テッサ・ブランチャードがタヤ・バルキリーと抗争!Impact Wrestling

(C)TNA

 1月21日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今回の放送では、遂に女子選手として初の世界王座(インパクト世界王座)を奪ったテッサ・ブランチャードがリングでアピール。すると、そこに現ノックアウト王座(女子王座)を保持するタヤ・バルキリーが横やりを入れたのだった。バルキリーは、自分は過去にブランチャードに勝利した事があるという実績を自慢して、自分こそが主役であるとアピール。これに怒ったブランチャードと一触即発となり、ブランチャードはテリー・ミゲル、バルキリーはエース・オースチンとそれぞれ組んで、男女混合ミックスタッグマッチをメインで行う事となった。試合はブランチャードとバルキリーの激しくやりあうも、最後は場外でこの二人が揉み合っている間にオースチンがミゲルからフォールを奪ってバルキリー組の勝利となった。しかし、ブランチャード、バルキリーのどちらかが直接フォールを奪われた訳ではないので、この二人の抗争はまだまだ続きそうだ。
 またメキシコ合衆国での収録という事で、ライノ、ムース、そしてインパクト・レスリングとの提携団体AAA所属のタリウスでトリプルスレッドマッチが行われた。試合は巨漢三人が激しくぶつかり合う展開となり、最後はライノが必殺のゴアをタリウスに決めようとして、間違ってムースに誤爆。そこで漁夫の利でタリウスがムースを抑え込んでフォール勝ち。AAA勢としてタリウスが勝利した。

■ Impact Wrestling
日時:2020年1月121日(現地時間・放送日)
場所:メキシコ合衆国メキシコシティ

<タッグマッチ>
○タヤ・バルキリー、エース・オースチン
 ピンフォール
●テッサ・ブランチャード、テリー・ミゲル

<シングルマッチ>
○ウィリー・マック
 ピンフォール
●ロヒト・ラジュ

<シングルマッチ>
○ハボック
 ピンフォール
●ローズマリー

<シングルマッチ>
○ジョーイ・ライアン
 ピンフォール
●マキシモ

<3WAYマッチ>
○タリウス
 ピンフォール
●ムース
ライノ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ロイヤルランブルからのWWE期-どうなるインパクト-国内再編+女子界

[ファイトクラブ]ロイヤルランブルからのWWE期-どうなるインパクト-国内再編+女子界

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年01月30日号新日AEW極秘ジェリコ主催船上 FantasticaManiaスターダム札止め UFC