ブルー・デーモンJr.がパウダー攻撃でドクトル・ワグナーJr.から勝利!AAA テレビテーピング大会

(C)AAA

 5月3日(現地時間)にシナロア州ロス・モチスで『AAA テレビテーピング大会』が開催された。
 AAAはCMLL(当時EMLL)のブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャ氏が独立して、メキシコシティを本拠地に設立した団体。CMLLから引き連れたルチャドール達に加えレイ・ミステリオやシコシスといった当時の新世代のレスラー達が活躍、アメリカン・プロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進め、ライバル団体のLLI(UWA)を壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米やアメリカへの人気を獲得していった。そしてAAAは2018年2月から大会をインターネット配信Twitchで無料配信する事になり、2019年には米国の新興AEWとの提携も発表された。

 今大会のメインはAAA年間最大大会トリプレマニアのメインで究極の決着戦、マスカラ・コントラ・カベジェラ(敗者、覆面剥ぎ、髪切りマッチ)を行う事が決定しているブルー・デーモンJr.とドクトル・ワグナーJr.のレジェンド同士が、それぞれエル・テハノJr.とパガノと組んでタッグマッチで激突。試合はいつも通り、デーモンJr.が椅子を使ってワグナーJr.を襲い流血に追い込む。劣勢に追い込まれたワグナーJr.も反撃に転じ、逆にデーモンJr.の覆面を破って流血に追い込み、双方が血だるまとなってしまう。しかし試合中、ワグナーJr.がレフェリーと揉めている間にデーモンJr.は隠し持ったパウダーをワグナーJr.に浴びせ、そのまま丸めこんでフォール勝ち。デーモンJr.の古典的な反則殺法が見事に決まり、今回はデーモンJr.が勝利した形になった。

 またセミファイナルではAAAテクニコのエース、サイコ・クラウンとAAAルードのトップであるレイ・エスコルピオンがランバージャックマッチで一騎討ちを行った。ランバージャックマッチはリングの四方を対戦者以外のレスラー(観客などレスラー以外の場合もある)が取り囲み、選手がリングから落ちた際、すぐさまリング内に押し戻す形式。この試合もリング下にAAAのロースターが集結し、リング下に落ちると襲いかかりリングに戻すという形だったが、テクニコはサイコを、ルードはエスコルピオンに加勢し、遂にはリングに上がって戦い始めてしまうという混乱した試合となった。そんな中、最後にはエスコルピオンがリング中央でサイコを必殺のアギホン・モルタル(エスコルピオンの必殺技、腕をクラッチして持ち上げてパッケージ式のパイルドライバー)で仕留め、堂々のフォール勝ち。試合後はサイコのマスクも剥ぎ取り、AAAエースに完勝した。
 

■ AAA テレビテーピング大会
日時:2019年5月3日(現地時間)
会場:メキシコ合衆国シナロア州ロス・モチス

<タッグマッチ>
○ブルー・デモーンJr.、エル・テハノJr.
 ピンフォール
●ドクトル・ワグナーJr.、パガノ

<ランバージャックマッチ>
○レイ・エスコルピオン
 ピンフォール
●サイコ・クラウン

<タッグマッチ>
○タウルス、チェスマン
 ピンフォール
●フラミータ、イホ・デル・ビキンゴ

<6人タッグマッチ>
○ケイラ、チカ・トルメンタ、モンスター・クラウン
 ピンフォール
●ゴールデン・マジック、ファビー、ドラゴ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

[ファイトクラブ]平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年05月09日号令和元年 WWE ドラディション アクトレスガールズ KnockOut 浅草橋