内藤がジェイの首筋にエルボースタンプ連打! 史上初IWGPヘビー&インターコンチ2冠王を巡って前哨戦 新日本11・18後楽園

 年末恒例シリーズ『WORLD TAG LEAGUE 2019』を開催中の新日本プロレス。シリーズ中に後楽園ホール2連戦が2度あるが、18日に最初の2連戦の2日目を迎える。平日にもかかわらず1,504人の観衆に溢れた。

 全8試合で編成されたが、第6試合にはタッグリーグ外の試合として、1・4東京ドーム大会でのIWGPインターコンチネンタル王座戦を争うジェイ・ホワイトと内藤哲也の前哨戦が組まれる。入場したジェイはコーナー上でベルトを誇示した後に、見せつけながら内藤のまわりをぐるりと回った。一方の内藤は目線を合わせず、ジェイの挑発にはつき合わない。

 それでいて、ジェイにダメージを負わせることを狙っていた内藤。ジャンピングエルボーアタックこそ回避されるも、ジェイの首筋に狙いを定めたエルボースタンプを連発。想定外の攻撃に、ジェイは思わず劣勢に立たされる。試合はBUSHIが外道をエムエックスで仕留めたが、試合前とは一転して内藤はリング下のジェイをガン見した。

 ジェイと内藤は史上初のIWGPヘビー&インターコンチ2冠王を狙う者同士。ドーム2連戦の初日一騎打ちで敗れた方が、その瞬間に野望が途絶えてしまう。前哨戦での駆け引きでもファンを楽しませてくれそうだ。

 
■ 新日本プロレス WORLD TAG LEAGUE 2019
日時:11月18日(月)18:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆1,504人(主催者発表)

<第1試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
●カール・フレドリックス
後藤洋央紀
  10分43秒 キングコング・ニードロップ⇒片エビ固め
本間朋晃
〇真壁刀義

<第2試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
マイキー・ニコルス
〇ジェフ・コブ
  9分56秒 ツアー・オブ・ジ・アイランド⇒片エビ固め
●中西学
永田裕志

<第3試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
〇小島聡
天山広吉
  10分43秒 ラリアット⇒片エビ固め
●トーア・ヘナーレ
棚橋弘至

<第4試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
●ランス・アーチャー
鈴木みのる
  10分44秒 体固め
〇コルト・カバナ
矢野通

<第5試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
●チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ
  7分08秒 GAME OVER
高橋裕二郎
〇KENTA

<第6試合>
●外道
ジェイ・ホワイト
  12分20秒 エムエックス⇒エビ固め
〇BUSHI
内藤哲也

<第7試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
●テリブレ
鷹木信悟
  12分34秒 垂直落下式ブレーンバスター⇒片エビ固め
YOSHI-HASHI
〇石井智宏

<第8試合 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦>
〇タイチ
ザック・セイバーJr.
  17分04秒 ザックメフィスト⇒片エビ固め
●デビッド・フィンレー
ジュース・ロビンソン


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]4強不在でもタッグ祭典熱狂 内藤とジェイは公式戦外で火花 新日本11・18後楽園

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年11月28日号デストロイヤー ノア 新日 大物NY集結 ラウェイ 氏神一番ヤマモ酒