PURE-J女子プロレス9・9コマンド・ボリショイ、遺影に捧げるフルタイムドロー! 故・Rayさんの為の興行開催の夢を語る!!

 去る8月27日に乳がんと闘病中に早逝した亜利弥’さん、その後を追う様に8月30日に脳腫瘍との闘病中に早逝したRayさん。2人の早過ぎる死を悼んでの追悼試合がPURE-J9・9東京芸術センター大会で行われた。

 この日のリング上は、止める医師を説き伏せてまで引退興行を行った亜利弥’さんと、リング復帰を目指して病魔と闘い続けたRayさんの、プロレスを愛した2人の遺影に見守られ、いつにも増して気持ちの籠もった熱戦が繰り広げられる。


 亜利弥’さん、Rayさんの遺影が飾られた献花台が設けられた

 第2試合、今は無きJd’で亜利弥’さんと苦楽を共にしたKZUKIと藪下めぐみの試合は、お互い亜利弥’さんをオマージュした技の応酬を見せた。
 続く第3試合はコマンド・ボリショイが「Rayさんが結びつけてくれた」と語る我闘雲舞の里歩が、同じくRayさんの後輩にあたる真琴と共に登場。初対戦とは思えないスリリングな技の応酬で場内をヒートアップさせたまま15分間を闘い抜いてのフルタイムドローとなった。
 試合終了後マイクを握ったボリショイは、
「引退前にもう一つ夢ができました」
と切り出すと、人一倍お洒落なマスクドウーマンだったRayさんの為の興行を開きたいと発表。
 綺麗なマスクやコスチュームをご遺族からお借りして展示したいとのことで、リング復帰という願いが叶わなかったRayさんへの何よりの手向けとなりそうだ。

■ PURE-J女子プロレス Chase the Chance vol.2
日時:9月9日(日) 開始17:00
会場:北千住・東京芸術センター ホワイトスタジオ
観衆:150人(=主催者発表)

<第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負> 
●マリ卍
 7分1秒 ジャンピングニーパット⇒片エビ固め
〇有田ひめか(Beginning)

<第2試合 故・亜利弥さん追悼 シングルマッチ 15分1本勝負> 
〇KAZUKI
 11分12秒 デスバイ・ロドリック⇒片エビ固め
●藪下めぐみ

<第3試合 ボリショイ引退ロードvol.2 故・Rayさん追悼 タッグマッチ 15分1本勝負> 
△コマンドボリショイ Leon
 15:00 時間切れ引き分け
△真琴 里歩(我闘雲舞)

▼FMW大仁田厚58歳「市長選辞めました!プロレス専念」、Rayボリショイ運命の戦い!

FMW大仁田厚58歳「市長選辞めました!プロレス専念」、Rayボリショイ運命の戦い!

<第4試合 ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負> 
〇勝愛実
 14分04秒 オレンジ☆ブロッサム
●藤ヶ崎矢子

<第5試合 PURE-J認定無差別級選手権 30分1本勝負> 
[王者]
〇中森華子
 14分05秒 バズソーキック⇒片エビ固め
●ライディーン鋼
[挑戦者]
※第3代王者4度目の防衛に成功

 メインは王者・中森華子がキックの乱打で粘る鋼を振り切った。


 至宝を防衛した中森は、SEAdLINNNGの初代シングル王者トーナメント優勝を公約すると、同時にWAVEのタッグトーナメントDUEL SHOCK WAVEに野崎渚とのタッグで出場しての戴冠、さらにボリショイ&LeonのP-Ray-L(プレイエル)が所持するデイリースポーツ認定タッグのベルトを真琴との真華不思議で奪取しての4冠を宣言した。


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年09月20日号新日京都大阪 PURE-J KnockOut パンクラスREBELS 遠藤幸吉 WWE報復