RAWマクマホン一家総出演で番組改革を宣言!悪いのはバロン・コービンなのか?

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 興奮冷めやらぬ『TLC』PPV大会から一夜明けたRAWの生中継。もうビッグイベントの翌日というだけで、ライト層ファンは情報が知りたいとチャンネルを合わせるからそれだけで視聴率は上がるものだが、予告通り、視聴率不振のてこ入れもありマクマホン・ファミリーが冒頭から出てきて変革を約束、「ファンこそがオーソリティー(権威側)」だと言うのだが・・・

 すでに発表されているラーズ・サリバン他、トップ1%のEC3やTwisted Sisterニッキー・クロスまでNXTから人材投入も発表、番組のトリはやはり女子戦。ナタリアが8選手参加のガントレット戦に勝利して、次週のRAWでロンダ・ラウジー王座に挑戦するという幕切れだったが、「今日から改革」という割には、あまり変わってないような番組構成だったと評さざるを得ない。

■ WWE RAW
日時:12月17日(現地時間)
会場:カリフォルニア州サクラメント ゴールデン1センター

◆マクマホン・ファミリー勢ぞろいで番組改革を宣言

 ビンス・マクマホン会長を筆頭にマクマホン・ファミリーがオープニングに勢ぞろい。「みんなが望むものを提供する」と番組改革を約束した。さらにGM代理だったバロン・コービンにお仕置き試合を組んだ。ビンス登場で番組がスタートすると、「25年続いているRAWは時代と共に変わってきた」と長寿番組を振り返ってステファニー・マクマホンを呼び入れた。続けてトリプルH、シェイン・マクマホンとマクマホン・ファミリーが勢ぞろいすると、ステファニーが「今日から大きな変化を起こす」と番組改革を宣言。シェインも「俺たち4人が責任を持ってベストな体験を提供する」と告げれば、トリプルHも「みんなが望むものを提供する。今はあなたがオーソリティだ」と視聴者重視を強調した。
 するとそこへ突然、元GMのバロン・コービンが現れてGM職復帰へのチャンスを懇願。会場から大ブーイングが起こるも、トリプルHが最後のチャンスとして正規GMのカート・アングルとの試合を組んだ。試合に勝利すればGM復帰が約束されたコービンだったが、試合途中でトリプルHがハンディキャップ戦に変更してボビー・ルード、チャド・ゲイブル、アポロ・クルーズの3人が参戦、さらにシェインも登場して反則裁定なしのノーDQルールに変更すると、レフリーのヒース・スレーターまでも攻撃に参加してお仕置き試合、いや単なる「いじめ」と化した。昨今のパワハラ指摘が社会問題化している現状で、いいのかという気もするんだが・・・。だいたい、哀れなバロン・コービンが悪いんではなくて、クリエイティブ面でのマクマホン家の独裁が視聴率不振なんだと思うけど。
 5人はイス攻撃で徹底的にコービンを痛みつけると、最後はアングルがアングル・スラムでコービンを沈めて3カウント。試合後も追撃のアングル・スラムテーブル葬を食らったコービンはGM復帰のチャンスを完全に逃した。

◆王座防衛のアンブローズを変装したロリンズが襲撃

 PPV「TLC」で新IC王者となった“狂犬”ディーン・アンブローズがリングに登場すると、セキュリティに扮したセス・ロリンズに襲撃された。ガスマスクをしたセキュリティ4人と共に登場したアンブローズは「ロリンズはTLCで自分をコントロールできなくなって俺が勝った」とTLCを振り返ると、「これが始まりだ。ロリンズのキャリアを終わらしてやる。出て来い」とロリンズを呼び出した。しかし、一向に出てこないロリンズに対して侮辱を始めると、オープンチャレンジに変更してタイラー・ブリーズとIC王座を賭けて対戦。
 ヒールキックからクロスボディと勢いよく攻撃するブリーズだったが、余裕の表情のアンブローズはダーティ・ディーズ1発でブリーズを沈めて王座防衛を果たした。しかし、試合終了時に突如ロリンズの入場曲が流れると、ステージを警戒するアンブローズの背後からセキュリティに扮したロリンズがスーパーキックでアンブローズを襲撃。しかし、他のセキュリティ3人が駆けつけると、その間にアンブローズはベルトを持って逃走した。

◆次週のロウで王者ロンダが盟友ナタリアと王座戦で激突

 RAW女子王者のロンダ・ラウジーと8人ガントレット戦を勝ち抜いたナタリアが次週に王座戦を行うことが決定した。PPV「TLC」で王座防衛し、スマックダウン女子王座にも介入して注目を集めているロンダは「昨日のことを言うためにここに来たわけではない。本当の王者は人間の限界に挑戦し、誰の挑戦でも受ける」と王者の貫禄を示してオープンチャレンジを宣言した。しかし、バックステージで8人の女子スーパースターが王座戦を希望するとコミッショナーのステファニー・マクマホンが挑戦権を賭けた8人ガントレット戦を決定。
 ガントレット戦ではナタリアがエンバー・ムーン、ルビー・ライオットの2人を丸め込んで勝利すると、最後に残ったサーシャ・バンクスにシャープシューターでタップ勝ち。次週のRAWで王座戦が決定した王者ロンダと勝ち残った盟友ナタリアはお互いの健闘を誓い合うように握手を交わした。

アリシア・フォックス vs. ベイリー
ベイリー vs. デイナ・ブルック
ベイリー vs. ミッキー・ジェームス
ミッキー・ジェームス vs. エンバー・ムーン
エンバー・ムーン vs. ナタリア
ナタリア vs. ルビー・ライオット
ナタリア vs. サーシャ・バンクス

 まぁ、確かにお客さんが望んでいるのは女子カードやろうけど・・・。単に大勢出てきただけで、これじゃ記憶に残らないと思ったのは果たして本誌だけなのか?


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼マット界地獄耳’18総括-映画プロレス格闘技:那須川天心から新日プロまで

[ファイトクラブ]マット界地獄耳’18総括-映画プロレス格闘技:那須川天心から新日プロまで

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年12月27日号アスカ女帝TLC 新日新顔 ドリーミンプロジェクト ラウェイ JシナNYC