キックボクシング・イノベーション団体対抗戦! vs. レベルス vs. シュートボクシング、団体王座決定戦!~『Join Forces-14』新宿FACE大会!

※トップ写真:メインの対抗戦・大将戦でKO勝ちし、INNOVATIONスーパーライト級王座を獲得した橋本悟

 7月15日(月祝)東京・新宿FACEで開催されたJAPAN KICKBOXING INNOVATION主催『Join Forces-14』。INNOVATION(イノベーション)vs. REBELS(レベルス)、SB(シュートボクシング)との3対3団体対抗戦に、団体内王座決定戦、ランキング戦が行われた。
 団体対抗戦では、対REBELSとは2勝1敗、対SBとは3勝(3KO)0敗とINNOVATION側が勝ち越した。 

■ JAPAN KICKBOXING INNOVATION『Join Forces-14』
日時:2019年7月15日(月祝) 16:30開場 16:45開始予定
会場:新宿FACE(東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F)
公式サイト:http://kick-innovation.com/

【試合結果】
(選手名上段が赤コーナー、下段が青コーナー)
<第12試合 INNOVATIONスーパーライト級王座決定 INNOVATION×REBELS 3vs3対抗戦大将戦 3分5回戦(延長1R)>
○橋本 悟(橋本道場/INNOVATIONスーパーライト級2位、MuayThaiOpenスーパーライト級王者、元INNOVATIONライト級王者)
 2RTKO 2分36秒 ※レフェリーストップ 
●潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/INNOVATIONスーパーライト級1位、元WPMF日本スーパーライト級王者)
※橋本を新王者に認定


 橋本は2R潘を肘でカットし、ドクターチェックを呼び込む、焦る潘に右フックをヒットさせ足元がおぼつかなくなったところでレフェリーがストップをかけた。これにより、イノベーションは、対抗戦を勝ち越し、橋本は、INNOVATIONスーパーライト級王座も獲得した。

<第11試合 INNOVATION×REBELS 3vs3対抗戦 中堅戦 67.5kg契約 3分3R>
●番長 兇侍(Hardworker/INNOVATIONウェルター級王者)
 1RTKO 1分46秒 ※セコンドからタオル投入
○UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS 65kg王者 )

 UMAが番長の目の周辺にヒジを当て、ダウンを奪う。動きの落ちた番長にUMAは追撃をかけ2度目のダウンを奪ったところでタオルが投入され、UMAが快勝した。

<第10試合 INNOVATION×REBELS 3vs3対抗戦 58.5kg契約 3分3R >
○久井 淳平(多田ジム/INNOVATIONスーパーフェザー級王者)
 3RTKO 0分20秒 ※左肘打ちによる額のカットでドクターチェックからレフェリーストップ 
●浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉/ILFJ認定FRONTIER ラウェイ勝者、元WPMF 日本スーパーバンタム級王者)

 1R、2Rとほぼ互角の展開で進んだ最終3R久井の肘がカウンターで決まり、浜本が額から出血、レフェリーストップで久井が勝利した。

<第9試合 INOVATIONスーパーバンタム級(55.34kg)王座決定戦 3分5回戦(延長1R)>
○岩浪 悠弥(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級1位、同バンタム級王者、元同フライ級王者、元WBCムエタイ日本フライ級王者)
 判定3-0(和田50-46、センチャイ50-46、大沢50-46)
●和斗(井上道場/INNOVATIONスーパーバンタム級2位)
※岩浪を新王者に認定

 構えをスイッチして試合のペースを握り続けた岩浪が完勝でINOVATIONスーパーバンタム級王座を獲得した。

<第8試合 INNOVATIONフェザー級王座決定戦 3分5回戦(延長1R)
○宮元 啓介(橋本道場/WPMF世界スーパーバンタム級王者、元WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王者、元WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者、元INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元MA日本スーパーバンタム級王者)
 判定1-1(北尻48-49、センチャイ49-48、和田49-49)→延長マスト判定3-0(北尻10-9、センチャイ10-9、和田10-9) 
●直也(Versus/INNOVATIONフェザー級3位)
※宮元を新王者に認定


 本戦5R 1‐1の判定で引分だったが王座決定戦の為、サドンデス延長戦が行われ、宮元が判定勝利で6本目のベルトを獲得した。

<第7試合 INNOVATIONスーパーフェザー級挑戦者決定トーナメント決勝戦 3分5回戦(延長1R)>
○櫻井 健(Hardworker/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
 3RTKO 1分22秒 ※右肘打ちによる額のカットでドクターチェックからレフェリーストップ 
●マサル(MONKEY☆MAGIC/INNOVATIONスーパーフェザー級4位)

 ベテランのマサルが1R右ストレートでダウンを奪うが、3R櫻井の肘で額をカットされ、ドクターチェックでストップがかかった。 

<第6試合 INNOVATION×シュートボクシング 3vs3対抗戦 大将戦 65kg契約 3分3回戦 ※肘打ちなし>
○与座 優貴(橋本道場/極真会館2017全世界ウェイト制軽量級優勝)
 1RKO 2分30秒
●イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/シュートボクシング協会/SB日本スーパーライト級7位)

<第5試合 INNOVATION×シュートボクシング 3vs3対抗戦 中堅戦 62.5kg契約 3分3回戦 ※肘打ちなし>
○紀州のマルちゃん(武勇会/INNOVATIONライト級9位)
 1RKO 2分9秒
●土佐丸(シュートボクシング摂津富田ジム/シュートボクシング協会/SB日本ライト級2位)

<第4試合 INNOVATION×シュートボクシング 3vs3対抗戦 先鋒戦 56kg契約 2分3回戦 ※肘打ちなし>
○遊羅(マイウェイスピリッツ)
 1RTKO 1分14秒 ※レフェリーストップ
●翔汰(Sublime guys)

<第3試合 INNOVATIONフライ級50.8kg INNOVATIONランキング査定及びルンピニージャパン認定マッチ 3分3回戦>
○花岡 竜(橋本道場/アマチュア28冠王)
 3RTKO 2分21秒 ※レフェリーストップ 
●平松 侑(岡山ジム/INNOVATIONフライ級7位)

<第2試合 ジム対抗戦 スーパーフライ級(52.16kg) ルンピニージャパン認定マッチ 3分3R>
●光喜(マイウェイジム)
 判定0-3(北尻28-30、和田27-30、神谷28-30)
○スダ456(BRING IT ONパラエストラAKK)

<第1試合 INNOVATIONフェザー級57.15kg INNOVATIONランキング査定及びルンピニージャパン認定マッチ 3分3R>
△井上 竜太(Hardworker)
 引分1-0(大沢29-28、北尻29-29、和田29-29)
△真田 貴望(武勇会/INNOVATIONフェザー級10位)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

[ファイトクラブ] AEW-WWE-G1大会衝突!格闘技ONE-Bellator-UFCマット界一網打尽KO

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月25日号エクストリーム・ルールズ SEAdLINNNG Evolve AEW G1 ラウェイ決勝