戦時下のWM初日!女子王座戦2試合に墓掘り人映画仕様トリ

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 本戦の最初の音楽は♪For those about to Rock, We salute youから。いや、まったくこの時期のレッスルマニア決行なんだから、必死でがんばる選手の皆さんWe salute youなのである。映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、よくわかってない高校生の主人公が、おじさんのかけた曲に「レッド・ツェッぺリン好きだよ」と言うのだが、AC/DCである(笑)。
 いずれにせよ割り引いて評価しないといけない。後世の歴史家からは「戦時下のWM、こんな特殊回のもあった」と語られるのだろうが、本誌予想通り基本ベビーフェイスが勝ちまくりhappy endなのだが、ダニエル・ブライアンのIC王座挑戦はサミ・ゼインの防衛と、余りにも本誌予想が正確過ぎると誰にも褒められない。外してくれたほうがこっちは「なぜこうなったのか」と深淵分析で大騒ぎ出来るのだが・・・。

 それにしても、どこかギリギリの得意のSNSでは「ちゃんと変更発表しました」と弁解するのかもだが、前日放送のSmackDownでも初日がどのカードでとかすらやらないまま。虚偽広告で不誠実なまま、以前の放送回でマフラー姿で風邪気味だったミズに、ニュー・デイがそんなのと試合やりたくないとゴネて外され、結局トリプルスレッドのSDタッグの王座戦は、各チームの代表が3 wayで闘うとか、選手権試合のロジックが無茶苦茶なんだが、飛べる奴3名でcreativeにハシゴ戦やっていたから、まぁ悪くは言えない。

 とうの昔に収録は済んでいる録画番組なんだから、お笑い番組のように観客の笑いを音声で足すとか、そういうエンハンス仕様にするのかと思っていたのだが、そこはハズレ。冒頭にステファニー・マクマホンが出てきて謝り口調なんだから、すでにRAWやSmackDownで見ている無観客試合の絵作りのまま「年間最大イベント」が進行と。ただ、なぜ中止にしなかったのかと非難されてはいるが、大口スポンサーの「スニーカーズ」やピザからヒュンダイ自動車の広告まで、契約済みのCM料を逃すわけにはいかなかったのだろう。スポンサー様には、「いつものような華やかな祭典は無理ですが、そのままの金額で4時間番組を土、日と計二回やりますから本来は二回分料金なんですが、このままでお願いします」とかの舞台裏が推測される。

 意外だったのは、アンダーテイカーの#BoneyardMatchをトリにしたことか。まぁこれだけロケーション撮影だから、種類が違うのは確かなんだし、最初から映画のようにやることもわかっていたこと。パンチにせよ効果音が足されているのみならず、音楽にはメタリカ起用だとメタルマニアにはスグわかると。カネはかけたんだろうが、映画マニア的には三流の出来かも。あえて短くしたものの、AEW Dynamiteでやった映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のパクりでランス・アーチャーがあっという間に全員をのしてしまう倍速映像の方が印象的だった。アクション映画のスピードが老害テイカーさんだとやはりのろいのだ。Dynamiteは恐らく本物の森林でドローンも繰り出しての空中からを含む撮影だったが、WMのは大がかりなセット(ユニバーサル・スタジオ?)での偽の森林、組み立てた墓場というのが映画マニアにはばれている。

 重ねて辛口やってもしょうがない。全米のいたるところ、しかもフロリダまでロックダウン州条例が発動、もうLIVEではパフォーマンス・センターさえ無観客でも使えない緊迫の社会現実を思えば、急いで先に収録したのも正解だったことになろう。自宅に閉じこもったままが大半の米国市民に4時間のエンタメ番組を提供したWWEを評価すべき。重ねてWe salute youなのだった。さて、”招待状”は明日も二度目が通用するのかどうか。お楽しみはこれからだ。

■ レッスルマニア36 part 1
日時:4月4日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州オーランド パフォーマンス・センター/他

