記憶喪失マット・ハーディが復活王座防衛!TNAインパクト

(C)TNA

 12月1日(現地時間・放送日)に放送された『Impact Wrestling』は、番組冒頭で現TNAインパクトグランド王者であるアーロン・レックス(ダミアン・サンドウ)が誰の挑戦でも受けるとオープンチャレンジを行った。すると表れたのはなんと怪物ムースだった。ムースの挑戦を受けるハメになったレックスだが、力の差は歴然。クローズライン一発でムースがフォール勝ちしてしまったのだった。ROHから鳴り物入りでTNA入りしたムースだが、遂にシングル王座を戴冠となった。
 更に覆面集団DCC(ジェームス・ストーム、ブラム、エディ・キングストン)と対立しているジェフ・ハーディ。今回も一人で挑発に乗り込んできて、DCCの3人に袋叩きにされたところ、なんと会場が暗転。明かりがつくと、そこにはマット・ハーディが立っていたのだ。マットはDCCに襲われ記憶喪失になっていたのだが、2016年11月24日放送回で遂に記憶を取り戻していた。そのマットが復活し、DCCを蹴散らす。そしてDCCがアピールしていた王座戦を受けたのだった。試合はマット復活でハーディーズが大暴れ。マットに狂気が戻り、DCCの3人に噛みつきなどみせ、最後はツイスト・オブ・フェイトで勝利。ブロークン・マット・ハーディが完全復活となった。
 そしてメインではノックアウツ王座決定金網マッチが行われ、ローズマリーがジェドを下して新王者になり、番組中に新王者が2人も誕生した。

■ TNA Impact Wrestling 
日時:2016年12月01日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・フロリダ州オーランド

<ノックアウツ王座決定スティールマッチ>
○ローズマリー
 ピンフォール
●ジェド
※ローズマリーが新王者

<TNA世界タッグ王座タイトルマッチ>
○ザ・ハーディーズ(王者)
 ピンフォール
●DCC(挑戦者)

<Xディビジョン王座タイトル3WAYマッチ>
○DZJ(王者)
 ピンフォール
●ブラントン・サッター(挑戦者)
マンドリュース(挑戦者)

<TNAインパクトグランド王座タイトルマッチ>
○ムース(挑戦者)
 ピンフォール
●アーロン・レックス(王者)

週刊ファイト12月15日号ノア鈴木軍猪木初代タイガーKNOCK OUTマサ斉藤NXT大阪プ映画

【TNA危機情報はマット界舞台裏の巻頭記事が詳しいです】

マット界舞台裏7月2日号W-1船木TNA-GFWジャレット排泄選手列伝FMW高山善廣WING茨城清志
憶測広がるジェフ・ジャレットTNA登場と船木誠勝WRESTLE-1退団
現地時間水曜6月24日夜に放送された『Impact Wrestling』で信じられない事件が起こった。創設者ながらクビにされていた現・新団体GFWの旗揚げツアーに奔走中のジェフ・ジャレットとカレン(元カート・アングル妻)が、犬猿の関係であるTNA番組に復帰、ライバル団体となるGFWの宣伝までしたのだから驚かない方がウソになる。AJスタイルズが断った都合「TNA殿堂入りのため」は資格があるが、どうやら一回限りでなく”ダブルJ”の復帰は続く模様。久しぶりのPPV大会となる6・29『スラミバーサリー』に出陣するのみならず、7・24GFWのラスベガスTV収録大会にはTNAからマグナスが参戦する。
 存続危機にあるTNAを、GFWが買収する噂までも飛び出すが、ダブルJの後ろにはカントリー歌手の大物トビー・キースの財力があるだけに、TNAの行方と併せてなにがどう転ぶのか。

週刊ファイト3月10日号TNA崩壊WWE新日ノア堀辺正史FMW解散回避15周年Deep辰吉丈一郎
▼新日から女子プロ WWEレッスルマニアからTNA完全崩壊まで
 現在のわが国のマット界は、本当に読者が知りたい情報が無料のネットや立ち読み出来る雑誌類にはない問題があり、ひいてはそれが、本当の意味での市民権の拡大だの、世間一般への浸透普及を阻んでいる元凶であること。今号は他媒体では無理なインサイド情報の百花繚乱集でお届けする。

週刊ファイト4月28日号RIZIN遠征TNA陥落UFC引退騒動王道旗揚谷川貞治チャイナ江幡睦
▼RIZIN前進 UFCコナー・マクレガー騒動 TNA陥落 チャイナ訃報
 新企画:タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
 震災のため新日本プロレスの熊本PPV大会が飛んだが、英国のウィル・オスプレイと年間契約した件はオモテに出てないようだ。他では拾えない裏ネタ満載の本誌が業界関係者には必読とされる所以だが、普通に考えるならこの一週間の話題はUFCコナー・マクレガー引退騒動と『RIZIN.1』があり、月曜生TV戦争時代に全米で覚えられた男と戦うチャイナが亡くなったことだろうか。曙の『王道』プロモーション旗揚げ戦は、客入り含めて余り話題にならなかったが、TNAがいよいよ崩壊カウントダウンの報もまた、本誌でしかフォローされてないのは残念だ。さて・・・