トゥントゥン・ミン無念の敗退!初参戦・高橋奈七永KO勝利!『第3回 AIR KBZ ラウェイファイト』

    トゥントゥン・ミンに勝利したデーブ・レダックとKO勝利のMOMOKO(高橋奈七永)

 ミャンマーラウェイトップ選手がミャンマー・ヤンゴンのテンピュースタジアムで集い、3週連続開催となるビッグマッチの最終第3週め『第3回 AIR KBZ ゴールデンフラッグ・ラウェイファイト』。メインファイトにはラウェイ無差別級王者・トゥントゥン・ミンが10.9『G.T.G ラウェイ・チャレンジファイト』で引分けたカナダのデーブ・レダックと再戦。試合は3R蹴り脚を捻り痛めたトゥントゥン・ミンが2分のレストタイムをとったが足元がおぼつかず、試合再開するもすぐに倒れてしまいKO敗け。デーブ・レダックがラウェイ現役王者に勝利した。
 セミファイナルの豪腕ラウェイ67㎏王者ピャン・トゥェはイランのテコンドーをベースとするヌクリア・ハーディに苦戦し出血しながらも5R闘い抜き引分。
 また女子ラウェイ戦としてシューシン・ミンと今回の試合の為64㎏以下まで減量した日本の女子プロレスラー高橋奈七永(※ミャンマーでのプロレスリングネームMOMOKO)の一戦は、体格に勝る高橋がシューシン・ミンを圧しきり3RKOで初の日本人女子ラウェイマッチ参戦にして初勝利をあげた。

詳細版は週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キックに収録されました。

■ 『第3回 AIR KBZ ゴールデンフラッグ・ラウェイファイト』
日時 2016年12月11日 14:00開始※日本16:30
会場 ヤンゴン・テンピュースタジアム

最終試合
<緬日女子対抗戦 64㎏契約 2分4R>
●シューシン・ミン(ミャンマー/17歳)
 3RKO1分48秒
高橋奈七永(日本/女子プロレス:シードリング/37歳)
※ミャンマーでのプロレスリングネームMOMOKO
1211momoko1写真提供&KOタイム:FOS1211momoko2

試合動画

<緬加対抗戦 3分5R>
●トゥントゥン・ミン(ミャンマー/ラウェイ無差別級王者、ラウェイ80kg級世界王者)
 3RKO
○デーブ・レダック(カナダ/24歳/80㎏/182㎝/カナダ75㎏ムエタイチャンピオン)
1211ttmlost11mlost2

試合動画

<緬伊対抗戦 3分5R>
△ピャン・トゥェ(ミャンマー/ゴールドベルト2015年71㎏王者、ラウェイ67kg級世界王者)
 引分
△ヌクリア・ハーディ(イラン)
1211phyanthwei iran

<ラウェイ 3分5R>
●ボーソー・アウン(ミャンマー/赤)
 4RKO
○トゥン・ナイン・ウー(ミャンマー/青)

<ラウェイ 3分5R>
○テット・アウン・ウー(ミャンマー)
 2RKO
●シュー・ヤーマン(ミャンマー)

<ラウェイ 3分5R>
●スワンテット・ナイン(ミャンマー/167㎝ 16歳/ゴールドベルト2016年51㎏王者)
 3RKO
○ダウンピュー・レイ(ミャンマー)

<ラウェイ 3分5R>
○チャイ・トゥー(ミャンマー/青)
 4RKO
●ソー・ゼーウー(ミャンマー/白)

<ラウェイ 3分4R>
△ヤー・ザー(ミャンマー赤/18歳)
 引分
△セイン・ロンチョ―(ミャンマー青)

▼紅闘志也現地特派員レフェリー・デビュー戦~KO決着続出!8・21第一回ラウェイワールドチャンピオンシップ
wf049Chirashi-718週刊ファイト9月1日号UFC配信DAZN五輪Tファンク夏WWE長瀬館長ミャンマー紅闘志也
wf050Chirashi-718週刊ファイト9月8日号Cゲレロ紅闘志也ミャンマー中国遠征DeepJewels超人イリエマン
wf056Chirashi-718週刊ファイト10月20日号虎W飯伏飛翔新間新日昭和全日両国ミスター高橋藤波ラウェイ
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック