ドクトル・ワグナーJr.がブルー・デーモンJr.に勝利!メキシコAAA

(C)AAA

 3月3日(現地時間)にメキシコ・ヌエボ・レオン州モンテレイで『AAA テレビテーピング大会』が開催された。
 AAAはCMLL(当時EMLL)のブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャ氏が独立して、メキシコシティを本拠地に設立した団体。CMLLから引き連れたルチャドール達に加えレイ・ミステリオやシコシスといった当時の新世代のレスラー達が活躍、アメリカン・プロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進め、ライバル団体のLLI(UWA)を壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米やアメリカへの人気を獲得していった。そしてAAAは2018年2月から大会をインターネット配信Twitchで無料配信する事になり、2019年には米国の新興AEWとの提携も発表された。
 今大会のメインはAAA年間最大大会トリプレマニアのメインで究極の決着戦、マスカラ・コントラ・カベジェラ(敗者、覆面剥ぎ、髪切りマッチ)を行う事が決定しているブルー・デーモンJr.とドクトル・ワグナーJr.のレジェンド同士が、それぞれレイ・エスコルピオンとサイコ・クラウンと組んで金網タッグマッチで激突。ワグナーJr.の入場時にデーモンJr.が椅子を持って襲いかかり、そのままルード軍が優勢で試合が進んだ。ワグナーJr.は大流血に陥り、テクニコ軍苦戦するも、サイコがまず息を吹き返し、ルード軍を蹴散らして金網脱出。続いてエスコルピオンも金網脱出したので、金網にはワグナーJr.とデーモンJr.の二人が残って直接対決となった。ここで、ワグナーJr.が逆襲。デーモンJr.の覆面を破って攻撃し、デーモンJr.は逃げようと金網によじ登って脱出を図ると、ワグナーJr.はこれを追いかけ金網の上でデーモンJr.の覆面をはぎ取って投げ捨ててしまったのだった。デーモンJr.は顔を隠す為、金網上から動く事が出来ず、その間にワグナーJr.が悠々と脱出して勝利。ワグナーJr.がデーモンJr.に復讐を果たした形となった。

■ AAA テレビテーピング大会
日時:2019年4月5日(現地時間)
会場:メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州ティファナ

<金網タッグマッチ>
○ドクトル・ワグナーJr.、サイコ・クラウン
 金網脱出
●ブルー・デーモンJr.、レイ・エスコルピオン

<タッグマッチ>
○ラ・マスカラ、エル・テハノJr.
 ピンフォール
●ジョー・リーダー、パガノ

<6人タッグマッチ>
○マキシモ、ピンピネーラ、マンバ
 ピンフォール
●アベルノ、チェスマン、スペル・フライ

<6人タッグマッチ>
○ケイラ、レディ・マラビジャ、ビジャノ3号Jr.
 ピンフォール
●ニーニョ・アンブルゲサ、レディ・シャニ、イエドラ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼WM最大ビジネス-新日&ROHベラトールAAA@MSG-地元Kオメガ復活

[ファイトクラブ]WM最大ビジネス-新日&ROHベラトールAAA@MSG-地元Kオメガ復活

▼萩原健一 コナー・マクレガー引退!? 隅田川決戦NY再来 黒船ONE上陸

[ファイトクラブ]萩原健一 コナー・マクレガー引退!? 隅田川決戦NY再来 黒船ONE上陸

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年04月04日号ショーケン美津子猪木 SEAdLINNNGアクトレスG 浅草橋カフェ 新日Cup