RIZINシバター勝利!金玉Boxing五味-皇治!3・14東京ドーム天心-武尊?堀口恭司奪回

 13時からのオープニングマッチから会場に通った熱心なファンには9時間半の長丁場になった大晦日のRIZIN。もっとも地上波の生中継は19時半からと決まっていたにせよ、後半は比較的一本KOで短く終わったほうで、判定ばかりなら全長では10時間半を超えていたと思われるのだが・・・。
 その課題は置いておくなら、コロナ禍の会場制約は言うに及ばず、外国人選手も自由に呼べない状況での開催だったが、蓋を開けてみれば中身は充実していた大会となったのは国内盟主の底力であろうか。

 試合結果に関して事件となれば、やはりYouTuberシバターの勝利に尽きる。なにしろ、シバターは愛媛プロレスで独占インタビューしており、「那須川天心にデスマッチ要求」だけでなく、「大きなこともある」とは言っていたのだが、スタッフから「YouTubeでRIZIN参戦発表してます」と聞いても半信半疑のまま。やがて対戦相手Xという試合順まで発表されて、正直、スマンかった(笑)。まして同じく本誌が独自にインタビューしているWYBC世界ヘビー級王者・高橋知哉が対戦相手に名乗り出たと聞いて二度ビックリ。
 結局、当日に出てきたのは名前のあるHIROYAで1Rキック、2RMMAのミックスルールなんだと。判定ナシのルールだったが、パンチでダウンを奪っていたし、腕十字も決まりかけていたから体重差のあるカードとはいえ、判定ありならシバター勝利で間違いナシ。現場ではいったんドロー裁定に。ところが休憩時間の場内アナウンスで、ビデオ判定の結果HIROYAがタップしているとのことでシバターの一本勝ちに変更というオマケ付き。だったら、入江秀忠はダン・スバーンをタップさせたと記録変えろよ~。2004年の話だけど(笑)。

 期待してなかった五味隆典(78kg)、皇治(65kg)という体重差があるが、両者やったことないボクシング・ルールのカード、大晦日のRIZINだから許されるんだろうし、面白かったから誉めるしかない。ド付き合いを魅せてくれて皇治の根性には感服だし、42歳の五味は凄いとしか・・・。

 榊原信行CEOが2021年3月14日の東京ドーム大会開催を発表。那須川天心戦に武尊が会場に来ていたから、そういうことなんだろう。乞うご期待だ。


※詳細拡大&深淵分析版は近日[ファイトクラブ]公開、週刊ファイト1月14日号に収録されます。

■ RIZIN.26
日時:12月31日
会場:さいたまスーパーアリーナ 観衆9,978人(前売り販売停止)

【試合結果】

<第15試合 MMAルール肘有り RIZINバンタム級(61kg)王座戦 5分3R>
●朝倉 海(トライフォース赤坂/王者、元THE OUTSIDER 55-60kg級王者)
 1R 2分48秒 グランドパンチ⇒レフェリーストップTKO
○堀口恭司(アメリカン・トップチーム/挑戦者、元RIZIN・ベラトール・修斗世界同級王者、元UFCフライ級{56.7kg}3位)
※朝倉は初防衛に失敗、堀口が王座奪回

<第14試合 キックルール肘無し・つかんでからの攻撃は1回 57kg契約 3分3R>
○那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント優勝、RISE世界フェザー級{57.15kg}王者、ISKAフリースタイル世界フェザー級王者、ISKAオリエンタル世界バンタム級王者)
 判定3-0 (30-28/30-27/30-27)
●クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(タイ/ペットジャルーンウィットジム/ラジャダムナン認定バンタム級{53.5kg}1位、ルンピニー認定同級5位)

 ルール的にもボクシングキック(肘、首相撲なし)であるRIZINキックルールで体格差(クマンドーイの試合体重は53.5-54㎏)もあった試合は、那須川天心の判定勝ち。
 海外遠征での隔離生活を経て試合をしたクマンドーイはムエタイの強豪だが、日本では知名度もなく、“ボクシングキック”ルールにタイでは成立しない体格差での試合に“そこまでして呼ぶ選手か?”というのが正直な感想の試合で、観戦にきた新K-1の武尊ばかりクローズアップされてしまいクマンドーイも“那須川天心のアップ要因”に使われた感も強くなってしまったのが残念だった。

<第13試合 MMAルール肘有り 68kg契約 5分3R>
○朝倉未来(トライフォース赤坂/元THE OUTSIDER 65-70kg級・60-65kg級王者)
 1R 4分20秒 右フックKO
●弥益ドミネーター聡志(team SOS/元DEEPフェザー級{65.8kg}王者)

<第12試合 RIZINスタンディングバウト特別ルール 3分3R>
○五味隆典(イーストリンカンラスカルジム/元PRIDEライト級{73kg}王者、元修斗世界ウェルター級{70kg}王者)
 判定2-0 (30-29/29-29/29-28)
●皇治(TEAM ONE/ISKA K-1ルール世界ライト級王者)

