砂辺光久が初代フライ級キング・オブ・パンクラシストに 北岡、川村らism勢の連勝にディファ有明超満員

 ディファ有明が超満員に! 『北岡悟凱旋興業』の模様は、近日発売の別冊ミルホンネットにて詳細いたします。
09.6.7pan1374.jpg
囲み会見では「一個ノイズを返そうと思ってショートスパッツにした」。そして明らかにに足関節を狙っていたのだ。「シャオリン戦には青木はロングスパッツのまま」と、余計なことまで饒舌にしゃべった北岡悟。
09.6.7pan1419.jpg
「ディファ有明初めて。ここでパンクラスがこれだけ入ったのを見たのも初めて」。「初めて仕事をした気がした」、「チャンピオンになる前までは仕事じゃなかった」
09.6.7pan-sunabe1.jpg
尾崎魔弓から「OZグッズ使ってないじゃないかと怒れた」と、試合後の囲み会見で会場に来ていたプロレスの師匠のことを話したが、入場のジャージーにはちゃんとOZアカデミーのロゴ入り。ちなみに鈴木みのるの許可を得たのは中村あゆみが尾崎豊をカバーした曲だった。バスターで叩きつけてから、試合の主導権を砂辺が握った(右)
09.6.7pan-sunabe2.jpg
泣け! 泣け! 泣け! 「16年格闘技やってきてよかった」
09.6.7pan-sunabe3.jpg
実況席の前田吉朗が祝福「やってきた相手のレベルが違う。新人王クラスには負けない」
■ 北岡悟凱旋興行『PANCRASE 2009 CHANGING TOUR』
日付: 6月7日(日)入場15:00 / 開始17:00 
会場: 東京・ディファ有明
【対戦結果】
<メインイベント ライト級戦5分3R>
●坂口征夫(TEAM坂口道場/2位)
1R 1分26秒アキレス腱固め
○北岡 悟(パンクラスism/戦極初代ライト級王者)
<初代フライ級キング・オブ・パンクラス決定戦 5分3R>
○砂辺光久(フリー/1位)
1R 4分35秒KO
●江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/2位)
砂辺光久対江泉卓哉の初代フライ級王座決定戦
<第9試合 日韓対抗戦3対3 ライト級5分2R>
○大石幸史(パンクラスism)
2R判定 2-0(20-19、20-20、20-19)
●キム・ヒュンクワン(韓国/パンクラスコリアTeam Tackle)
<第8試合 日韓対抗戦3対3 ミドル級5分3R>
○佐藤豪則(Laughter7)
1R 4分26秒腕ひしぎ十字固め
●キム・フン(韓国/パンクラスコリアTeam Tackle)
09.6.7pan1020.jpg
場内にDeep Purpleの『Come Taste The Band』からディヴット・カヴァデールが熱唱する♪Comin’Homeが流れる
<第7試合 日韓対抗戦3対3 ヘビー級5分2R>
○チェ・ムベ(韓国/Team Tackle)
2R判定 3-0(20-18、20-19、20-19)
●藤井勝久(フリー)
追加カード発表 チェ・ムベ対藤井勝久など
<第6試合 バンタム級5分2ラウンド>
○川原誠也(パンクラスP’sLAB横浜)
2R判定 3-0
●曹 竜也(闘心)
<第5試合 ミドル級5分3R>
○KEI山宮(GRABAKA)
1R 1分01秒KO
●大堀竜二(TRIAL)
パンクラス6・7ディファ有明大会、KEI山宮対大堀竜二など全カード決定!
09.6.7panKEI.jpg
愚零闘KEI参上! 「川村とは何度やってもいいが、とりあえずはミドル級王座を狙う」
<第4試合 フライ級5分2R>
○廣瀬 勲(ストライプル)
2R判定 3-0(20-18、20-19、20-19)
●中村圭志(TEAM坂口道場)
09.6.7pan607.jpg
<第3試合 フェザー級5分2R>
赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)
2R判定 2-0(20-19、20-20、20-19)
● 村田 卓実(和術慧舟會A-3)
赤井太志朗の対戦相手は村田卓実に変更
<第2試合 ウェルター級5分2R>
△窪田幸生(TEAM坂口道場)
2R判定ドロー(20-20、19-19、20-20)
△鈴木槙吾(ALLIANCE)
<第1試合 ライトヘビー級5分3R>
○川村 亮(パンクラスism)
3R判定 3-0
●内藤征弥(和術慧舟會A-3)