ジョニー・インパクトがノーコンテストで王座防衛!インパクト・レスリング

(C)TNA

 1月25日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 インパクト・レスリング(Impact Wrestling)は、アメリカ合衆国のプロレス団体。運営はアンセム・レスリング・エキシビジョンズ(Anthem Wrestling Exhibitions, LLC)。過去に団体名を幾度か変更しており、古い順にNWA-TNA(National Wrestling Alliance : Total Non Stop Action、2002年 ~ 2004年)、TNA(Total Non Stop Action Wrestling、2004年 ~ 2016年)、GFW(Global Force Wrestling、2017年7月 ~ 2017年9月)を名乗っていた。 多くのインディー団体が収入不足により倒産していく中で、経費の最小化で収入を確保する戦略を取っている。それは興行の開催場所の固定と安定した放映収入、そして選手の契約形態に反映されている。ほとんどの選手は専属契約という形ではないため他団体へ出場する選手も多い。また、ほぼ契約選手のみで興行を行うWWEとは対照的に、日本やメキシコなど海外の他団体との交流も積極的に行っている。
 今放送はメキシコでの収録となり、メインではインパクト世界王座戦が行われた。王者ジョニー・インパクトにノンタイトル戦でムースの乱入があったものの、チョークで締め落として勝利した実績でキラー・クロスが挑戦権を得て挑戦した試合は、ムースをセコンドにつけたクロスが優勢で試合が進むが、そこに乱入したのはブライアン・ケイジだった。ケイジもインパクトの王座を狙って対立していたが、クロスとムースの乱入に業を煮やし、インパクトに加勢したのだった。結果、試合はノーコンテストになるも、試合後もインパクト、ケイジとクロス、ムースが大乱闘。インパクトとケイジはリングからクロス、ムースを追い出し、インパクト、ケイジ対クロス、ムースが組まれる事になった。今後もこの抗争は激化しそうだ。

■ Impact Wrestling
日時:2019年1月25日(現地時間・放送日)
場所:メキシコ・メキシコシティ

<インパクト世界王座タイトルマッチ>
-ジョニー・インパクト(王者)
 ノーコンテスト
-キラー・クロス(挑戦者)

<シングルマッチ>
○テリー
 ピンフォール
●イーサン・ペイジ

<タッグマッチ>
○ラスカルズ
 ピンフォール
●デジ・ヒット・スクワット

<シングルマッチ>
○タヤ・バルキリー
 サブミッション
●ケイラ

<シングルマッチ>
○リッチ・スワン
 ピンフォール
●イホ・デル・バイキング

▼[ファイトクラブ]RR4連戦直前_再び”日本最弱”からのONE修斗_WWE新日AEW駆引き

[ファイトクラブ]RR4連戦直前_再び”日本最弱”からのONE修斗_WWE新日AEW駆引き

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01年31日号WWE新日AEW Rランブル ONE修斗 ブル中野 Color’s旗揚 越中詩郎R小川