TNAタッグ王者スコット・ホールまたも酒で暴れて逮捕

 悲しいニュースが飛び込んできた。スコット・ホールが現地時間5月14日1時43分、フロリダ州ChuluotaにあるHitching Post Barのバーテンダーの通報により駆け付けた警官により逮捕された。
 大酒を食らい、目は充血していたという。バーテンダーが「もう帰ってくれ」と諭したのに聞き入れず、罵りだしたための通報だった。また、警官に従おうとしなかったため、逮捕に踏み切ったと、オーランド・センチナル紙が伝えている。あまりに大柄のため、2つの手錠が使われたのだそうだ。
スコット・ホールのアルコール依存症は有名で、今までにもリング内外で多く問題を
起こしてきている。
一説には、離婚による、子供の親権が母親に移った寂しさから、酒に溺れてしまった
と言われており、一時期は、親友のケビン・ナッシュやトリプルHの力添えでアル
コール依存症のリハビリ施設に入院もしていたが、現在も完治には程遠い状態だ。
試合のすっぽかしは元より、こうした酒による喧嘩や飲酒運転などで何度も逮捕され
ているが、プロレスラーとしてのカリスマ性、その存在感には凄いものがあり、また
ケビン・ナッシュの力もあって、何度も復活を遂げている。
100522HallNash-1.jpg
100522HallNash-2.jpg
100522HallNash-3.jpg
100522HallNash-4.jpg
5月13日の『TNA iMPACT!』ではサモア・ジョーに急襲され、失神しているタッグ王者マット・モーガンを見ると現れたナッシュとホール。
以前、ナッシュが入手した『タッグタイトル挑戦契約書』を使用し、ナッシュ&ホールはまんまとタッグ王者になった。
週刊マット界舞台裏’09年12月31日号~海外情報局vol.18 Strikeforce Evolution&WEC 45結果 更生スコット・ホールTNAと再契約
別冊ミルホンネット アメプロの底力 HBK壮絶なる最期 ハート家の清算~スコット・ホールの軌跡
週刊マット界舞台裏’10年5月27日号~海外情報局vol.38『TNA PPV Sacrifice』ナッシュ&ホール タッグ王者に エリック・ヤング弟子入り