ECW同窓会!サブゥー、RVD、トミー・ドリーマーがそろい踏み!インパクト・レスリング!

(C)TNA

 5月24日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今回の放送では、インパクト・レスリングに復帰したハードコアレジェンドであるロブ・ヴァン・ダムが、なんとトミー・ドリーマーとシングルマッチを行った。共に伝説のハードコア団体ECW育ちのスーパースター二人がシングルマッチという同窓会的なカードとなった。そして試合も当然ECWのエクストリームルールで行われたが、これまたECW的に何でもありで、椅子を使った激しい展開。会場からは大ECWコールが巻き起こった。試合は最後、ヴァン・ダムが必殺のファイブスター・フロッグ・スプラッシュで勝利。しかし、試合後に事件が巻き起こったのだった。それはザ・ノースがヴァン・ダムとドリーマーを試合後に襲撃。これをヴァン・ダムとドリーマーが迎撃するも、更に怪物ムースまで乱入し、ECWレジェンドを襲う。すると会場が暗転し、再び明かりがついた時、なんとリング上には同じくECWレジェンドにして、インディーの帝王であるサブゥーが現れたのだった。サブゥーは椅子でザ・ノースを椅子で迎撃すると、ヴァン・ダムがヴァン・ダミネーターでムース退治。ECWレジェンドのあまりの強さにザ・ノースやムースは追い払われ、ECW同窓会として大いに盛り上がった。
 またインパクト世界タッグ王座戦として、王者LAXが、イーサン・ペイジとジョシュ・アレキサンダーが組んだ強力タッグチーム、ザ・ノースの挑戦を受けたが、こちらは、LAXが王座防衛。まだまだ新参タッグチームには王座を明け渡さないという意地を見せた。

■ Impact Wrestling
日時:2019年5月24日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア

<シングルマッチ>
○ロブ・ヴァン・ダム
 ピンフォール
●トミー・ドリーマー

<4WAYマッチ>
勝者:デズ
参戦選手:ロヒト・ラジュ、ピーティー・ウィリアムス、エース・オースチン

<シングルマッチ>
-グレン・ギルバーティ(ディスコ・インフェルノ)
 ノーコンテスト
-アシュリー・ヴォックス

<インパクト世界タッグ王座>
○LAX(サンタナ&オルティス)(王者)
 ピンフォール
●ザ・ノース(イーサン・ペイジ&ジョシュ・アレクサンダー)(挑戦者)

<ノックアウト王座タイトルマッチ>
○タヤ・バルキリー(王者)
 ピンフォール
●マディソン・レイン(挑戦者)

<シングルマッチ>
○サミ・キャラハン
 ピンフォール
●ファラー・バー



※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼WWE悪戦苦闘-新日G1ジョン・モクスリー!?-AEW後出しジャンケン続く

[ファイトクラブ]WWE悪戦苦闘-新日G1ジョン・モクスリー!?-AEW後出しジャンケン続く

▼青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

[ファイトクラブ]青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年06月06日号AEW旗揚げ 新日板挟み WWE苦悩 SEAdLINNNG外様王者 パンクラス足踏

’19年06月13日号BOSJオスプレイ鷹木 NXTテイクオーバー W1才木 RIZIN神戸 青木篤志