バンタム級4位のコーリー・サンドヘイゲンがソン・ヤドンにTKO勝利!UFCファイトナイト・ラスベガス60

(C)UFC

 『UFC ファイトナイト:サンドヘイゲンvsソン』が9月18日(日)ラスベガスのUFC APEXで開催され、信じられないパフォーマンスや感動の勝利などアクション満載のイベントとなった。

メインイベント
バンタム級トップランカー同士の対決となった同級4位コーリー・サンドヘイゲンと10位ソン・ヤドンの一戦は、1ラウンドからハイレベルなテクニックと戦略の応酬となった。2R、サンドヘイゲンはヒジでソンの眉間をカットすると、4ラウンドまで工夫を凝らした攻めで、最終ラウンドが始まる前にドクターストップによるTKOを奪った。

勝者のサンドヘイゲンのコメント:
「ソンはいい選手だ、あんな終わり方は嫌だね。彼は5ラウンド闘うに値した。勝って満足している。彼のパワーを奪いたかった。テイクダウンを奪うことが目的ではなく、僅かな時間で勝つことが目的だった。MMAではそうやって勝つんだ。”スポーツ “の部分でも勝負している」

セミメインイベント
ミドル級のKOアーティスト、チディ・エンジョクアニとグレゴリー・ホドリゲスの両者の一戦は、1ラウンドから強打とノックダウンで盛り上がりを見せた。2ラウンド、ホドリゲスは相手にダメージを与えた後にグラウンドで攻め続け、最後はパウンドで勝利した。

勝者のホドリゲスのコメント:
「自分はこのために生まれてきたんだ。自分はロボコップでチディは戦士だ。このケージで偉大なファイターと戦えることに感謝している。ここは自分の家だ、ここにいるために来たんだ!」

■ UFCファイトナイト・ラスベガス60:サンドヘイゲン vs. ソン
日時:現地時間2022年9月17日(土)、日本時間18日(日)
会場:アメリカ・ネバダ州ラスベガス /UFC APEX

【メインイベント】
<バンタム級>
○コーリー・サンドヘイゲン(米国)
 4R 5分00秒 TKO
●ソン・ヤードン(中国)

【セミメインイベント】
<ミドル級>
○グレゴリー・ホドリゲス(ブラジル)
 2R 1分27秒 TKO
●チディ・エンジョクアニ(米国)

【メインカード】
<フェザー級>
○アンドレ・フィリ(米国)
 判定 2-1
●ビル・アルジオ(米国)

<ミドル級>
○ジョー・パイファー(米国)
 1R 3分55秒 KO
●アレン・アメドフスキー(マケドニア)

<ヘビー級>
●ホドリゴ・ナシメント・フェレイラ(ブラジル)
 判定 2-1
○タナー・ボーザー(カナダ)

<ミドル級>
○アンソニー・ヘルナンデス(米国)
 3R 1分53秒 肩固め
●マルク・アンドレ・バリオー(カナダ)