新日本プロレス東京ドーム大会来年は2Daysに!

 新日本プロレス恒例イッテンヨン、東京ドーム大会は、事前にチケットの動きが良いと伝えられ、木谷オーナーからは
「4万人超え」
との強気の発言も見られたが、蓋を開けてみれば38162人(=主催者発表)の動員となった。新日本プロレスワールドへの駆け込み入会や、Twitter世界トレンド1位が#njwk13になるなど、海外の人気の高まりの一方で、やはりライトユーザーをおとそ気分の1・4にドームに集めるだけの爆発的な訴求力には欠けているとも言える。
 にも関わらず来年は2 Daysとの事で、集客が見込めるからというよりは、東京五輪開催で、2020年夏場に首都圏でビッグマッチを開催できない事への苦肉の策というのが見てとれる。


伊集院光氏は東京女子プロレスと新日本プロレスの1・4をハシゴした様で、月曜深夜のTBSラジオ『深夜の馬鹿力』で感想が聞けそうだ。

 今大会も、ガントレットマッチや3Wayと、選手を出場させる必要から“ストロングスタイル”に逆行する試合形式が多く、緩慢な印象を受けるので、2日間に分散されるのはファンとしては有り難い面もある。
 

 また、今夏『G1 CLIMAX 29』は北米ダラスで開幕し、8月31日にはイギリスで初のビッグマッチ開催と、来夏G1の海外サーキットも予想される。

 メインのIWGP戦は、4年振りにドームのトリを飾ったエース棚橋弘至が勝利、8度目の王座戴冠となった。
 試合前は「イデオロギー闘争」だと棚橋がぶち上げた事で、「品が無い」と言われた机の使用が焦点に。中盤、ケニー・オメガが持ち出した机を一度は無視した棚橋だったが、自らケニー・オメガを机に寝かすと場外へハイフライフローを敢行。
 交わされて机を真っ二つに破壊する事で、イデオロギー闘争はお互い認め合っているという決着となった。

 一方、セミファイナルはリマッチのお約束通り内藤哲也がクリス・ジェリコをデスティーノ葬。L.I.J勢も全勝となり、いよいよ今年の新日本プロレスは、人気No1である内藤とL.I.Jが名実共に主役に躍り出ていくのがテーマとなりそうだ。

 第1試合でウィル・オスプレイとこの2人にしかできないと思えるド迫力ファイトを展開後、ストレッチャー搬送された飯伏幸太は、jr戦士のウィル・オスプレイにベルトが移動する必要から生じたギミックだった様で先ずは安心と言ったところだ。

■ 新日本プロレス バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム
日時:1月4日(金) 開始17:00
会場:東京・東京ドーム 観衆38162人(=主催者発表)

<第0試合 NEVER無差別級6人タッグ王座 ナンバーワン・コンテンダー・ガントレットマッチ>
田口隆祐 〇矢野通 真壁刀義
デビッド・フィンレー ジェフ・コブ 永田裕志
チャッキーT バレッタ 後藤洋央紀
●デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー 鈴木みのる
マーティー・スカル 高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ

 8分09秒 横入り式エビ固め
※真壁&矢野&田口組が1・5後楽園大会での同王座挑戦権獲得

他フィニッシュ
1.〇フィンレー
 4分39秒 横入り式エビ固め
●高橋裕二郎

2.〇フィンレー
 7分30秒 横入り式エビ固め
●チャッキーT

3.〇ランス
 2分44秒 キラーボム⇒片エビ固め
●フィンレー

<第1試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合>
[王者]●飯伏幸太
 18分13秒 ストームブレイカー⇒片エビ固め
[挑戦者]〇ウィル・オスプレイ
※第22代王者飯伏が初防衛に失敗。ウィル・オスプレイが新王者となる。

<第2試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合 3WAYマッチ>
[王者組]金丸義信 エル・デスペラード
 vs.
[挑戦者組・SJTL2018優勝] SHO ●YOH
 6分50秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン⇒片エビ固め
[挑戦者組]〇鷹木信悟 BUSHI
※第57代王者組5度目の防衛戦に失敗。L.I.J組が新王者になる。

<第3試合 60分1本勝負 ブリティッシュヘビー級選手権試合>
[王者] ●石井智宏
 11分35秒
[挑戦者]〇ザック・セイバーJr.
※石井が防衛に失敗。ザックが新王者になる。

<第4試合 60分1本勝負 IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ>
[王者組]タンガ・ロア タマ・トンガ
 vs.
[挑戦者組]〇SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL  WORLD TAG LEAGUE2018優勝
 10分15秒  ラウンディング・ボディプレス→体固め
[挑戦者組]ニック・ジャクソン ●マット・ジャクソン
※第81代王者組初防衛戦に失敗。L.I.J組が新王者になる。

<第5試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合>
[王者]●Cody
 9分02秒 パルプフリクション⇒体固め
[挑戦者]〇ジュース・ロビンソン
※第4代王者初防衛に失敗。ジュースが新王者になる。

<第6試合 60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[王者]●KUSHIDA
 11分17秒  ブラディークロス⇒片エビ固め
[挑戦者]〇石森太二
※第82代王者初防衛に失敗。石森が新王者となる。

<第7試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ>
●オカダ・カズチカ
 14分18秒 ブレードランナー⇒片エビ固め
〇ジェイ・ホワイト

<第8試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅠ IWGPインターコンチネンタル選手権試合 ノーDQマッチ>
[王者]●クリス・ジェリコ
 22分35秒 デスティーノ⇒片エビ固め
[挑戦者]〇内藤哲也
※第19代王者2度目の防衛戦に失敗。内藤が新王者になる。

<第9試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合>
[王者]●ケニー・オメガ
 39分13秒 ハイフライフロー⇒片エビ固め
[挑戦者]〇棚橋弘至
※第66代王者4度目の防衛に失敗。棚橋が新王者となる。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

[ファイトクラブ]訃報の2018年-MSG不入り-Queen-Jジョーンズ騒動-年末年始展望

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01月03-10合併号Deep 昭和プロレス仙台 立川格闘技祭り 鷹の爪大賞年間回顧