6・20後楽園『ストロングスタイルプロレスVol.2』目前! スーパータイガー、森井洋介と猛特訓!!

 6月12日(水)東京・荒川区の野良犬道場においてリアルジャパンプロレスが記者会見を行い、同時に6・20後楽園大会のメインでおこなわれる『スーパー・タイガー&船木誠勝vs.藤田和之&ケンドー・カシン』を前に、レジェンド王者のスーパー・タイガーの練習を公開した。 

 スーパータイガーはキックボクシングの全日本スーパーフェザー級王者・“野良犬2世”森井洋介をパートナーにサンドバッグ打ち、タイヤ蹴り、スパーリングなどを披露。タックル対策としてのヒザ蹴りなども入念にチェックした。練習後のスーパーはリアルジャパン平井丈雅代表、森井洋介をまじえ、質問に答える形で試合に向けての意気込みを述べた。
(写真&文・新井宏)

――藤田和之&ケンドー・カシン組との対戦を前に練習を公開したのは?
スーパータイガー「いろんな世間の取り方というか、プロレスとしてのあり方だったり、いろいろあると思うんですけど、ボクはやっぱり純粋に強さの部分を追求して藤田選手、カシン選手に対して真摯な気持ちでぶつかっていくという、そういう思いを公開練習でKNOCK OUTの森井選手とやっているという部分をしっかりと世間にアピールしたいというのがあります」

――船木とのタッグでこの試合に臨むが。
スーパータイガー「ストロングスタイルの象徴として、やっぱり船木選手というのはボクにとって心強いです」

――今回タッグマッチではあるが、狙いは藤田? それともカシン?
スーパータイガー「カシン選手にはリアルジャパンでの貸し借りがまだ終わっていないんですけど、やっぱり藤田選手はすごく魅力的な選手なので、ボクはそこを超えていかないと。令和を迎えてストロングスタイルというものを古いものにしたくないという、新しい形となったストロングスタイルを世間に見せていきたいというのがボクの中ですごく燃えている部分があります」

――藤田は以前から気になる存在だった?
スーパータイガー「アントニオ猪木最後の弟子という部分で、私も初代タイガーマスク・佐山サトルの弟子として絶対に超えなければいけない存在だというのは常々思ってましたので。これまではどうしても遙か先にいらっしゃる方だったので、今回闘うチャンスを平井代表がリアルジャパンの今後をしっかり見定めた指針の部分で組んでいただいたので、そういう意味でも精一杯応えていきたいと思います」

――藤田はリアルジャパンのベルト総取りを宣言しているようだが、そうなるとスーパーのレジェンド王座を狙ってくるのではないか。
スーパータイガー「そうですね。総取りというほど数はないですけど(苦笑)。まずは今回カシン選手ともまたぶつかりたいですし、船木選手と2人が闘う部分もボクとしてもやっぱりまた勉強になりますので」

――シングルマッチを見据えての対戦になる?
スーパータイガー「そうですね。藤田選手ともカシン選手とも、両方と当れる思いで今回はしっかりと見据えて闘っていきたいと思います」

――カシンがいるだけに、大荒れの展開も予想されるが。
スーパータイガー「それはもう十二分に予測していますので、それも踏まえて。船木選手も逆にそういった部分をまたカバーしてくださるのかなと。ボクも、どうしても熱くなるとまっすぐしかいけないので、そういった部分は名参謀として船木選手がいてくれるのは心強いです」

――船木とのチームということは事実上リアルジャパンのツートップと言えると思うが、この2人で迎え撃つことに関して。
スーパータイガー「もう出し惜しみなくぶつかれるというのは、平井代表の心意気が今回のマッチメークに表れていると思います」

――森井は練習のパートナーをつとめたが、スーパー・タイガーの印象は?
森井洋介「回し蹴りも見て、すごい攻撃の強い選手だなと。飛びヒザ蹴りにしろ、ローキックにしろ、やっぱり強いなと思いました」

――スーパーはなぜ野良犬道場で?
スーパータイガー「先ほども言ったように、私はプロレスというものに対して真摯にぶつかっていきたい。根本は、プロレスというのは格闘技であって、その中でも一番強いのはプロレスなんだという思いを出したいという部分でこの旧・藤原ジムであり、この小林聡の野良犬道場、そして森井チャンピオンと公開練習をやることで世間にしっかりアピールしていきたい。そういった思いで。今回、藤田選手、やっぱりみなさんも記憶にあると思うんですけど、ミルコ(・クロコップ)選手とやったときのヒザ蹴り、切り裂くようなあのタックルにいかにあわせるか。あともう一つポイントがあるなと思うのが、プロレスでいうところのエルボー。これは森井選手からまたムエタイのタイ式の切り裂くヒジ打ちというのを今後学んでいきたいなと。それを試合までにマスターして、どこかで森井スペシャル(笑)。えっ! というところで切り裂くというのもまた新しいのかなと思いますね」

――KNOCK OUTはエルボーが勝ち方の一つとして成立している団体。そこでチャンピオンになった森井が、(スーパーに)切り裂くエルボーを伝授していく?
森井洋介「そうですね、ボクでよければいろんな打ち方があるので伝授できたらなと思っています。切るだけじゃなく倒すヒジもあるんで、ハイ」

