バンコク殺人医師ペトロシアンKOで両国決勝へ!女子注目スタンプ!ペッダム陥落エナッシONEフライ級戴冠

(c)ONE Championship

 16日、タイのバンコックからの中継はやはり四角いリングだ。メインでは地元の声援を受けるペッダム・ペッティンディーアカデミーが、ライオンキング衣装とダンスで、例によって髪の毛をカラフルに染めてきたのだが、オランダはEnfusion王者のイリアス・エナッシがONE初登場、王座初挑戦にして戴冠を成し遂げた。
 100万ドル賞金トーナメントでは、日本でもおなじみのザ・ドクターことジョルジオ・ペトロシアンが、地元タイのジョー・ナタウットをKOで沈めて10・13『ONE 100:Century』両国国技館での決勝戦に駒を進めている。もっとも「東京は嫌い」とのことなんだが・・・。

 すでにキックとムエタイ二冠王である“立ち技最強女王”スタンプ・フェアテックスがMMA戦に挑み、裸締めでアシャ・ロカから一本。入場のダンスといい、ルックスもあるから人気が出るだろう。アトム級は駒が揃ってきた。
 日本人選手では、健太と朴光哲が敗退。シンガポールのイヴォルブMMAに移籍した澤田龍人は、裸締めで勝利を手にしている。

■ ONE: DREAMS OF GOLD
日時:8月16日(金)
会場:タイ バンコク インパクトアリーナ

<第14試合 メインイベント ONE キックボクシング フライ級(61.2kg)チャンピオンシップ 3分5R>
●ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ/王者)※初防衛戦
 3R 59秒 KO
○イリアス・エナッシ(オランダ/挑戦者、ENFUSION 60kg級王者)

<第13試合 ONE キックボクシング フェザー級(70.3kg)ワールドGP準決勝 3分3R>
●ジョー・ナタウット(タイ)
 1R 2分50秒 左ストレートKO
○ジョルジオ・ペトロシアン(アルメニア/イタリア)

<第12試合 女子アトム級MMA>
○スタンプ・フェアテックス(タイ/ONEキックボクシング&ムエタイ王者)
 3R 1分29秒 裸締め
●アシャ・ロカ(インド)

<第11試合 ONE キックボクシング フェザー級(70.3kg)ワールドGP準決勝 3分3R>
○サミー・サナ(フランス)
 判定2-0
●ジャバル・アスケロフ(ロシア)

<第10試合 MMA フェザー級(56.7kg) 5分3R>
○アレックス・シウバ(ブラジル/元王者)
 2R 4分55秒 腕ひしぎ十字固め
●ステファー・ラハディアン(インドネシア)

<第9試合 ムエタイ バンタム級(65.8kg) 3分3R>
○ムアンタイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)
 判定3-0
●健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)

<第8試合 MMA フェザー級(70.3kg) 5分3R>
○タン・リー(米国/ベトナム)
 1R 1分28秒 右フック⇒レフェリーストップTKO
●朴 光哲(KRAZY BEE/元ONEライト級王者)

<第7試合 ムエタイ フライ級
●サバス・マイケル(キプロス)
 2R 29秒TKO
○ルーシーラ・プーケットトップチーム(タイ)

<第6試合 MMA フェザー級(70.3kg) 5分3R>
○ユサップ・サーデュラエフ(ロシア)
 判定3-0
●キム・デファン(韓国)
※上久保周哉(TRI.H studio)はバンコクに到着後、右目の負傷ドクターストップとなりデファンが代打

<第3試合 MMA ストロー級(56.7kg) 5分3R>
○澤田龍人(イヴォルブMMA)※AACCから所属変更
 1R 1分09秒 裸絞め
●アジズ・カリム(インドネシア/フィリピン)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼世界潮流取り残される日本とWWEのAEW潰し「水曜生TV戦争」開戦

[ファイトクラブ]世界潮流取り残される日本とWWEのAEW潰し「水曜生TV戦争」開戦

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年08月29日号RIZIN堀口敗退 新生KnockOut AEW-NXT 浅草橋シュート活字 ラウェイ