全日本後楽園・アブ小惜敗も宮原とダブルトレンド入り歓喜 ネクスト期待の声多し


(写真提供・マンジロウ)
 大日本から全日本に殴り込みをかけてきた、アブドーラ小林の三冠王座初挑戦は失敗に終わった。
 だが激闘後、SNSでもフォローを外せと毛嫌いしていた挑戦者を宮原は、「お前、なかなか良いレスラーじゃねえか」と、アブ小を認める発言。
 小林も「全日本プロレスのエースとしては爪痕残したでしょ?暫定王者として。」
と、悔しがりつつも成果を感じている様子のコメントを残した。
 また試合後自らのSNSで、 #宮原健斗 #アブ小プロ ダブルトレンド入りした喜びを伝えている。

 試合は、小林がいつもは成功確率の少ないバカチンガードロップを宮原に見舞ってペースを掴み、さらにはスタン・ハンセンばりの体重をしっかり乗せたウエスタン・ラリアットで畳みかけていくが、いま乗りに乗っている宮原を仕留め切ること叶わず最後は2段式ジャーマン2発で完敗。

 三冠の夢砕け散った小林だったが、セコンドについていた「トモダチ」田村から新たなる挑戦の誘いが。
「アジアタッグいってみない?」
 これを受けて小林も
「俺結構野放しだから大日本関連は大丈夫」とノリノリ。
 どうやら小林の全日本プロレス参戦ロードは続投、第2賞突入となるようだ。


 宮原、ここへきてだいぶ体を絞ってきたか?
 チャンピオンのベルトが似合うレスラーになった。
■ 全日本プロレス 
日時:2022年2月23日(水)
会場:東京都・後楽園ホール(観衆794人・主催者発表)

<第0試合  シングルマッチ ※11:15試合開始>
〇本田竜輝
 4分00秒 ラリアット⇒片エビ固め
●井上凌

<第1試合  タッグマッチ>
〇田村男児
土方隆司
 6分49秒 ダンロック
加藤拓歩
●吉田和正

<第2試合  6人タッグマッチ>
〇石川修司
大森隆男
ブラックめんそーれ
 9分02秒 ファイヤーサンダー⇒片エビ固め
青柳優馬
青柳亮生
●ライジングHAYATO

<第3試合  6人タッグマッチ>
●ヨシタツ
イザナギ
デビル紫
 8分22秒 横入り式エビ固め
〇KAZMA SAKAMOTO
植木嵩行
立花誠吾

<第4試合  GAORA TVチャンピオンシップ>
【第20代王者】
◯入江茂弘
 10分22秒 フライングヘッドバット⇒片エビ固め
【挑戦者】
●木髙イサミ
※入江茂弘が2度目の防衛に成功

<第5試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合>
【第60代王者】
●SUGI
 9分51秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
【挑戦者】
◯佐藤光留
※SUGIが3度目の防衛に失敗、佐藤光留が第61代王者となる

<第6試合  世界タッグ選手権試合>
【第89代王者組】
諏訪魔
〇芦野祥太郎
 18分26秒 Tボーンスープレックス⇒片エビ固め
【挑戦者組】
●土肥こうじ
羆嵐
※諏訪魔&芦野祥太郎が3度目の防衛に成功

<第7試合  メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合>
【第65代王者】
〇宮原健斗
 16分06秒 ジャーマンスープレックスホールド
【挑戦者】
●アブドーラ・小林

’22年03月03日号札幌NJ連戦 サウジPPV 堺GoldRush 静岡RIZIN 全日アブ小 ノア藤田