SmackDown1時間目トリにカイリ&アスカ組!2時間目冒頭Rレインズ!最後はKO対コフィ決定

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 マネー・イン・ザ・バンクの仕込みが続き、男女のラダーマッチの出場メンバーが発表された。

 RAWはやたら長く感じるが、SmackDownは2時間枠なので、続けて『205 LIVE』までWWEネットワークを立ち上げるかどうかはともかく、なんとかまとめてくるのだが、ラダーマッチ出場メンバーの発表はご都合主義の安易なものだった嫌いは残る。
 1時間目のトリにカイリ&アスカ組がペイジGMを伴ってお出まし。2時間目冒頭にはローマン・レインズと、構成を練っているのは評価に値するが、締めはしゃべれるケビン・オーエンズだった。RAWのサミ・ゼインといい、毒舌のタレントに頼るしかないのだろうか。
 サーシャ・バンクスがいなくなって、モントリオールではブーイングまで浴びたベイリーだが、連夜のお仕事でがんばっている。大人のファンは感情移入したかもなのである。

■ WWE SmackDown
日時:4月29日(現地時間)
会場:オハイオ州大学内 ショッテンシュタイン・センター

◆キングストン対オーエンズのWWE王座戦が決定

 王者コフィ・キングストンが裏切りのケビン・オーエンズとPPV「マネー・イン・ザ・バンク」でWWE王座をかけて激突することが決定した。オープニングに登場したキングストンはニュー・デイを裏切ったオーエンズに対して「オーエンズはオーエンズだった。WWE王座を狙っているならPPVで対戦してやる」と対戦要求すると、そこへ登場したオーエンズは対戦を快諾して「お前は王者の器ではない」と挑発。すると突如エグゼビア・ウッズが襲撃したが、オーエンズのスーパーキックで返り討ちに遭ってしまう。
 さらにエンディングのトーク・セグメントKOショーでオーエンズはゲスト予定のウッズが現れないと、持っていたウッズとビックEのアクションフィギュアを蹴り飛ばしてニュー・デイを挑発。これに怒りのキングストンが現れて殴り掛かると、オーエンズを解説席に投げ飛ばして圧倒。その勢いに堪らずオーエンズが客席に逃げ込むと、今度はキングストンがお返しとばかりにコーナーポストに登ってオーエンズを挑発した。キングストン対オーエンズのWWE王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間5月20日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

◆シャーロットが勝利直後のベッキーを襲撃
 2冠女子王者ベッキー・リンチがベイリーとの初のシングル戦に挑んだ。トップスーパースター同士の対戦は相打ちのクローズラインでダブルダウンとなるなど白熱の攻防を展開。しかし、試合終盤にベイリーがスープレックスからダイビングエルボーを繰り出すと、これをベッキーがヒザで迎撃。ベッキーは怯んだベイリーを捕まえると、そのままディスアーマーを決めてタップを奪った。

 強敵を退けたベッキーだったが、勝利直後の隙を突いてシャーロット・フレアーが奇襲。シャーロットはビックブーツでベッキーを蹴り飛ばし、ベイリーをポストに叩き付けて2人を沈めると、“女王”らしく余裕の表情を会場に見せ付けてリングを後にした。ベッキー対シャーロットのスマックダウン女子王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間5月20日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

◆マンディ・ローズがビヨンセでソニア・デヴィルがJAY-Zだって(笑)

◆完勝のアスカ&カイリがWWE女子タッグ王者を挑発

 アスカ&カイリが地元タッグチームに快勝し、WWE女子タッグ王者ジ・アイコニックスを挑発した。アイコニックスがゲスト解説として見守る中、地元選手に身長差をいじられたカイリは強烈なチョップ一撃で返答するとアスカと華麗な連携攻撃を繰り出した。さらにアスカがヒップアタックからスープレックス、続けて蹴りの連打と相手を圧倒すると、最後はカイリがインセイン・エルボーを炸裂させて3カウント。タッグ王座を狙うアスカ&カイリは格下を蹴散らして、解説席にいた王者アイコニックスを挑発した。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

[ファイトクラブ]平成プロレス日米逆転劇-レジェンド集結拡大版-WWE不穏-さくらえみ騒動

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年05月09日号令和元年WWE ドラディション アクトレスガールズ KnockOut 浅草橋