ムースがエディ・エドワーズに勝利!Impact Wrestling

(C)TNA

 9月9日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今大会のメインでは、ムースとエディ・エドワーズがシングルマッチを行った。エディ・エドワーズに対し、ヒーローになりたがっていい格好をしていると批判をはじめた怪物ムースは、同じ怪物でありエドワーズと抗争しているW・モリッシーと手を組み、エドワーズと一騎討ちとなったのだった。だがムースのセコンドにはモリッシーが付き、エドワーズが苦戦を強いられる。ムースは圧倒的パワーでエドワーズを翻弄、更にモリッシーも試合に介入してエドワーズにビッグブーツ。エドワーズもムースに反撃するがモリッシーが邪魔を繰り返し、怒ったエドワーズは遂に場外のモリッシーにダイブ。しかし、それで隙が出来て、最後はムースがスピアーでフォール勝ちした。試合後、二人がかりでエドワーズを攻撃するムースとモリッシーだがそこにクリス・セイビンが救出に入る。それを皮切りにインパクト・レスリングのヒールとベビーフェイスが次々にリングに乱入し、収集がつかなくなった。遂には現インパクト世界王者のクリスチャン・ケイジもリングに上がり乱入していたエース・オースチンを排除してマッドマン・フルトンにキルスイッチを決めたのだった。更に会場が暗転するとサミ・キャラハンまで登場し、ベビーフェイスのエドワーズに加勢。ムースらヒールを蹴散らすと、クリスチャン、エドワーズとキャラハンがまさかの合体となり、インパクト・レスリングのマットはベビー・フェイスとヒールの全面対抗戦となりそうだ。
 また、ザ・グッド・ブラザーズとリッチ・スワン、ウィリー・マックの黒人コンビにも抗争が勃発。乱入を繰り返すザ・グッド・ブラザーズに怒り心頭のスワンは遂に“マシンガン”カール・アンダーソンとシングルマッチを行う事となった。だが、試合には当然、アンダーソンの盟友ドグ・ギャローズが介入し、最後はアンダーソンがスワンをテーブルへ向けてガンスタンを決め、アンダーソンが勝利。この抗争もまだまだ続きそうだ。
 そして、バレットクラブ入りしたクリス・ベイが、抗争中のデビッド・フィンレーと対戦。いつも通りロープを使ってフォールする反則をしようとしたベイだが、今回はフィンレーの盟友ジュース・ロビンソンが現れて阻止。その隙にフィンレーが丸めこんでフォール勝ちした。

■ Impact Wrestling
日時:2021年9月9日(現地時間・放送日)
会場:アメリカ合衆国会場非公開

<シングルマッチ>
○ムース
 ピンフォール
●エディ・エドワーズ

<シングルマッチ>
○スティーブ・マクリーン
 ピンフォール
●ピーティー・ウィリアムズ

<シングルマッチ>
○デビッド・フィンレー
 ピンフォール
●クリス・ベイ

<シングルマッチ>
○カール・アンダーソン
 ピンフォール
●リッチ・スワン

<シングルマッチ>
○ローズマリー
 ピンフォール
●ターシャ・スティールズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ISPWリキシSgt.スローター顔見世ヌンジオJストーンHLモーガン元気

[ファイトクラブ]ISPWリキシSgt.スローター顔見世ヌンジオJストーンHLモーガン元気

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’21年09年23日号米現地取材3大会ISPW,WWE-MSG,AEW鈴木軍 スターダム都内集中 ノアN1