか?関係者もマニアも必見だ。
130913wb012terauti.jpg
(上)藤原組長、グレート・サスケと一緒に
(下)メキシコではレジェンドであるラ・パルカと寺内1/2兵衞記者
この様にプロレス界の国内外に多くの交流をもつ寺内1/2兵衞記者こそミルホンネットの顔だ!
マット界舞台裏9月19日号W1始動仲田龍変貌AWA王者テキサスやれのか07平和の祭典LA
130913wb012W1-460.jpg
マット界舞台裏9月19日号W1始動仲田龍変貌AWA王者テキサスやれのか07平和の祭典LA
130913wb012w1.jpg
武藤敬司の新団体W-1も豊富な写真で大特集している。
マット界舞台裏9月19日号W1始動仲田龍変貌AWA王者テキサスやれのか07平和の祭典LA