バレット・クラブ、ROHマットでも大暴れ!1・24ROH+ミスティコ、アレナメヒコ復帰1・23CMLL

(C)ROH

 2015年1月24日にペンシルバニア州フィラデルフィアでROHのスペシャルTVテーピングマッチが行なわれた。この大会はあのプロレスファンには聖地であるECWアリーナ(現2300アリーナ)で行なわれ、メインにはバレットクラブ対ROHの対抗戦としてAJスタイルズ、ヤング・バックス対ット・サイダル、ACH、セドリック・アレキサンダーというカードが組まれた。

 新日本プロレスでのユニットをそのままROHでも使っての対抗戦。AJスタイルズとヤング・バックスの合体技も飛び出し、最後はAJスタイルズが、スタイルズ・クラッシュでサイダルを仕留めフォール勝ち。試合後には謎の赤覆面選手が登場したようだ。

 新日本プロレスのギミックをそのまま使うように、新日本プロレスとROHの結びつきは強い事が伺える。しかし、2014年に大成功した新日本プロレスとROHの合同興行は、2015年も春に行なうものの、2014年のように、新日本プロレス勢が大挙として北米進出とはならず、数名が派遣されるに留まる事になるとROHのCOOのジョー・コフ氏は語っている。
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
▼5・17ROH&新日本プロレス”WAR OF THE WORLDS”マンハッタン
 AJスタイルズ&アダム・コール揃って王座防衛、獣神ライガー人気

■ ROH National TV Taping
日時:2015年1月24日
場所:ペンシルバニア州フィラデルフィア 2300アリーナ(旧ECWアリーナ) 

<6人タッグマッチ>
○AJスタイルズ、ヤング・バックス
 ピンフォール
●マット・サイダル、ACH、セドリック・アレキサンダー

<シングルマッチ>
-マイケル・エルガン
 ノーコンテンスト
-ムース

<シングルマッチ>
○トマソ・チャンパ
 レフェリーストップ
●ジミー・ジェイコブス

<タッグマッチ>
○ボビー・フィッシュ、カイル・オライリー
 クロスアームブリーカー
●BJウィットマー、アダム・ペイジ

<タッグマッチ>
○ジェイ・リーサル、J・ディーゼル
 ピンフォール
●クリストファー・ダニエルズ、フランキー・カザリアン

<6人タッグマッチ>
○マイケル・ベネット、マット・テイヴェン、マリア・カネリス
 ピンフォール
●ジェイ・ブリスコ、マーク・ブリスコ、ODB 

 2015年1月23日にメキシコ・アレナメヒコでCMLL定期戦が開催された。
 メインには、遂に怪我で長期欠場していたミスティコ(2代目)がアレナメヒコに凱旋。新日本プロレスで調整を得て、満を持しての登場となった。試合は、なんとウルティモ・ゲレーロにラ・ミスティカを極めるなど大暴れしてチームの勝利に導いた。

 また、セミファイナルで、ルード組が勝利した後、なんとレジェンドであるフエルサ・ゲレーラが久しぶりにCMLLマットに登場した。別団体リーガ・エリテでネグロ・カサスとシングルマッチを行なう予定(CMLLとリーガ・エリテは友好関係にある)なので、カサスを挑発にきたようだ。

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2015年1月24日
場所:メキシコ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○ミスティコ(二代目)、ボラドールJr.、マキシモ
 2-1
●ウルティモ・ゲレーロ、レイ・ブカネロ、テリブレ

<6人タッグマッチ>
○ショッカー、ネグロ・カサス、サンダー
 2-1
●ラ・ソンブラ、コルレオーネ、ラ・マスカラ

電子書籍版はマット界舞台裏2月5号新日戦略WWEネットワーク100万件UFC巌流島RISE清水修斗宇野完敗に収録されました。

ROHと合同興行、結びつきを深くする新日本プロレス、2015年の戦略は?
マット界舞台裏01月01-08日号新日無謀DeepカズTopking巌流島Krush朱里RealFC長瀬館長Z1
・緊急座談会~新日プロ 無謀なプロレスビジネスのグローバル化
マット界舞台裏01月15日号猪木青木真也DEEP前田日明1.4新日BLADEワラビーKrush年末年始
・年末年始総括~BLADE、DEEP、青木真也と1・4新日プロの圧勝
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
・ノア崩壊前夜か方舟新章か! 新日プロの戦略を斬る
wkbutaiura081MixCover
マット界舞台裏1月29号新日ノア深淵兄弟対決K-1神興行清原和博DDT?UFCダンヘン長瀬館長
・鈴木軍「難破船の乗組員なんか求めてない」~ノア崩壊前夜続報