エル・テリブレがメヒコ版G1決勝戦へ進出!CMLLアレナメヒコ金曜定期戦

(C)CMLL

 2月1日(現地時間)にメキシコ・アレナメヒコで『アレナメヒコ金曜定期戦』が開催された。
 CMLLの活動中心はメキシコシティでアレナ・メヒコでの定期興行が有名である。かつてはEMLL(Empresa Mexicana de la Lucha Libre)と呼ばれていた。今日現存するプロレス団体において世界最古の歴史を持つことが特徴である。1931年、サルバトール・ルテロ・ゴンザレスがアメリカとメキシコの国境にあるエルパソでプロレス興行を見たことからメキシコでのプロレス興行を企画してメキシコシティの廃墟同然のボクシング会場「アレナ・モデロ」と賃貸契約を結び会場を修復して会場名を「アレナ・メヒコ」に変更。1933年、EMLLとして設立。9月21日、アレナ・メヒコにて興行が開催されたのが団体の興りである。
  今大会のメインは何らかの王座を持っているものだけが参戦出来るカンペオン・ウニベルサル2016の予選Aブロックが行われた。日本ではメキシコのG1グランプリと言われている無差別級トーナメントでCMLL最強を決めるものだ。今回のAブロックにはカリスティコ(NWAミドル級王者)、ドラゴン・リー(CMLLライト級王者)、エル・バリエンテ(CMLLタッグ王者)、ストゥーカJr.(NWAライトヘビー級王者)、エル・テリブレ(ナショナル・ヘビー級王者)、バルバロ・カベルナリオ(ナショナル・ライトヘビー級王者)、グラン・ゲレーロ(CMLLトリオ王者)、フォラステロ(ナショナル・トリオ王者)が参戦。そんな中、最後まで残ったのは、ドラゴン・リーとエル・テリブレだった。特にリーは、大物カリスティコを下してのAブロック決勝進出であり、テクニコとルードでの決勝戦となった。死力戦となりお互いの必殺技を出し合ってもフォールが奪えない白熱した展開の中、最後はテリブレがレフェリーの隙をついて反則のロープ掴みでフォール勝ち。当然、リーは激しく抗議するも裁定は覆らずテリブレが本戦の決勝戦に進出となった。
 また、レジェンドであるアトランティスの息子、アトランティスJr.がアレナメヒコ金曜定期戦デビューを果たした。父親アトランティス、ニエブラ・ロハと組み、ビシャノ一族とメフィストの連合軍と対戦。ちなみにイホ・デル・ビシャノ3号の父親でありレジェンドのビシャノ3号はアトランティスに敗れて覆面を脱いでおり因縁が深い。試合は、まずはビシャノ軍が先制するも、すぐさまロハがジャベでメフィストを仕留めて一対一とする。そして運命の三本目は、なんとアトランティスJr.がイホ・デル・ビシャノ3号に父親譲りの必殺のアトランティダを極め、アトランティスもビシャノ4号をジャベで仕留め、親子揃い踏みで見事な勝利。アトランティスJr.が満点のアレナメヒコ金曜デビューとなった。

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2019年2月1日(現地時間)
会場:メキシコ・アレナメヒコ

<カンペオン・ウニベルサルAブロック>
勝ち残り:エル・テリブレ(ナショナル・ヘビー級王者)
参戦選手
カリスティコ(NWAミドル級王者)
ドラゴン・リー(CMLLライト級王者)
エル・バリエンテ(CMLLタッグ王者)
ストゥーカJr.(NWAライトヘビー級王者)
バルバロ・カベルナリオ(ナショナル・ライトヘビー級王者)
グラン・ゲレーロ(CMLLトリオ王者)
フォラステロ(ナショナル・トリオ王者)

<6人タッグマッチ>
○ミスティコ、ボラドールJr.、フライヤー
 2-1
●ウルティモ・ゲレーロ、テンプラリオ、エウフォリア

<6人タッグマッチ>
○アトランティス、ニエブラ・ロハ、アトランティスJr.
 2-1
●ビジャノ4号、メフィスト、イホ・デル・ビジャノ3号

▼[ファイトクラブ]オメガgood-bye_ケネリス夫妻AEW_ルーシュROH_新日上場盲点分析

[ファイトクラブ]オメガgood-bye_ケネリス夫妻AEW_ルーシュROH_新日上場盲点分析

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年02月07日号NXTランブル5日間WWE 新日 ベラトールOne Reina 覆面マニア 馬場3