ジェイソン・ソアレスが一本勝ちで王座防衛!Titan FC 56

(C)Titan FC

 8月23日(現地時間)にフロリダ州フォートローダーデールで『Titan FC 56: Soares vs. Whitney』が開催された。
 UFC、ベラトール、PFLに次ぐ北米第4のメジャー団体となっているタイタンFCは全米生中継だけでなく、UFCファイトパスでも中継されている。その為か、UFCの大会と同日同時刻に重ならない様に開催されるようになった。一応、他団体ではあるが、ベラトールの様にUFCと敵対している訳ではなく、協力体制という感じだ。
 今大会ではフェザー級王座戦が組まれ、王者ジェイソン・ソアレスがアンドリュー・ウィットニーの挑戦を受けた。ソアレスは現在五連勝で、下馬評は当然、王者が圧倒的有利となっている。ソアレスはこれで勝利して、UFCとの契約を勝ち取りたいところ。そして試合はソアレスが圧倒、2Rに腕十字を極めて見事に一本勝ちを果たした。メインカードで判定の試合が連発していた中、メインで華麗に一本勝ちを極め、ソアレスはUFC入りをアピールしたという形になった。

■ Titan FC 56: Soares vs. Whitney
日時:2019年8月23日(現地時間)
会場:アメリカ合衆国・フロリダ州フォートローダーデール

<フェザー級王者多雨とるマッチ>
○ジェイソン・ソアレス(王者/米国)
 2R 4分39秒 腕十字
●アンドリュー・ウィットニー(挑戦者/米国)

<ライト級>
○カイオ・ウルグアイ(ブラジル)
 判定 2-1
●ブルース・ラッチメディアル(カナダ)

<ライト級>
○シャヒーン・サンタナ(米国)
 判定 2-1
●リー・リリー(米国)

<バンタム級>
○レイモンド・ラモス(米国)
 判定 3-0
●ケニー・ポーター(米国)

<フェザー級>
○ランドン・キノネス(米国)
 1R 0分56秒 TKO
●カルヴィン・グローバー(米国)

<バンタム級/5分3R>
○ダニー・サバテーロ(米国)
 1R 1分41秒 TKO
●フィリップ・ケーラー(米国)



※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]7・28『RIZIN.17』さいたまスーパーアリーナ大会深淵分析と6時間興行

[ファイトクラブ]7・28『RIZIN.17』さいたまスーパーアリーナ大会深淵分析と6時間興行

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年08月29日号RIZIN堀口敗退 新生KnockOut AEW-NXT 浅草橋シュート活字 ラウェイ

’19年08月22日号徹底検証特集!G1武道館3連戦-WWEトロント4連戦 新間寿殿堂祝う会