<第11試合 MMAルール肘無し RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)王座決定戦 5分3R>
○浜崎朱加(AACC/元王者、元INVICTA世界アトム級{47.6kg}王者、元JEWELSライト級{52kg}王者)
 1R 1分42秒 洗濯ばさみ(レッグシザース)
●山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22)

<第10試合 MMAルール肘有り バンタム級(61kg) 5分3R>
●元谷友貴(フリー/元DEEPバンタム級{61.2kg}&フライ級{56.7kg}王者)
 1R 3分00秒 裸絞め
○井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)

<第9試合 MMAルール肘有り 67kg契約 5分3R>
●カイル・アグオン(米国/SPIKE 22/パンクラス・フェザー級{65.8kg}2位)
 1R 4分22秒 フロントチョーク
○クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術/元KSW&REBEL FCフェザー級{65.8kg}王者)

<第8試合 MMAルール肘有り 68kg契約 5分3R>
○萩原京平(地下格闘技/SMOKER GYM)
 2R 1分29秒 グラウンドパンチ⇒コーナーバトン投入TKO
●平本 蓮(THE PANDEMONIUM/K-1甲子園2014 -65kg優勝)※K-RIVER/AX GYMから所属変更

<第7試合 MMAルール肘無し バンタム級(61kg) 5分3R>
○所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
 2R 2分24秒 腕ひしぎ十字固め
●太田 忍(フリー/2016年リオデジャネイロ五輪レスリング・グレコローマン59kg級2位)

<第6試合 キックルール肘有り・つかんでからの攻撃は1回 50kg契約 3分3R>
○吉成名高(エイワスポーツジム/元ルンピニー&ラジャダムナン認定ミニフライ級{47.6kg}王者、BOMフライ級(50kg)王者)
 1R 2分20秒 3ダウン+左ひじKO
●ペットマライ・ペットジャルーンウィット(タイ/ペットジャルーンウィットジム/ムエサイアム・フライ級{50.8kg}&ライトフライ級{48.9g}王者)

RIZINキックルールながら「肘有り・つかんでからの攻撃は1回可」の試合でクマンドーイの同門ペットマライを圧倒。1Rから肘、膝を有効にヒットさせ2度のダウンを奪い、左右パンチ連打で3ダウンを奪いKO圧勝で vs.那須川天心をアピールした。

<第5試合 MMAルール肘有り バンタム級(61kg) 5分3R>
○佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム/元修斗環太平洋バンタム級{60kg}王者、元UFCフライ級{56.7kg}15位)
 判定3-0
●瀧澤謙太(フリー/パンクラス・バンタム級{61.2kg}3位)

<第4試合 MMAルール(肘有り) 女子スーパーアトム級(49kg) 5分3R>
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸/RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント2017優勝)
 判定3-0
●あい(フリー)※KRAZY BEEから所属変更

<第3試合 ミックスルール1Rキックボクシング・2R MMA オープンフィンガーグローブ着用判定無し 3分2R>
●HIROYA(TRY HARD GYM)
 2R 0分38秒 腕ひしぎ十字固め
○シバター(フリー)

<第2試合 MMAルール肘有り 63kg契約 5分3R>
●中原太陽(佐山道場)
 1R 2分12秒 サッカーボールキック⇒レフェリーストップTKO
○倉本一真(修斗GYM東京/修斗バンタム級{61.2kg}世界7位)

<第1試合 MMAルール肘無し 120kg契約(ヘビー級相当) 3分3R>
●ミノワマン(フリー)
 1R 3分19秒 レフェリーストップTKO
○スダリオ剛(フリー)

<オープニングマッチ RIZINチャレンジマッチ MMA肘無し 女子51kg契約 5分3R>
―さくら(フリー)
 1R 1分37秒 腕十字(さくらの1本勝利だが記録上は無効試合)
―竹林エル(総斗會三村道場所属)※竹林愛留 改め
※さくらが計量1.7kgオーバー、竹林が勝った場合のみ公式記録として実施

▼DEEP JEWELS 期待の新人・17歳のJKさくらが『skyticket』のイメージキャラクターに!!

DEEP JEWELS 期待の新人・17歳のJKさくらが『skyticket』のイメージキャラクターに!!


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼年末年始総括RIZINさいたまSA-新日東京ドーム-コロナ緊急事態宣言

[ファイトクラブ]年末年始総括RIZINさいたまSA-新日東京ドーム-コロナ緊急事態宣言

▼RIZIN幕の内弁当:武尊来場、シバター、東京ドーム・・・すべてを飲み込んだ堀口恭司!

[ファイトクラブ]RIZIN幕の内弁当:武尊来場、シバター、東京ドーム・・・すべてを飲み込んだ堀口恭司!

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’21年01月14日号Rizin 東京ドームDash3連戦 ノア杉浦軍 全日新春 DホッジBリー追悼