アスカxベッキー熱戦に吸血鬼シェイナ・ベイズラー!エンジェル・ガザ、リア・リプリーもRAW試合

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 番組は”マンデイナイト・メサイヤ”セス・ロリンズとAOP軍の演説から。リモコンの早見を押した方は記者だけではないと思うのだが、番組トリもようやくリング復帰となったサモア・ジョーや、ベビーフェイス人気のKOケビン・オーエンズを相手にした8人タッグに。セスのズル勝ちのエンディングだったが、中継延長にせず3時間で終わったので許そう。


 最初の試合はアスカvs.ベッキーから。そりゃ有料PPVやWWEネットワークを買わないライト層もいるんだから、また再戦になって、CMを2度挟んでたからちゃんと尺も貰って、それで組んで貰えるって凄くないか? ケツはどうでもいいことであって、アスカは一般大衆には歴代でもっとも覚えられた日本人選手で間違いない。また、アカデミー賞でもあえて『パラサイト 半地下の家族』の監督が韓国語でスピーチやった、そして作品賞まで取って歴史の転換を世界が見届けたばかりだが、ここでもアスカは日本語マイクで通していた。
 ちなみに普通にベッキー勝利でも面白味がないので、ここでNXTからRAWに移籍となったシェイナ・ベイズラーが登場。血袋ワッペンを剥がすところをディレクターがカメラのスイッチング出来てなくて映像に写ってる(笑)じゃないかと慌てたが、まぁ一般にはわからないだろうからいいか。ということでシェイナ・ベイズラーのキャラは吸血鬼なのであった。それからも番組のアチコチで、ベッキーが救急車に乗るのを拒否とかスキッドが何度も挿入されるんだが、これで抗争プログラムが開始と。


 NXT王者リア・リプリーもRAWに登場。海賊ペイントのサラ・ローガンをスクワッシュするんだが、現地日曜の『NXTテイクオーバー:ポートランド』のビアンカ・ブレア戦予告も番組に何度か挿入されていたから、シャーロットの相手は今のところ確定してないということになるんだが・・・。さて、ベッキー・リンチvs.シェイナ・ベイズラーは『レッスルマニア』までたどり着けるのか否か。途中で「こんなのダメだ」となってしまうかもであって、プロレスはお客様と闘うリアル・スポーツであって、計画だの筋書は反故にされるリスクがある。大人のファンはガチの闘いの底なし沼を楽しんでいるのだ。


 今回のRAWには先週に続いてエンジェル・ガザがセドリック・アレキサンダー戦を組まれるし、戸澤陽もアリスター・ブラックの生贄役だが、番組に出して貰えるだけでも凄いことなのだ。アカデミー賞じゃないが、人選の変化が見られて良かった回だろう。


 ちなみに、去就が注目されているマット・ハーディが、エッジを痛めつけたランディ・オートンに「TLCを創ったのは俺たちなんだ!」と演説やるスキッドも、台詞は自身の言葉のガチなんで印象には残った。最後は当然、極悪ランディにやられるんだが、それはお約束なんだから仕方ない。

 

■ WWE RAW
日時:2月10日
会場:米カリフォルニア州オンタリオ トヨタ・アリーナ

◆アスカ王座戦2連敗。勝利したベッキーはシェイナと因縁勃発!

 “女帝”アスカ(withカイリ・セイン)が“ザ・マン”こと王者ベッキー・リンチとRAW女子王座をかけて再び激突した。前回の王座戦で敗れているにも関わらずアスカは試合前に「ベッキー、めっちゃビビってるやん」といつもの大阪弁で挑発。さらに試合が始まると今度はカイリがベッキーをキュートな仕草で挑発した隙にアスカがヒップアタックを決めてペースを掴んだ。試合中盤にはベッキーがロープ越しのディスアーマーで反撃すると、アスカも豪快なスーパープレックスや腕十字からの三角締めで攻め込んで白熱の攻防を展開。終盤にフォールの奪い合いとなると、アスカがベッキーに裏投げを決められて3カウント。アスカは王座戦2連敗して2冠ならず、ベッキーが再び王座防衛に成功した。

 しかし、試合後にベッキーがベルトを掲げて勝利をアピールしていると、突如シェイナ・ベイズラーが背後から姿を現してベッキーを襲撃。シェイナは必殺のキリフダ・クラッチからなんとベッキーの首に噛みつく凶行で2人の因縁が勃発。その後、一度は病院へドライバーを引きずり出して自分で運転して病院に行った(らしい)ベッキーが戻ってくると「私がお前を見つける前に私を見つけた方がいいぞ」とシェイナに忠告した

◆戸澤、ブラックのブラックマスで敗戦

 “スタミナモンスター”戸澤陽がアリスター・ブラックと激突した。戸澤はそのスピードを生かして攻撃を巧みに避けると2ndロープからミサイルドロップキックをブラックに炸裂。さらに攻撃を狙う戸澤だったが、ブラックの強烈なヒザ攻撃を食らうとダウン。さらに戸澤はブラック必殺のブラックマスでダメ押しを食らうとそのままピンフォールを奪われて敗戦した。

◆セス、マーフィーAOP対KO、サモア・ジョー、バイキング8人タッグ
ケビン・オーエンズが飛びます!

 ジョーもバイキング・レイダースも飛びました。最後はセス・ロリンズのカーブストンプでした。

◆ザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンの娘がWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを開始

 ザ・ロックの娘であるシモーネ・ジョンソンがWWEスーパースターになることを目指しWWEトレーニングセンターで正式にトレーニングを開始した。18歳のシモーネがデビューすれば、史上初の一家で4世代目のレスラーとなる。シモーネは「私の家族にとってレスリングは特別な存在であることは、私にとっても特別なことです。この機会を得ることができ、単にレスリングに打ち込むことだけではなく、家族の伝統を受け継ぐという意味でも嬉しく思います」とコメントした。

◆2021年の「レッスルマニア37」はロサンゼルスで開催

 米国の国民行事であるアカデミー賞授賞式中継のタイミングに便乗して、WWEは2021年の「レッスルマニア37」をロサンゼルスで開催することを正式発表。3月28日(日)、今年の夏にハリウッドに完成するソフィ・スタジアムがその舞台となる。ソフィ・スタジアムは2022年2月にはNFLのスーパーボウルの会場に決定しており、2028年には夏季オリンピックの開会式と閉会式の会場となる予定。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼新日金曜8時とMSG単独-WWEネットワーク方向転換か!?-メディア考

[ファイトクラブ]新日金曜8時とMSG単独-WWEネットワーク方向転換か!?-メディア考

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年02月20日号新日大阪城 金曜8時 WWE 諸岡告訴 スターダム 全日W1 KnockOutNKB