新旧ミスティコが組んだテクニコ軍が勝利!CMLLアレナメヒコ金曜日

(C)CMLL

 9月20日(現地時間)にメキシコシティ・アレナメヒコで『アレナメヒコ金曜定期戦』が開催された。
 メインは新旧ミスティコ(カリスティコ、ミスティコ)がエル・バリアンテと組んだテクニコ軍が、ネグロ・カサス、エウフォリア、グラン・ゲレーロのルード軍と激突。まさに典型的なテクニコ対ルードという対決なり、一本目はルード軍が圧倒し勝利したものの、二本目はバリアンテが大物ルード、カサスをジャベで仕留め、そして三本目は新旧ミスティコがラ・ミスティカの共演で勝利。人気テクニコ軍が見事に勝利となった。
 セミファイナルではCMLL年間最大興行「アニベルサリオ」のメインで行われる敗者髪切り金網戦に出場する事になった7人のうち6人が6人タッグマッチで激突した。シベル・ザ・メインマン(シベルネティコ)、バルバロ・カベルナリオ、ボラドールJr.対ウルティモ・ゲレーロ、ジルベール・エル・ボリクア(エル・メシアス)、ビッグ・ダディというボラドールJr.以外はルード。ゲレーロとシベル、ボリクアは三角関係となっており、更にカベルナリオとダディが抗争中、ボラドールJr.はややダディ寄りという複雑な関係の中、6人が入り乱れる大乱戦となるが、どちらがゲレーロを倒すかで揉めているシベルとボリクアがリングで対峙、ボリクアのスピアーが決まってフォール勝ち。ゲレーロの首を狙いAAAから乗り込んできた外様の大物ルード2人の意地の張り合い、今回はボリクアが一歩リードという形となった。試合後、ゲレーロがシベルに向かって、お前を丸坊主にすると挑発すれば、他の選手も次々とアピールし、収集がつかなくなった。この大抗争はアニベルサリオまで続きそうだ。

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2019年9月20日(現地時間)
会場:メキシコ合衆国メキシコシティ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○カリスティコ、ミスティコ、エル・バリアンテ
 2-1
●ネグロ・カサス、エウフォリア、グラン・ゲレーロ

<6人タッグマッチ>
●ウルティモ・ゲレーロ、ジルベール・エル・ボリクア(エル・メシアス)、ビッグ・ダディ
 2-1
●シベル・ザ・メインマン(シベルネティコ)、バルバロ・カベルナリオ、ボラドールJr.

<シングルマッチ>
△ソベラノJr.
 引き分け
△テンプラリオ

<6人タッグマッチ>
○エチセロ、フェリーノ、イホ・デル・ビジャノ3号
 2-1
●フライヤー、ドゥルセ・ガルデニア、アトランティスJr.



※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼北米プロレスのバブル期開始!新日は1・6大田区まで追加の必死!?

[ファイトクラブ]北米プロレスのバブル期開始!新日は1・6大田区まで追加の必死!?

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年10月03日号鬼神ジェイDESTRUCTION神戸 北米バブル秋TV改編 中川達彦 長州地獄