帰国RAWショーン・マイケルズ復帰公式!シールド離脱!?Dアンブローズ!ロンダvs.ニッキー・ベラ決定

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 オーストラリア遠征の余韻のまま、イリノイ州シカゴにあるオールステート・アリーナのRAW班が帰国。現地時間10月8日に生中継番組大会が開催された。メルボルでの因縁を受けてHBKことショーン・マイケルズの選手復帰が正式発表。7桁とも言われる札束攻勢からサウジアラビアの『クラウン・ジュエル』で試合をする。この模様は日本時間11月3日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆DX復活!「クラウン・ジュエル」で破壊兄弟との対戦決定!!

 オープニングに登場したトリプルHとショーン・マイケルズがジ・アンダーテイカーとケインの破壊兄弟にに宣戦布告し、PPV『クラウン・ジュエル』で、DXと破壊兄弟の一戦が行われることが決定した。

 PPV『スーパー・ショーダウン』でジ・アンダーテイカー(withケイン)との死闘を制したトリプルHがショーン・マイケルズと共に冒頭に登場すると、トリプルHが「25年という長い時間を掛けて険しい山の頂点に立ったが、雪崩が起きてしまった」と破壊兄弟による試合後の襲撃に触れると、さらに「これは破壊兄弟への問いだ。『クラウン・ジュエル』での準備はいいか?」と宣戦布告した。続けてマイケルズが「DXは準備できてるぞ。今度はリスペクトなしで、この言葉をくれてやる」と告げると、会場からは「くそ食らえ(Suck it!)」コール。トリプルHとマイケルズはDXポーズを決めてDX復活をアピールした。
 その後、番組内で『クラウン・ジュエル』でDX対破壊兄弟の対戦決定が正式にアナウンスされ、これによりマイケルズは2010年「レッスルマニア26」でのアンダーテイカー戦以来8年半ぶりにリングに復帰することが公式発表となった。

◆裏切りのベラ・ツインズがロンダ強襲!『エボリューション』RAW女子王座戦発表

 ロンダ・ラウジー&ベラ・ツインズがライオット・スクワッドとPPV『スーパー・ショーダウン』の再戦となる6人タッグで対戦した。ブリー・ベラは因縁が発生しているリブ・モーガンとグラウンドでの殴り合いを展開すると、さらに試合中盤でブリーはライオット・スクワッド3人に捕まって集中攻撃を受けてしまう。しかし、ミサイルキックで劣勢を打開したブリーがロンダとタッチすると形勢逆転。ロンダはルビー・ライオットを巴投げからスタンディング・リバース・肩車で叩き落すと、最後はアームバーを決めて勝利を収めた。
 試合後にPPV大会に続いて2連勝して抱き合うロンダとベラ・ツインズだったが、ここで突如ベラ・ツインズが背後からロンダを強襲。不意打ちを食らったロンダはブリーを一本背負いで投げ飛ばすも、反撃はここまで。2人掛かりの攻撃でスチール階段やバリケードに叩き付けられると、最後はリング中央でベラ・ツインズに踏みつけられた。裏切られたロンダはPPV『エボリューション』で本性を出したベラ・ツインズのニッキーとRAW女子王座戦で対戦することが正式決定した。
 女子限定のPPV『エボリューション』は日本時間10月29日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆カート・アングルGMが全身金色マスクマンで復帰

 バロン・コービンGM代理がPPV『クラウン・ジュエル』で行われる「WWEワールドカップ・トーナメント」の予選として無名の選手を集めてバトルロイヤルを画策した。アメリカ代表としてコービン自身が出場すると、格下相手を次々とリングに除外して優勝するかに思われた。しかし、最後に残った全身金色のマスクマン、コンキスタドールと一騎打ちとなると、コンキスタドールはスープレックスの連打からアングル・スラムでコービンを追いつめると、最後はクローズラインで場外へ叩き落して除外。見事、バトルロイヤルで優勝して「WWEワールドカップ・トーナメント」への出場を勝ち取った。
 コンキスタドールは試合後にマスクを取って正体がカート・アングルGMであることを明かし、ジョン・シナに続き、アングルの「WWEワールドカップ・トーナメント」出場が決まった。

◆トリッシュとリタがPPV『エボリューション』で夢のタッグを結成

 レジェンドの女子スーパースター、トリッシュ・ストラタスとリタが夢のタッグを結成した。女子限定のPPV『エボリューション』でアレクサ・ブリスと対戦が決まっていたトリッシュがRAWに登場すると、話を遮るようにアレクサとミッキー・ジェームスも現れて舌戦を展開。アレクサは「7度の女子王者で、WWE殿堂者のあなたの試合を何度も見た。でもひどいもんだわ」と侮辱し、さらにミッキーがタッグ戦を提案すると、トリッシュは「殿堂者の闘い方を見せてやる。タッグ戦ならパートナーはこの人でどう?」と言うとレジェンドのリタが登場。乱闘に発展する4人だったが、トリッシュとリタがアレクサとミッキーを蹴散らした。
 PPV『エボリューション』は当初の予定を変更してトリッシュ&リタ対アレクサ&ミッキーのタッグ戦が行なわれることが決定した。

■ WWE RAW
日時:2018年10月8日(現地時間)
会場:アメリカ・イリノイ州シカゴ オールステートアリーナ

<6人タッグマッチ>
○ブラウン・ストローマン、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア
 ピンフォール
●ロマン・レインズ、セス・ロリンズ、ディーン・アンブローズ

<タッグマッチ>
○ボビー・ルード、チャド・ゲイブル
 ピンフォール
●アセンション

<シングルマッチ>
○エンバー・ムーン
 ピンフォール
●ナイア・ジャックス

<グローバル・バトルロイヤル>
優勝:コンキスタドール(正体はカート・アングル)

<タッグマッチ>
○フィン・ベイラー、ベイリー
 ピンフォール
●ジンダー・マハル、アリシア・フォックス

<6人タッグマッチ>
○ロンダ・ラウジー、ベラツインズ
 アームバー
●ライオット・スクワッド

<シングルマッチ>
○ボビー・ラシュリー
 ピンフォール
●ケビン・オーエンズ