<第8試合 ボーンヤードマッチ>
○アンダーテイカー
 19分00秒 納屋の屋根上から落とす⇒墓穴に蹴り落とし
●AJスタイルズ

◆アンダーテイカーが因縁のAJスタイルズをburied Alive生き埋め

 “デッドマン”ジ・アンダーテイカーとAJスタイルズがPPV「レッスルマニア36」で激突した。ボーンヤード(墓場)戦となったAJスタイルズは霊柩車の棺桶から上機嫌で登場すると、アンダーテイカーは暗闇からバイクに乗って決戦の場である墓場に姿を現した。AJスタイルズは「お前のために墓穴を掘っておいたぞ」と挑発すると、拾った大石で攻撃を狙ったが、逆にアンダーテイカーに捕まって棺桶や霊柩車のフロントガラスに叩き付けられてしまう。さらにアンダーテイカーが墓穴にAJスタイルズを殴り落とすと、ルーク・ギャローズとカール・アンダーソンが黒いフードをかぶった集団と共に救援に駆け付けたが、これをアンダーテイカーが返り討ち。しかし、今度はAJスタイルズが背後からブロックを叩き付けて攻撃すると、「今ここで埋めてやる」とスコップでアンダーテイカーを殴って墓穴に落とした。

 続けてAJスタイルズがブルドーザーを使おうとすると、突如倒れていたはずのアンダーテイカーが出現してAJスタイルズを背後から強襲。アンダーテイカーは納屋の屋根に逃げたAJスタイルズを捕まえると、チョークスラムで叩き落とした。

 致命的なダメージを負って許しを請うAJスタイルズだったが、アンダーテイカーはブルドーザーの砂でAJスタイルズを生き埋めにすると、「AJスタイルズ REST IN PEACE 1977-2020」と刻まれた墓を設置して鐘の音と共にバイクで走り去った。

<第7試合 ユニバーサル王座戦>
[王者]●ゴールドバーグ
 2分12秒 ランニングパワースラム3連発
[挑戦者]○ブラウン・ストローマン

◆短い尺で本当に良かった!ボロも出なかったユニバーサル王座交代

 王者ゴールドバーグと“巨獣”ブラウン・ストローマンがユニバーサル王座をかけてPPV「レッスルマニア36」で激突した。激戦必至のヘビー級対決となったこの試合でゴールドバーグは必殺のスピアー3連発をストローマンに叩き込むもカウント2。さらにゴールドバーグは追撃のスピアーをストローマンに決めると勝利を確信するように雄叫びを上げた。しかし、ゴールドバーグが続けて狙ったジャックハマーが不発となると、今度はストローマンがパワースラム3連打をゴールドバーグに叩き込み、最後はランニング・パワースラムでゴールドバーグに止めを刺して3カウント。ストローマンが老兵ゴールドバーグを破って悲願のユニバーサル王座を戴冠した。アホでもケツはわかっていたハズの王座戦だろうか。短くまとめた構成だけ100点満点!

◆元NFLのロブ・グロンコウスキーがモジョ・ローリー24/7戴冠助ける

<第6試合 シングルマッチ>
○ケビン・オーエンズ
 2回計17分20秒 最初のはゴングで殴って反則裁定 NO DQでの再戦はスタナー
●セス・ロリンズ

◆白装束マンデイナイト・メサイヤTシャツは2枚購入なら$1バーゲン中

◆再戦では落下スタント成功のKOケビン・オーエンズ

<第5試合 SDタッグ王座トリプルスレット・ラダー戦>
[王者]○ジョン・モリソン
 18分30秒 ラダーに二人がかりで落とされたモリソンは同時にベルトも持っていた
[挑戦者]●コフィ・キングストン
[挑戦者]●ジミー・ウーソ

◆スターシップ・ペインコーナポストに挟んだハシゴに回転のモリソン
器用に端から端までモリソンはロープ渡りを一人で俊敏にやった!

<第4試合 IC王座戦>
[王者]○サミ・ゼイン w/中邑真輔&セザーロ
 9分20秒 ヘルヴァキック⇒フォール
[挑戦者]●ダニエル・ブライアン w/ドリュー・グラック

◆中邑&セザーロのアシスト受けたゼインがIC王座防衛!

