KUSHIDAが出戻りアポロ・クルーズをサクラバロックで仕留める”地殻変動”NXT配信

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 番組はマット・リドルがブラジル・リオからのリングネーム=フアスというカポエラ男をMMA風味のグランド&パウンドで仕留めるところから。しかし、復帰したアイルランド戦士キリアン・デインが乱入して、花道の傾斜を突き破って落とすことで、実況のマウロ・ラナーロが久しぶりの「マンマ、ミア~!」と。

 NXTは録画ということもあり、順番とかも考えてある。出戻りのタイラー・ブリーズが、「誰か仲間を作るのか、それとも」と、フォゴットン・サンズとのスキッドがあって、一方で先週のおさらいで、「友達なんか要らない」の紫雷イオの復習も流すと。そこから、KUSHIDAの試合になり、同じく出戻りのアポロ・クルーズがフルセイルで温かく迎えられるという番組構成である。流れが一貫しているからRAWのように「なんでやねん」と思考が止まることがない。そして先週に引き続き、キングダムの栄光と亡霊ダブルリスト・ロックが桜庭ロックとして蘇るのである。

 番組の締めは、王者アダム・コールにジョニー・ガルガノが飛び掛かる、と。来週も必見だと思わせてのプロレス番組なのだ。

◆KUSHIDAがクルーズ撃破して6連勝の快進撃

 KUSHIDAがSmacjDown所属のアポロ・クルーズとNXTで激突した。パワーに勝るクルーズが強烈なドロップキックから、片手で持ち上げての滞空時間の長いブレインバスターやベリー・トゥ・ベリーで攻め込むと、KUSHIDAはお返しとばかりにハンドスプリング・エルボーからドロップキックで反撃。さらにKUSHIDAがオーバーヘッドキックを放てば、クルーズも延髄斬りで対抗して拮抗した攻防を展開するも、最後はKUSHIDAがコーナー上の攻防で飛び付き腕十字固めを決めると、嫌がるクルーズをホバーボードロック(サクラバロック)で捕まえてタップ勝ち。KUSHIDAはNXT6連勝の快進撃で無敗記録を更新した。
 試合後のインタビューでKUSHIDAは「ある人に“NXTは大当たりを取った”と言われたけど、僕こそがその大当たりだ! 次の対戦相手“Who’s next?”誰がくるのか楽しみにしています」と次戦への期待を語った。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

[ファイトクラブ] AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月25日号エクストリーム・ルールズ SEAdLINNNG Evolve AEW G1 ラウェイ決勝