RAWアスカ、シャーロットと連夜のベストマッチ!エッジxRオートン始動

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 ロイヤルランブルが終わったら、レッスルマニアへの仕込みが始まる「翌日のRAW」である。当然ながら選ばれし者となったドリュー・マッキンタイアから番組がスタート。ブロック・レスナー戦への道筋が開始されたことになる。そこにたどり着くまで、またローマン・レインズにするとか、色々迷ったことは想像に難くないが、お客さんもYou deserve itと合唱していたし、新鮮な目玉カードのほうが正解ではなかろうか。


 やはりというか、自前写真もあるのに前日のKick offショーの試合を出さなかったのはアンドラデとウンベルト・カリーヨのUS王座を巡る抗争プログラムである。前日のは野球場に客が入ってくる途中だったとでも言い訳するのか、すぐまた再戦となるんだが、だったら長いKick offショーなんかやめてくれと思ったのは本誌だけではないだろう。

 それにしても3時間、いやまた延長時間までやった番組のハイライトはアスカvs.シャーロットであった。前日、ベッキー・リンチと激闘を繰り広げたにも関わらずである。そもそも『レッスルマニア 34』の名勝負以来、親父リック・フレアーもリッキー・スティムボート戦というか、この抗争プログラムを永遠にやるべきだと広言しているほどであり、結構手が合うのだ。スイングするのである。ケツはお約束というか、フィギュア8になってセコンドのカイリ・セインがガシャンとやるんだが、この試合だけでも今回の放送は見る価値大だろう。


 鳥籠に合わせた動物愛護メタルCattle DecapitationのTシャツ姿エリック・ローワンがいつものスクワッシュ・マッチをやったあとは、番組上のトリはサプライズ登場のエッジのプロモのセグメントになり、お客さんも暖かく復帰を歓迎して「俺にはgrid(格子)がある」と決意表明するのだが、仲間だと思わせておいてランディ・オートンが痛めつけると。これで2020年のレッスルマニアのカードが確定したことになろう。これでイイのだ。

■ WWE RAW
日時:1月27日(現地時間)
会場:テキサス州サンアントニオ AT&Tセンター

◆レスナーとマッキンタイアのWWE王座戦が決定

 ロイヤルランブル戦を制したドリュー・マッキンタイアが番組オープニングに登場した。マッキンタイアは「とても気分がいい! ロイヤルランブル優勝はレッスルマニア行きが決まったということだ。俺はブロック・レスナーに挑戦して奴を倒す」とロイヤルランブル戦で自身が脱落させたWWE王者レスナーへの王座挑戦を表明した。さらにマッキンタイアは「クレイモアパーティだ。誰か俺と対戦する度胸のある奴はいるか?」と問いかけると、そこへルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンが登場して2対1ハンディキャップ戦が決定。マッキンタイアはマジックキラーをかわすと2人をクレイモアで沈めて3カウントを奪取した。するとそこへ“野獣”レスナーが姿を現してマッキンタイアを襲撃。レスナーは背後からマッキンタイアを捕まえて必殺のF5を叩き込むとWWE王座ベルトを掲げてロイヤルランブル戦の報復をを誓った。

 レスナーとマッキンタイアのWWE王座戦が行なわれるPPV「レッスルマニア36」は日本時間4月6日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

◆アスカとシャーロットが激突もカイリのインセイン・エルボーで反則裁定

 ロイヤルランブル戦で優勝した“女王”シャーロット・フレアーがリングに登場すると、「ロイヤルランブルで優勝したぞ! 私の決断で王座戦が決まるけど、まだ考えているの」とレッスルマニアでの王座戦言及をはぐらかすと、そこへカブキ・ウォリアーズが登場した。アスカは「シャーロットおめでとうなんて思わないぞ! 私が出場していたら優勝したのに」と挑発してシャーロットを襲撃すると、そのままアスカとシャーロットの試合が決定。アスカはジャーマン・スープレックスでシャーロットを投げ飛ばすとミサイル・ドロップキックやオクトパスホールドを決めたが、アスカが三角締めなど多彩な関節技で攻め込むと、シャーロットはそのままアスカを持ち上げてパワーボムを炸裂。さらにスピアーを決めたシャーロットがフィギュア・エイトでアスカを追い詰めると、セコンドのカイリ・セインがコーナートップからインセイン・エルボーを放って試合は反則裁定。これに怒ったシャーロットはカイリにビックブーツを放って仕返しした。

◆“毒蛇”オートンが9年ぶりに復帰したエッジをRKOで襲撃

 前日のロイヤルランブル戦で引退から9年ぶりに復帰したエッジがエンディングに登場した。エッジは「みんなの歓声は俺にとって大切な意味を持つ。ありがとう」とファンに感謝を述べると、観衆はWelcome HOMEの大合唱に。「もしも復帰できたらって2度の手術を受け、46歳の俺がベストな状態でここにいる。いつまでできるかわからないが、みんな一緒に楽しんでくれ」と復帰に関して説明した。するとそこへ元パートナーのランディ・オートンが登場してエッジとハグを交わすと「お帰り。エッジは兄弟であり家族だ。どう思うかわからないがもう一度俺とタッグを組むのはどうだ?」とレイテッドRKO再結成を提案。会場からは“YES”チャントが起こってエッジも感情的になったが、突如オートンが裏切りのRKOを炸裂。会場が騒然とする中、さらにオートンは倒れ込んだエッジの頭をパイプ椅子で強打してその残忍さを見せ付けた。


WWE日本公演 「WWE Live Japan」開催決定!!

2020年7月、あの熱狂が横浜・大阪に上陸!!

 WWE日本公演「WWE Live Japan」が来る 7月2日(木)にエディオンアリーナ大阪、7月3日(金)4日(土)の両日に横浜アリーナで開催される。

 この日本公演には中邑真輔、セス・ロリンズ、AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン、ドリュー・マッキンタイア、ボビー・ラシュリー、アンドラデ、アスカ、カイリ・セイン、ベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーの来日が予定されている。

 尚、WWE日本公演の最新情報は、WWE日本語公式WEBサイト、WWE日本語公式ツイッター、フェイスブック、インスタグラム などで決定次第順次更新される。

■ WWE Live Japan (ダブリューダブリューイー ライブ ジャパン)
日時:【大阪公演】 2020年7月2日(木)開場17:30 開演19:00 
   【横浜公演】 2020年7月3日(金)開場17:30 開演19:00
    7月4日(土)開場15:30 開演17:00
会場:【大阪】 エディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区難波中3-4-36)
   【横浜】 横浜アリーナ (横浜市港北区新横浜3-10)
主催:WWE / キョードー東京
企画・制作:WWE / キョードープロデューサーズ
出場予定:中邑真輔、セス・ロリンズ、AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン、ドリュー・マッキンタイア、ボビー・ラシュリー、アンドラデ、アスカ、カイリ・セイン、ベッキー・リンチ、シャーロット・フレアー
※出場予定スーパースターは変更される場合があります。予めご了承ください。

WWE日本公演公式サイト:http://wwe.co.jp/wwelive 
Twitter用ハッシュタグ:#WWE日本公演


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼レッスルマニア計画:ようやく明かされたDマッキンタイヤ優勝のRランブル+ノア売却

[ファイトクラブ]レッスルマニア計画:ようやく明かされたDマッキンタイヤ優勝のRランブル+ノア売却

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年02月06日号ノア身売り拳王潮崎豪 米英対決NXT-Rランブル現地 世界の女ジュリア