 王者サミ・ゼイン(with中邑真輔、セザーロ)がPPV「レッスルマニア36」で“イエス旋風”のダニエル・ブライアン(withドリュー・グラック)とIC王座戦で激突した。試合序盤、ゼインは闘おうとはせずに場外を逃げ回って心理戦を仕掛けると、追いかけるブライアンの前には中邑やセザーロが立ちはだかって妨害。これに怒ったグラックが中邑&セザーロを襲撃してバリケード外に蹴散らすと、ブライアンは逃げられなくなったゼインに馬乗りになって攻撃を加えた。その後、ゼインがクローズラインを決めて一矢報いるも、ブライアンはイエスキック連打から顔面ストンピングで攻撃して試合を終始圧倒。これにグラックが1人で“イエス”チャントを始めると、今度は中邑&セザーロがグラックに襲撃返し。するとブライアンがすかさず2人にトペ・スイシーダを決めて蹴散らしたが、最後はゼインがコーナートップから飛び込んできたブライアンにヘルヴァキックをクリーンヒットさせて3カウント。
ゼインがブライアン相手にIC王座防衛に成功した。

<第3試合 RAW女子王座戦>
[王者]○ベッキー・リンチ
 8分30秒 抑え込みフォール
[挑戦者]●シェイナ・ベイズラー

◆やはりシェイナはビンスお気に召さないか!? 普通にベッキー防衛

<第2試合 シングル戦>
○アライアス
 9分00秒 忘れた(記者の食事時間)
●キング・コービン

<第1試合 女子王座戦>
[王者組]アスカ&●カイリ・セイン
 15分05秒 ツイステッドブリス
アレクサ・ブリス&○ニッキー・クロス

◆カブキ・ウォリアーズ王座陥落!アレクサ&ニッキー返り咲きから本戦

 カブキ・ウォリアーズがPPV「レッスルマニア36」で因縁の元王者アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスとWWE女子タッグ王座戦で激突した。試合序盤、カイリが「何これ? 変なの」とアレクサの髪飾りを馬鹿にして挑発すると、アスカも「なめんなよ。しばくぞ! コラ!」とニッキーを威嚇。これにアレクサとニッキーがトペ・コンヒーロやクロスバディで攻撃すると、反撃とばかりにアスカがアレクサをコーナーポストに叩き付け、カイリもハリケーンラナをニッキーに決めて「ワシらがチャンピオンだ」と息巻いた。

 さらに激しい攻防は続き、ニッキーがアスカをフォールすればカイリがインセイン・エルボーでこれをカット。一方、アスカがアスカロックをニッキーに決めると、アレクサがツイステッドブリスでカットしてお互い譲らない白熱のシーソー戦を展開。しかし、アスカがポストに誤爆すると、最後はニッキーがスピニングネックブリーカーでカイリを沈めた隙にアレクサがコーナートップからツイステッドブリスを炸裂させて3カウント。カブキ・ウォリアーズが王座陥落、アレクサ&ニッキーがWWE女子タッグ王座に返り咲きを果たした。

 本戦がまともな試合からで良かった。happy endからにするのは常套手段だが、カブキ・ウォリアーズの「格」は落ちていない。日本語でぎゃぁぎゃぁ大声でわめくから、無観客でも恰好がついたアスカの功績は特筆だろう。

<KICKOFF第1試合 シングルマッチ>
●ドリュー・グラック
 4分25秒 エアプレインスピン
○セザーロ

◆セザーロ腕使わず肩だけエアプレインスピン!グラックと職人芸戦
一番仕事の出来る二人がキックオフかよという文句はさておき、選ばれて出して貰えることの方が重要なのだ。

「レッスルマニア36」2日目は日本時間4月6日にWWEネットワークで配信される。J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼記者座談会:緊急事態宣言にK・カン氏も悲鳴! どうなる?フリー選手の現金給付

[ファイトクラブ]記者座談会:緊急事態宣言にK・カン氏も悲鳴! どうなる?フリー選手の現金給付

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年04月16日号マット界と緊急事態宣言 WrestleMania追及 全日新木場 UFC開催延期