――カシンからメッセージが届いているが。
平井丈雅リアルジャパン代表「えっ!?」

Sタイガーと平井代表

カシンから届いたというメールでのメッセージが読まれる。
ケンドーカシンメッセージ「ケンドー・カシンでございます。僭越ではございますが、はぐれIGFを代表いたしまして、わたくしから一言ご挨拶をさせていただきます。
マスコミの皆様、本日はご多用のところスーパー・タイガー、平井代表のためにお集まりいただきまして誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。さて、6月20日の試合ですが、結果の如何を問わず次の大会で昨年からまったく防衛戦がおこなわれていないレジェンド選手権とUWAアジアパシフィック選手権を賭けた和製ドウェイン・ジョンソンこと藤田和之vs.スーパー・タイガーのシングルマッチ、須麻比(すまひ)第1回大会の早急な開催を要求する所存でございます。誠に勝手なお願いではございますが、マスコミの皆様のご指導とご鞭撻を賜りたく思っております。そして最後に平井代表、『壊れかけのRadio』を一曲歌ってこの会見を締めましょう。ではご機嫌よう、さようなら」
平井丈雅リアルジャパン代表「須麻比まで…(絶句)今カシン選手からメールが来たのですか?」

※須麻比は初代タイガーマスク佐山聡が協会会長を務める、日本武道の原点

――ちょうどいま、読んでくれと(メールが届いた)。
平井丈雅リアルジャパン代表「…」

――防衛戦はどうする?
平井丈雅リアルジャパン代表「先ほどスーパー・タイガーも言っていましたように、今回、藤田選手、ケンドー・カシン選手と闘って、その内容を見据えた形でレジェンド王座の防衛戦の実施は、もちろん見据えております」

――UWAアジアパシフィック王座に関しては? チャンピオンは岩崎孝樹だが。
平井丈雅リアルジャパン代表「いまチャンピオンは岩崎選手なので、一旦持ち帰らせていただきます。とにかくウチのベルトは初代タイガーマスクから引き継いだ多くのチャンピオンを経て、いまスーパー・タイガーが腰に巻いていますレジェンド王座なので、なにかあればレジェンド王座を賭けてやるということは当然リアルジャパンとして覚悟しなければいけないことだと思っています。ただ、ケンドー・カシン選手のやり方というのは、本当にその瞬間瞬間で予想がつかないので、どう対応していけるかというのをちょっと不安ではありますけども、受けて立つしかないという感じです」
スーパータイガー「私はもういつでも。今回も、お話いただいたときにまずどちらで来るかなと。今回、カシンさんも含め、そして船木さんもいらっしゃったんでタッグマッチになりましたけども、私はもういつでもタイトルを賭けてやる自信があるので」

最後は平井丈雅リアルジャパン代表が
「今回は本当に大きな勝負になりますね」
と、締めくくった。

 レジェンド王者が貪欲に新たな武器を求めてまで迎え打つ、はぐれIGFインターナショナル軍団とのメイン他、好カードが並んだ6・20後楽園決戦『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2』はまもなくゴング!!

■ ストロングスタイルプロレス実行委員会
 初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.2
日時:6月20日(木) 開場17:30 開始18:30 
会場:東京・後楽園ホール

<第6試合 メインイベント タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス/第13代レジェンド王者) 船木誠勝(フリー)
 vs.
藤田和之(はぐれIGFインターナショナル) ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)
※藤田和之はリアルジャパンプロレス初参戦。カシンは、2017年04月27日(木)後楽園大会以来約2年振りの参戦。

<第5試合 セミファイナル シングルマッチ 45分1本勝負>
関本大介(大日本プロレス)
 vs.
タカ・クノウ(チーム太田章)

※過去の両者の対戦は、2017年09月14日(木)後楽園ホール大会でタッグマッチで実現。関本が、タカ・クノウのパートナー、間下隼人をカダ式背骨折りで下している
タカ・クノウ(チーム太田章) ●間下隼人(リアルジャパン)
 13分28秒 カナダ式背骨折り 
〇関本大介(大日本プロレス) LEONA(ドラディション)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
アレクサンダー大塚(AO/DC) 崔領二(ランズエンドプロレスリング)
 vs.
竹田誠志(フリー) 岩崎孝樹(ガンバレ☆プロレス/UWAアジアパシフィック王者)
※竹田誠志はリアルジャパンプロレス初参戦

<第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
ロッキー川村 (パンクラスイズム横浜)
 vs.
間下隼人(リアルジャパンプロレス)
※ロッキー川村は元ミドル級キング・オブ・パンクラシスト。元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシストの実力者

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
“ゴールデン・ロッカーズ”雷神矢口(浅草プロレス) 山本SAN(COMBO)
 vs.
南野タケシ(フリー) 那須晃太郎(ランズエンドプロレスリング)
※雷神矢口と山本SANが新ユニット『ゴールデン・ロッカーズ』を結成! (金髪&ロックバンドが共通点)
※山本SANは約3年振り、南野タケシは約4年振り、那須晃太郎は約3年振りのリアルジャパンプロレス参戦となる

<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)
 vs.
将軍岡本(ブードゥー・マーダーズ)

※負傷など、やむを得ない事情により出場選手は変更の可能性あり

主催:ストロングスタイルプロレス実行委員会
問合せ :ユーレカ事務局 03(3833)3662
■席種・料金:VIP席(特典付):12,000円/RS席:8.000円 /A席:6.000円
B席5.000円/トライアルシート:3,000円
■チケット販売所:
e+(イープラス):https://eplus.jp/tiger/(パソコン&スマートフォン)、
ファミリーマート店内Famiポート、ぴあ、ローソン、後楽園ホール他。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ストロングスタイルプロレスの現状と今後への提言

[ファイトクラブ]ストロングスタイルプロレスの現状と今後への提言

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年07月04日号WWEヤバッ AEW/新日 長州/猪木引退 リアルジャパン 闇営業/逃亡者