AEW新日USベルト元Rアーチャー現MOX-Kオメガ&権利者KENTA

(c) AEW

■ AEW Dynamite
日時:2月10日(現地放送時間、先週木曜録画)
会場:米フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス


 番組はジョーイ・ジャネーラvs.ダービー・アレンという、PWGなどインディー大会を賑わせていたカードがTNT王座戦ということで全国放送に。この二人だからどんなハチャメチャなことをやるのかという興味はいい意味で裏切られ、結構まともなレスリングを軸に展開する。コフィンドロップで王座防衛になるんだが、あとのセグメントで死体袋に入ったアレン君が、ロープで繋いだ車が走り出すという危険極まりないスタントが挿入されていた。


 お腹が大きくなったブランディ夫人とスーパーボウルに出かけたことをSNSに出していたCodyは、ナイトメア・ファミリーの黒人リー・ジョンソンと組んで、ピーター・アバロン、さらに長身のセザル・ボノーニ組と闘うタッグに。ジョンソンが図書館員をフォールするケツだった。もっとも、途中のボノーニのスープレックスでCodyは負傷したとの報があとから出ている。大きなものではないそうだが。
 試合後、AEW初勝利というジョンソンにトニー・シェバーニーがマイクを向けていた。ナイトメア軍の末席選手だったので、ようやくということのようだ。


 PACがブラックアロー、ブルータライザーでドルフ・ジグラーの弟ライアン・ネメスをタップさせるカードも。


 第1試合後、MJFとサミー・ゲバラのスキットがあり、サミーに「ジェリコ親分、本当は嫌い!」と言わせるところをスマホ録音で撮っていたことに気づかれMJFは蹴られて脇腹を痛めるというセグメントあったのだが、だったらなんで撮影カメラはずっと回っているのかと、ロジック破綻していたのだが・・・。

 さらしを巻いたMJFとクリス・ジェリコ組がアクレイムドにジューダス・エフェクトを決めた試合後、サミーがインナーサークルを抜けると去って行くんだが、なんかイマイチよくわからない。YouTube番組DARKまで見てないとわからない内輪ジョークとか、AEWはそっちに走る傾向があることは度々指摘しているものの、ファンは置いてきぼりなのか?
 映像セグメントなので公式写真はないが、オメガとドン・キャリスがゴルフしているスキットもあったの。なにかのパロディだとはわかるものの、正直記者にも出展がわからないものが挿入されていた。
 さらには、その先週にさかんに勧誘されていたハングマン・ペイジが、3割取り分のマネージャー契約にサインしないかと迫るマット・ハーディーに、すり替えた契約書で逆にサインさせてしまうというコントもあったのだが・・・。


 今宵のスティング登場場面は、前出のアレン君がタズ軍に死体袋のまま車で引きずられるのをスクリーンで見て、救出に会場外に出ていくセグメントだった。


 サンダー・ロサが”LEGIT”レイラ・ハーシュをファイヤーサンダー・ドライバーで下すカードは、先週発表された日米トーナメントの一回戦。日本の試合は先日アイスリボン道場で収録されたようで、米国月曜にAEWのYouTubeチャンネルで随時公開される模様。アメリカ側の里保vs.セリーナは来週のLIVE放送回だ。


 さて、メインがお待ちかねのKENTA&ケニー・オメガ組vs.ランス・アーチャー&ジョン・モクスリーである。なんか組み合わせには違和感もあるのだが、要するに新日本プロレスIWGP US王座の元王者、現王者、さらに挑戦権ブリーフケースのKENTAという、すべて赤い縁のベルトに関係する4人を集めた格好になる。そもそも途中のセグメントでは、MOXがかのベルトを持って、KENTAがブリーフケースの防衛戦までやっていたことに触れていたし、解説席のエクスカリバーが、パンデミックになってお預けになっていたタイトルだと説明もしている。

 新日選手が絡むのでAEWとしてはNON-Sanctionマッチと発表するしかなかったのか、なんでもありのエニウェアフォール・タッグマッチとう体裁になり、場外どころか、食堂ではMOXがポテトを使ってKENTAをポテトにするという、これまたインサイド・ジョークまでもやってしまう。こういうところは、選手が脚本家でもあるAEWの良いところでもあり悪い面でもある。たぶん、大半の普通の視聴者はわかってなかったと思うのだ。

 KENTAは見せ場をやれていて良かった。ただ、蛇男ジェイク・ロバーツ、アンギャロのグッドブラザースと、次々に試合介入というのは、最近の悪い新日の模倣というか、勘弁して欲しいと嘆いたのは本誌だけではないだろう。

 ケツは重いアーチャーを担ぐのは大変なので、グッドブラザースに助けてもらいながらオメガが片翼の天使を決めるというもの。最後はオメガとKENTAが、今回は組んだけど・・・という睨みの絵も用意されていた。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼後藤洋央紀”厳重注意”失笑!緬甸軍轄-WWE高収益-ノア武道館直前

[ファイトクラブ]後藤洋央紀”厳重注意”失笑!緬甸軍轄-WWE高収益-ノア武道館直前

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’21年02月18日号新日後楽園-広島 DG高知 ノア 吉村道明 SEAd対抗 ベラトール KENTA