テッサ・ブランチャードが王座挑戦権を獲得!Impact Wrestling

(C)TNA

 11月19日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今回の放送では、現在サミ・キャラハンが保持するインパクト世界王座への挑戦権をかけたイリミネーションマッチが行われた。キャラハンと男女愛憎抗争を続けるテッサ・ブランチャード、前王者のブライアン・ケイジ、Xディビジョン王者ながら、最高峰王座への挑戦をぶち上げたリッチ・スワン、虎視眈眈と王座を狙っているマイケル・エルガン、ムース、そして提携団体AAAから参戦しているダガの六人で争われた挑戦者決定戦は、まずはムースとダガでスタート。ムースが必殺のスピアーでダガからフォールを奪うが、続いて現れたスワンがムースを仕留める。そして、今度はエルガンが現れるが、なんとエルガンが反則暴走で失格。そしてスワンとケイジの対戦となるが、エルガンに痛めつけられたスワンはケイジにフォールを奪われてしまったのだった。最後に現れたのはブランチャードで、怪物ケイジに立ち向かっていった。パワーでは圧倒的にケイジだが、必殺のウェポンXでブランチャードを仕留めようとしたところ、ブランチャードが切り返して丸めこんで逆転のフォール勝ち。なんとブランチャードが王座挑戦権を獲得したのだった。同じベビーフェイスであるケイジも、素直にブランチャードを祝福し、憎きキャラハン退治をブランチャードに任せたようだ。そしてブランチャードは悲願の王座戦が決定した事を受けて涙を流して喜んだ。一番、最後に登場だったので有利だったのもあるにしても、これでブランチャードは、初の女性で団体最高峰王座奪取へ向けて動き出したようだ。

■ Impact Wrestling
日時:2019年11月19日(現地時間・放送日)
場所:カナダ・オンタリオ州ウィンザー

<インパクト世界タッグ王座第一挑戦者決定戦>
○テッサ・ブランチャード
 ピンフォール
●ブライアン・ケイジ、リッチ・スワン、マイケル・エルガン、ムース、ダガ

<シングルマッチ>
○ジョーディン・グレース
 ピンフォール
●タヤ・バルキリー

<4WAYタッグマッチ>
○ラスカルズ
 ピンフォール
●デジ・ヒット・スクワット、レノ・スカム、ディーナーズ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
水曜生TV戦争からシカゴ週末連戦へ~NWAジム・コーネット失言問題

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年11月28日号デストロイヤー ノア 新日 大物NY集結 ラウェイ 氏神一番ヤマモ酒