ロマン・レインズが王座防衛もリマッチ決定!『WWE PPV ペイバック2016』

※現地から写真が到着次第、追加されます。

 5月1日(現地時間)にイリノイ州シカゴで『WWE PPV ペイバック2016』が開催された。
 今大会のメインはWWE世界ヘビー級王座戦で、王者ロマン・レインズにAJスタイルズが挑戦した。シカゴというコアな観客が集まる都市で行なわれただけあって、レインズには激しいブーイング、そしてAJスタイルズには大歓声だった。試合は激しい攻防が繰り広げられたが、場外でレインズが立ち上がれず、リングアウトでAJスタイルズの勝利となった。しかし、リングアウトでは王座移動はしないルールだったので、会場からは激しいブーイング。そこにシェイン・マクマホンが現れて、この試合にリングアウトはなしにすると再試合を決定。再び戦う両者だったが、今度はレインズの攻撃がAJスタイルズの急所に当たり、レインズの反則負け。これまた反則では王座が移動しないので激しいブーイング。すると今度はステファニー・マクマホンが登場し、この試合に反則決着はなしにするとして、試合続行を決定したのだった。三度戦う事になった両雄だが、ここにAJスタイルズを応援するカール・アンダーソン、ルーク・ギャローズ、レインズを応援するザ・ウーソズが試合に乱入し、大混乱となる。その中で、レインズは一瞬の隙をついてAJスタイルズにスピアーをさく裂させ見事にフォール勝ち。レインズが王座防衛となった。しかし、試合後、ビンス・マクマホンは、いい試合だったので、リマッチさせようと決定し、おそらく次回PPV大会「エクストリーム・ルールズ2016」で再試合が行なわれそうだ。

 そのビンス・マクマホンは、今大会でシェインとステファニー、どちらがロウ大会を仕切るのか決定する事になっていたが、2人の激しいアピール合戦を見て、もう少し2人に競わせるのも面白そうだと保留。暫くは2人で仕切る事になり結論は持ち越しとなった。

 またディーバ王座戦はリック・フレアーとブレット・ハートの代理戦争となり、シャーロットがおきて破りのシャープシューターで勝利に王座王座防衛。しかし、ナタリアはタップしておらず、遺恨が残った。

■ WWE PPV ペイバック2016
日時:2016年5月1日(現地時間)
場所:アメリカ・イリノイ州シカゴ

<WWE世界ヘビー級王座タイトルマッチ>
○ロマン・レインズ(王者)
 ピンフォール
●AJスタイルズ(挑戦者)

<WWE女子王座タイトルマッチ>
○シャーロット(王者)
 シャープシューター
●ナタリア(挑戦者)
160501PAY_cm_1618


<シングルマッチ>
○ディーン・アンブローズ
 ピンフォール
●クリス・ジェリコ
160501PAY_dg_1841


<IC王座タイトルマッチ>
○ザ・ミズ(王者)
 ピンフォール
●セザーロ(挑戦者)
160501PAY_cm_1059


<シングルマッチ>
○ケビン・オーエンズ
 ピンフォール
●サミ・ゼイン
160501PAY_dg_0934


<タッグ王座次期挑戦者決定トーナメント決勝>
-エンツォ・アモーレ&コリン・キャサディ
 ノーコンテンスト
-ボードビリアンズ

<US王座タイトルマッチ>
○カリスト(王者)
 ピンフォール
●ライバック(挑戦者)

<シングルマッチ>
○ドルフ・ジグラー
 ピンフォール
●バロン・コービン

電子書籍『週刊ファイト!マット界舞台裏』の楽しみ方

THE_WEEKLY_FIGHT週刊ファイト!マット界舞台裏/単独名義作品/Tシャツなど新商品のご購入は、こちらより
クリックして最新刊/新商品順の販売ページへ移動する

【国際情勢詳報ダントツNo.1!海外情報局】
週刊ファイト2月25日号ミャンマーラウェイWWEアンブローズTNAイーサンCMLLマキシモ
週刊ファイト3月3日号UFCマクレガー見所ラウェイWWEシェイン復帰クンルンファイト
週刊ファイト3月10日号WWEフリーバーズTNAアングルUFCビスピンGloryマーカス
週刊ファイト3月17日号WLF武林風ラウェイWWEビッグ・ボスマンUFCディアス
週刊ファイト3月24日号WWEマクマホン親子喧嘩じゃクリーンTNAハーディWSOF
週刊ファイト3月31日号YOKKAOクンルンWWEハンセンCMLLタイファイトUFC
週刊ファイト4月7日号クンルンWWEスヌープ・ドックCMLLシベルTNAギャロウェイ
週刊ファイト4月14日号WWEレッスルマニアTNAラシュリーCMLルーシュMAXムエタイ
週刊ファイト4月21日号WWEアンダーソンUFCサントスKunlunFightシルクロード
週刊ファイト4月28日号チャイナ追悼UFCマクレガーWWE英国