[ファイトクラブ]記者座談会:4・21大阪ATCホール 現役復帰を勧める藤波への前田日明の正式回答は・・・

[週刊ファイト4月19日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼記者座談会
 4・21大阪ATCホール 現役復帰を勧める藤波への前田日明の正式回答は・・・
・仮に前田日明が復帰承諾したらビッグサプライズだが
・イベント名は『バック・トゥ・ザ・ニューヨーク』ボブ・バックランド来日
・4・4『INOKI ISM.3』会見冒頭で健康不安説を自虐ネタにしたアントニオ猪木
・前田日明はまんざらでもない口ぶりだったが
・計算していなければ、ひどい時代錯誤の藤波辰爾


 本気か? それとも単なるリップサービスか? 藤波辰爾が前田日明氏に現役復帰を打診した。
 「正式オファーはメシでも食いながら・・・」と言った藤波。仮に前田氏が承諾したらビッグサプライズだが、「その可能性は0%に近い」というのが本紙評論家をはじめプロレスマスコミの一致した見方だ。


前田日明

(*編注 A=『マット界舞台裏』特約記者、B=スポーツ紙記者 C=フリーのべテラン記者)

A 来週末の興行日程を再チェックしたら全日プロとドラディションが21日、大阪で興行がバッティングしてた。これって、ちょっとした興行戦争じゃないですか?

C 両団体の規模はともかく、キャパ1000人程度の第2府立とATCホールじゃ、私たちの感覚からして興行戦争とは見ないですよ。あと、距離的にもドラディションが使用するATCホールは大阪の中心部からかなり離れています。ファン層も違うし。

B そのATCホール大会のイベント名は『バック・トゥ・ザ・ニューヨーク』。WWF王者時代に『NYの帝王』と呼ばれたボブ・バックランドが参戦するのでそんなイベント名になったんだろうけど、ラインナップにはニューヨーク色もWWF色もまったく出ていない。久しぶりに藤波らしいな、と思いました(笑)。


長州力と抗争する藤波

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む