9分1Rの立ち技 格闘技MAS FIGHT とカンボジアムエタイ クン・クメールの配信大会『MAS FIGHT CAMBODIA』!

©Town Sports
 6月6日カンボジア・プノンペンのTown Full HDTVスタジオで『MAS FIGHT CAMBODIA』配信大会が開催された。 カンボジアでは、今年の2月中旬までCOVID-19死亡者0、感染者数も400人台まで抑え込み、全ての外国人を対象とした入国制限措置が効果を出していたが、2月下旬に初の死傷者も出て罹患者も続出※、現在も感染拡大はおさまらず、『MAS FIGHT CAMBODIA』は、主要都市ロックダウンからの再開、延期を繰り返しながら今回は2週続けての大会開催となった。
※クラスター発生源は、隔離中の中国人が隔離ホテルから賄賂を使って脱走し、クラブやサービスアパートメント等で感染を広げたとされている。
SankeiBiz:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210308/mcb2103080612001-n1.htm


「各日」は前日以降に新たに報告された感染者数
最終更新: 1 日前·データ提供元:JHU CSSE COVID-19 Data·このデータについて
6月6日までの概要:陽性者:34,244、回復者:27,147、死亡者:263


メインの65㎏クン・クメール(カンボジアのムエタイ)4人トーナメントでは、エム・ダロが初戦KO勝、決勝判定勝で賞金340万リエル=約52,000円を獲得。準優勝のエリット・マカラには180万リエル=約46,000円が授与された。(トップ写真)

 全6試合の大会スタイル、カンボジアのムエタイ“クン・クメール”5R戦、大会の核となるワンデー4人トーナメントの初戦クン・クメール3R戦、9分1Rの立ち技格闘技“MAS FIGHT”2試合、最終第6試合にワンデートーナメント決勝戦3Rとなっている。

※◇MAS FIGHTルール
・1ラウンド9分
・判定なし、9分闘い抜けば引分、KO決着のみ
・2ダウンでKO敗
・立ち技のみ(※投げ可)

■『MAS FIGHT CAMBODIA-week 71』
日時:2021年5月30日 15:00開始(日本17:00)
会場:カンボジア・プノンペン・TOWN FULL HD TV スタジオ
試合の様子は公式YoutubeチャンネルFacebookページでもライブ放送されている。

<第6試合 57㎏トーナメント決勝 クン・クメール 3分3R>
●エリット・マカラ(カンボジア)-Elit Makara
 判定
○エム・ダロ(カンボジア)-Em Daro

<第5試合 60㎏ MAS FIGHT 9分1R>
△モーン・サミス(カンボジア)-Morn Sameth
 時間切れ引分
△ヴィ―ク・ブンデュロン(カンボジア)-Veak Bundeurn

<第4試合 65㎏ MAS FIGHT 9分1R>
●レーン・ブンロン(カンボジア)-Rean Bunruon
 KO ※首相撲からの膝連打による2ダウン
○ソス・ケーバン(カンボジア)-Soth Khevin

<第3試合 65㎏トーナメント クン・クメール 3分5R>
●ファン・レアス(カンボジア)-Phan Reas
 2RKO ※左ボディストレート→左膝、エム・ダロは2R左ボディストレートでダウン先取 
○エム・ダロ(カンボジア)-Em Daro
 
<第2試合 65㎏トーナメント クン・クメール 3分3R>
○エリット・マカラ(カンボジア)-Elit Makara
 2RKO ※右ローキック
●シム・ブン(カンボジア)-Sim Bun

<第1試合 57㎏ クン・クメール 3分5R>
○パン・チャラバン(カンボジア)-Panha Charavan
 4RKO ※左ミドル
●スン・ブンサン(カンボジア)-Sun Bunsan

※カンボジア“すべての外国人に対しての入国規制”(2021年06月03日)
全ての外国人渡航者に対して、査証免除、並びに観光査証、e-visaおよび到着査証の発給を当面停止。
入国を希望する場合、以下の要領で事前にビザの取得が必要。
・カンボジア大使館、総領事館等で事前にビザを取得。
・出発72時間以内にPCR検査(鼻咽頭スワブ、書式指定なし、英語表記で手書き不可)を受験し、保健機関などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを※証明する健康診断書の提示が必要。
※証明書は英語で、なおかつ印字されたもの。
・事前にFORTE Insurance Companyのウェブサイトにて、COVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)購入し、入国時に提示が必要。
・入国時に、2,000米ドルのデポジット(デポジットは、隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金される)
・カンボジア保健省の指定ホテルで14日間の隔離(宿泊費は、1泊60米ドルから75米ドル)
・到着時および隔離13日目に、新型コロナウイルス感染検査の受検(感染が疑われる場合には、追加的に検査を受検)