RIZIN.28全試合順決定!メインは朝倉未来vs.クレベル・コイケ、セミは那須川天心vs.3人

 2021年6月13日(日)東京ドームで開催される「Yogibo presents RIZIN.28」の試合順が8日(火)発表された。

 メインイベント(第10試合)は、朝倉未来(トライフォース赤坂)vs.クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)、セミファイナル(第9試合)は那須川天心(TARGET/Cygames)vs.3人スペシャルマッチ、休憩前の第8試合はRIZINライト級タイトルマッチのトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)vs. ホベルト・サトシ・ソウザ(日本/ボンサイ柔術)に決定した。

 注目された那須川天心の対戦相手は1人目が大崎孔稀(OISHI GYM)、2人目がHIROYA(TRY HARD GYM)、3人目が「ミスターX」に決まり、ミスターXは当日発表となる。ルールは準ボクシングルールとなり、ボクシングでは反則のバックブロー、スーパーマンパンチも認められる。

那須川天心 Tenshin Nasukawa
1998年8月18日生/165cm/62.0kg/千葉県出身/TARGET/ Cygames所属
 14年7月にプロデビューを果たすと、15年5月にプロ6戦目・史上最年少16歳でRISEバンタム級のベルトを奪取。これまでに数々の国内外の強豪と対戦すると、恐るべきタイミングで放つカウンターや、多彩かつ破壊力のある蹴り技などのオフェンス力を併せ持ち、「まるで漫画のよう」と評される信じられないKO劇を披露してきた。
 さらに敗北はおろかダウンを奪われたことのない超絶ディフェンス力を持っている。16年にはMMAデビューし、18年RIZIN.13での堀口恭司とのキックルールでの「世紀の一戦」を経て、同年の大晦日にはスーパーエキシビジョンマッチで日本人で初めてフロイド・メイウェザーと対戦。19年大晦日の江幡塁戦では1Rに3ノックダウンを奪い日本人頂上決戦を制し、9月のRIZIN.24では元K-1ファイター・皇治相手に圧勝し、その大晦日はロッタンにも勝利したことがあるムエタイ戦士クマンドーイ・ペットジャルーンウィットにも圧倒的な強さをみせつけた。
 今年2月のRISEでは志朗と再戦し、心理戦から試合を支配しフルマークの判定勝ちを収めた。今大会対戦相手が見つからず、自ら誰もやったことのない1対3の変則マッチを提案し、今回の対戦が決定した。3人相手に完全KO勝利を収め神童の強さを改めて証明する。

大﨑孔稀 Koki Osaki
1999年10月5日生/165cm/62.0kg/愛知県出身/OISHI GYM所属
 “ワンダーボーイ”大﨑一貴を兄に持つ“デンジャラスボーイ”が大﨑孔稀だ。アマチュア時代よりその才 能やテクニックは兄以上か、と関係者の間で一目置かれていた。現在までに30戦24勝5敗1NCの戦績を 残し、一撃必到の破壊力を武器にBOMバンタム級、WMCスーパーフライ級、J-NETWORKスーパーフラ イ級の3つのタイトルを獲得。現在はRISEを主戦場としており、その攻撃力だけでなく、高いディフェンス 力で4連勝中と勢いにのる。無敗の天心に真っ向勝負を挑み下克上を果たしたい。

HIROYA
1992年1月6日生/167cm/75.0kg/神奈川県出身/TRY HARD所属
 3歳から空手を学び小学校4年生の時にキックボクシングを始めると、わずが15歳の若さでK-1デビュー を果たす。目標とした魔裟斗からもその実力に太鼓判を押されるなど、高校生で才能を開花させた。07 年の第一回K-1甲子園では、決勝で惜しくも準優勝。しかし翌年は、悲願の優勝を飾る。以降は、同世代 のライバルたちと鎬を削り、K-1 MAXの中心人物として活躍。14年1月からはKrushの65kg級トーナメント に参戦し、西川康平、NOMAN、TaCaを三連続KOで優勝。同年11月にはK-1の65kg級トーナメントに参戦 すると1回戦でマイケル・“トマホーク”・トンプソンに判定勝利を収めた。15年大晦日のRIZIN旗揚げ戦で 西浦“ウィッキー”聡生と対戦すると、華麗なKO劇を披露した。その後もK-1、中国のローカル団体で活 躍。18年6月からはRISEに参戦し、髙谷裕之、内村洋二郎をマットに沈め2連勝を飾る。19年10月には同 門の松倉信太郎のドクターストップによる欠場を受け、急遽参戦と決意しリング上でもその漢気を見せ た。約1年振りの昨年大晦日にはMMAにも挑戦し、シバターとMIXルールで対戦。試合後の映像で腕十 字の形に入った際に無意識にタップをしていたことが試合後に判明し一本負けとなった。しかし、その新 しいことにチャレンジする姿は観客を魅了し、会場を大いに沸かせた。そして再び格闘技を盛り上げる 為、神童との真剣勝負に挑む。

 尚、この発表はRIZIN公式YouTubeでも榊原CEOよりLIVE配信された。