[ファイトクラブ]テキサス殿堂博物館-AEW/WWEサウジ-Rフレアー/Aマッサーロ-24/7

[週刊ファイト5月30日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼テキサス殿堂博物館-AEW/WWEサウジ-Rフレアー/Aマッサーロ-24/7
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編 photo by George Napolitano他
・テキサス州ウィチタフォールズの殿堂博物館!向かいプロレス会場
・ブッチャー、ボブ・ループ、ゴリー・ゲレロ、レッドシューズ・ドゥーガンも
・MITB面白かったがWWE-FOX移行でベルト新設世界王座発表のAEWに対抗
・サウジ拒否!Dブライアン&Kオーエンズ6・7『Super Showdown』論争
・訃報!DIVA発掘企画’05優勝アシュリー・マッサーロ首吊り自殺うつ病
・本誌はなぜ「リック・フレアー危篤」説を取り上げなかったか
・WWEがDDTになってしまった!? 24/7新設王座の魅せ方に非難轟々


―― まずは、本誌独占になる、英語名Professional Wrestling Hall of Fame & Museum(通称PWHF)の殿堂入り式典から。なにしろ、トップ画像にあるように、ジョージ・ナポリターノ記者も藤波辰爾と一緒に2017年に受賞しています。

オフレコ なんだ、お前らは自分ところの記者と選手のスナップショットを出すのかと言われるかもだけど、そうじゃない。立派に本人も殿堂入りしているから。まさにレジェンドの集合写真になる。

―― WWEのやってるご都合主義の「殿堂入り」と違い、どこのプロモーションからも影響されないことを売りにしています。常設の博物館も兼ねたところが特徴で、18年前にニューヨーク州にあるアムステルダムで始まりました。せっかく凄い展示の数々がコレクションされているというのに、アムステルダムは遠い、市内じゃないからなかなか全国からファンが来てくれないとなって、3年前から二度目の移転先テキサス州ウィチタフォールズに落ち着きました。ウィチタフォールズは知られた町ですし、市内ですからどうか皆さん来てくださいと。

ステーキRIBERAのスカジャン他、至るところに日本からのポスターや写真なども展示されている。

ブッチャー、ボブ・ループ、ゴリー・ゲレロ、レッドシューズ・ドゥーガンも

オフレコ カテゴリー別に「テレビ時代」とか、「モダンエラ=近代」、ナポリターノは「プレス」部門と分かれているけど、まぁ今年の主役は車椅子のアブドーラ・ザ・ブッチャーだね。『ジャイアント馬場追善興行』で引退式やったことは米国のマニアにも伝わっているから。

―― 通常は、電子書籍収録が「完全版、拡大版」ということで、一般公開のブログで速報した分も再録するのが通例ですが、あまりに写真点数が多くてすべて紹介しきれないので、今回は重複ご勘弁と。ゴリー・ゲレロが受賞して、マンド・ゲレロと妹ら親族が招かれてました。

▼テキサス州ウィチタフォールズのプロレス殿堂博物館!2019はブッチャーらが讃えられる

テキサス州ウィチタフォールズのプロレス殿堂博物館!2019はブッチャーらが讃えられる

オフレコ ランディ・ローズとデニス・コンドリーのオリジナルMidnight Expressも、テリトリー時代の南部なら親しまれたから称えられて当然だ。

―― 2001年3月26日に、パーキンソン病で89歳で亡くなったレッドシューズ・ドゥーガンが今回殿堂入りして、家族が呼ばれていたのはオールドファンには感慨深いことでした。力道山の時代、日本のマスコミはニューヨークよりもロスのオリンピック・オーディトリアムというお約束があり、そこで赤いシューズが目立った出発があります。その後、1975年のアントニオ猪木vs.ビル・ロビンソンNWF世界ヘビー級選手権試合など、日本にも度々ビックマッチに呼ばれました。

オフレコ 新日本プロレスのレッドシューズ海野が、ドゥーガンから来ていることは述べるまでもない。どちらかといえばLAと日本の方が認知度高く、米国では、全国的な浸透では1982年の映画『ロッキー3』で、ハルク・ホーガンvs. シルヴェスター・スタローン戦のレフェリー役が覚えられているようだな。

―― ボブ・ループ受賞というのが、WWEの殿堂だとありえない選考になります。なにしろ五輪アマレスの実績だけでなく、ガチで強い人でしたが、そのプライドもあるのか各地のプロモーターと衝突を繰り返して、「いずれ世界王者に」と期待されながら不遇で終わりましたから。

オフレコ でもロッカールームで一目置かれ、尊敬はされていたから表彰になった。息子さんと来ていたけど日本プロレス、全日本プロレス、アントニオ猪木ともNWFヘビー級王座戦をやっている。新日本プロレスでのループの写真はあるなぁ。だけど読者を混乱させてもいけないので、本稿ではテキサス殿堂式典に絞ろう。

―― 故テリー・ゴーディの娘ミランダも来てます。博物館の向かいがプロレス会場でもあって、式典と合わせてインディー大会も開かれ出場しました。キリがないのでまたの機会に第三弾と・・・

MITB面白かったがWWE-FOX移行でベルト新設発表のAEWに対抗

オフレコ 本誌既報、現地時間水曜5月15日に行われたのが新興プロモーションAEWのTNT放送開始発表なんだけど、紹介が前後してしまったんだけど月曜13日には、WWEがセントラルパークのウールマンリンク前でSmackDownのFOX移行をアピールするレッドカーペットをやっている。明らかに、同じマンハッタンで、AEWに先行パンチを放つ意図やな。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。

ログイン