オング・ラ・エヌサンが1RKO勝利でONE Championship王座防衛!日本から参戦の2選手は秒殺決着!今成正和は勝利!阿部大治は敗退!~『ONE Championship: PURSUIT OF GREATNESS』

 10月26日ミャンマー・ヤンゴンのツワナ室内競技場で開催された『ONE Championship: PURSUIT OF GREATNESS』。メインではミャンマーMMAのスター オングラ・エヌサンが保持するONE世界ミドル級防衛戦でモハマド・カラキ(レバノン)を1R左ボディフックからの右フックで倒してからのパウンドで1RTKO勝利で2度目の防衛を果たした。
 セミファイナルではまだMMAが確立していないミャンマーでMMAを主体とするフォー・トゥがキアヌ・スッパ(マレーシア)と対戦。試合はキヌア・クッパが1Rテイクダウンしてからのグランドでギロチンチョークをきめて勝利。
 日本から参戦の今成正和は1R83秒 腕十字で勝利。阿部大治が1R33秒左ミドルキックが肝臓に入りKO敗けを喫した。

■『ONE Championship: PURSUIT OF GREATNESS』
日時:2018年10月26日 18:30開始(日本21:00)
会場:ミャンマー・ヤンゴン・ツワナ室内競技場

<ONE世界ミドル級(93kg)タイトルマッチ 5分5R>
○オングラ・エヌサン(ミャンマー/王者)
 1RTKO 2分21秒※パウンド
●モハマド・カラキ(レバノン)

<フェザー級(70.3kg) 5分3R>
●フォー・トゥ(ミャンマー)
 1Rサブミッション 2分47秒 ※ギロチンチョーク
○キアヌ・スッパ(マレーシア)

<スーパーシリーズ キックボクシング ライトヘビー級>
●イブラヒム・エル・バウント(モロッコ)
 3RTKOレフェリーストップ ※パンチ連打
○タリク・ハバべズ(モロッコ)

<67㎏契約 5分3R>
●ラディーム・ラフマン(シンガポール)
 1Rサブミッション 1分23秒※腕十字
○今成正和(日本)

<スーパーシリーズ キックボクシング バンタム級>
○ハン・ジーハオ(中国)
 1RTKO 1分39秒 ※右ストレート
●リャン・ジャキリ(フィリピン)

<フライ級(61.2キロ) 5分3R>
○イェ・スィニ(ミャンマー/第1回、第2回、第3回MLWC 57㎏王者、LETHWEI NATION CHAMPIONSHIP 2018年61kg-57㎏王者、ゴールドベルト2015年51㎏&2016年54㎏王者)
 判定3-0
●マイト・ヤイン(ミャンマー/2016&2015ゴールデンベルト57kg王者)※ILFJ日本大会参戦

<ウェルター級(83.9キロ) 5分3R>
○ルイス・サッポ(ブラジル)
 1RKO 33秒 ※左ミドルキック
●阿部大治(日本)

PRELIMS FIGHT
<スーパーシリーズ キックボクシング フライ級>
●ジョセフ・ラシリ(イタリア)
 判定0-3
○ジョシュ・トンナ(オーストラリア)

<バンタム級(65.8㎏) 5分3R>
●シュー・ドン(中国)
 2RTKOレフェリーストップ 2分16秒 ※パンチ
○アーメッド・アイス・ジャソー(アフガニスタン)

<フライ級(61.2キロ) 5分3R>
○ルディ・アグスチャン(インドネシア)
 1Rサブミッション 4分01秒
●カジ・エビン(フィリピン)