つくしメキシコ遠征第4戦!すべてのツアーを終え「プロレス人生の中で本当に幸せに思える時間」

(C)CMLLレディースリング

■メキシコ・アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2月14日(現地時間)
会場:アレナメヒコ

カリスティコ&フォラステロがAブロック優勝!アレナメヒコ金曜定期戦

<タッグマッチ時間無制限3本勝負>
●マルセラ&プリンセサスヘイ&つくし
(2-1)
○ダリス&アマポーラ&レイナイシス

 つくしのCMLLツアーもこれが最終日。先週の金曜日と同様、マルセラ&スヘイとのテクニカ最強コンビとのタッグでダリスらルーダ陣と対抗することとなったつくし。この日、アレナメヒコ周辺の地域では大きなデモが発生。周辺は交通封鎖がいくつも起きたため、つくしは大雨の中、地下鉄に乗ってなんとかアレナメヒコへたどり着いた。

 その疲れを見せることもなく、日の丸国旗を持って入場すると、アレナメヒコ中に大歓声が起きる。あきらかに一週間前とは観客の反応が違う。

 特にこの日は通常タッグを組むことがない、テクニコとルードのチームによるトーナメント開催もあり、アレナメヒコは超満員。その中でつくしへの大歓声は、このメキシコツアーでの充実ぶりを示したものだった。

 キャプテンはマルセラとダリス。ダリスはウニベルサル(宇宙一)王座とCMLL日本女子王座の二冠を持って登場。早くも、3・20アレナメヒコのビッグショーにてCMLL日本女子王座への挑戦が決まったスヘイがダリスと視殺戦を展開。ダリスとスヘイによる前哨戦としても注目される一戦となった。

 先発はダリスとスヘイでスタートするも、ダリスは即座にイシスへとタッチして、スヘイと絡まず。早くも両者の心理戦が始まっている。

 つくしはダリスとの絡みでスタート。まずは数回転のジャベでダリスを翻弄。グラウンドではダリスの腕を取るが怪力で持ち上げられるとう恐るべきパワーを見せつけられる。それでも動じることなく、回転して腕を離さず、再び締め上げる。そして、コーナーに追い込んだダリスへ、セカンドのコーナーからバックサイドのキックを数発叩き込んだつくしは、ダリスの肩口に飛び乗ると、そのままミステリオラナに捕らえるなど、前回のアレナメヒコ同様、ルチャの動きを完璧に見せていく。

 放送席や客席から「チャパリータ!」の声が多数飛び、つくしの愛称として浸透されているようだ。そのなかを低空キックで場外に落とし、まずはダリスを相手にリードした試合展開を見せた。

 二度目のリングインではダリスに捕まる形で引きずり出されると、コーナーに上ったダリスから宙吊り刑を食らう。しかも空中で止められ、ダリスよりも高い位置で静止させられた。その後、ヘアホイップで回転させられたつくしはゴリースペシャルでギブアップ。スヘイもダリスに仕留められたため、1本目はルーダ軍の勝利に終わった。

 2本目、ダリスを捕らえたテクニカ軍、コーナーに追い詰め、次々と攻撃していくと、つくしはダイビングフットスタンプへ。その流れからつくしはイシスへ直伝ラ・マヒストラルを炸裂。これでイシスからフォールを奪い、なんとこの技でCMLLのリングで3連勝を挙げた。スヘイもバックブリーカーでアマポーラからギブアップを取り、これで1対1のイーブンに。

 3本目、つくしはアマポーラへティヘラからドロップキックの連打へ。しかし、アマポーラからスピアーに切り返される。その後、マルセラがダリスを場外へ追いやると、つくしがプランチャを敢行。しかしこれはダリスにキャッチされて失敗に終わる。まさかのプランチャをキャッチという荒技を見せたダリスはそのままバックブリーカーを連発。つくしが悶絶している間にアマポーラがマルセラ、イシスがスヘイをそれぞれフォールし、ルーダ軍の勝利となった。

試合後のつくしは下記のコメント。

「ダリスのことを今日も意識していたんですけど、ダリスはスヘイのことも意識しているのがよくわかりました。でもそのなかで、アレナメヒコのお客さんにつくしというレスラーを印象づけることはできたんじゃないかなとこの2週間で思いました。いまはホッとしているのもそうですし、もっとメキシコにいたいなって思いました。それくらい楽しかったし、プロレス人生の中で本当に幸せに思える時間でした。

(1本目ハルカゼが出たことは)日本で出している技を出したないって思いまして、つくし イコール ハルカゼなので、出しました。(2本目はマヒストラルでまたもフォールを取りましたが)ハルカゼと同じくらい大事な技なので、絶対出すつもりでいました。ダリスから取りたかったなというものはありましたけど、今日も出すことができてよかったです。(3本目にダリスにプランチャをキャッチされたことは)ビックリしました。でもこれは自分の動きが読まれているってことだと思うので、しっかり対策を練っていきたいですね。(ダリスはCMLL日本女子王座を保持しているが)興味は大いにあります。今度ダリスが日本に来るときに、私が取って、そのベルトを巻いて、必ずまたメキシコに来たいですね」

 こうして、すべてのツアーを終えたつくしだが、大きな爪痕を残し、観客からも受け入れられた。次にメキシコの地を踏むときは、いったいどんな時なのか。ダリスやルーダ軍との抗争がさらに大きく発展しそうな状況なだけに、今後のつくしの動向に注目していきたい。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼アクトレスガールズ12・12新木場大会 長谷川美子vs.チェリー戦の深謀遠慮

[ファイトクラブ]アクトレスガールズ12・12新木場大会 長谷川美子vs.チェリー戦の深謀遠慮

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年02月20日号新日大阪城 金曜8時 WWE 諸岡告訴 スターダム 全日W1 KnockOutNKB

’20年02月13日号オカダ猪木 独占MLW代表 ActwresGirl’Z 新日本キックWLC 内藤KENTA