真壁刀義、関西の超人気番組『探偵!ナイトスクープ』の探偵に就任!?

 関西人なら誰もが知ってる超人気番組、ABCテレビの『探偵!ナイトスクープ』。深夜11時台のローカル放送ながら、視聴率が30%を超えたこともあるオバケ番組だ。
 その『ナイトスクープ』が30周年を迎え、特別番組を実施した。ファンから応募された、30年間のベスト10を選ぶという企画である。

 まずは初回分として10位から7位までが3月30日の番組で放送され、第2回分のベスト3は4月6日に放送された。その第3位に輝いたのが、1995年4月に放送された『巨大シジミ発見!?』というネタである。

 大阪府豊中市の服部緑地内にある池に、巨大シジミが生息しているという。シジミと言えば人差し指と親指でつまめる程度の小ささだが、服部緑地の池にあるシジミは、なんとラグビー・ボールの半分ぐらいの大きさなのだ。
 そのシジミは食べることができるのか? という調査である。調査した探偵はジミー大西。この巨大シジミの中身は、想像を絶するほど臭い。こんな臭い物を、どう調理すれば美味しくなるのか!?

 この難問に挑んだのが、パティシエとして超一流の腕を持つ林繁和(現:林裕人)。林先生は単なるパティシエではない。この後、西川きよしの娘である西川かの子と結婚し、しかも離婚したのだ(料理の腕とは関係ないやん)。
 林先生は見事にこの巨大シジミを調理してみせたが、その後に林先生は怒りを爆発させた。
「こんなもん、シジミとちゃうわ! ドブ貝じゃ!!」

23年後、歴史は繰り返される……

 そして今回の総集編、ベスト3に選ばれたネタを再調査すべく、立ち上がったのが真壁刀義だった。真壁は神奈川県出身ながら、実は『ナイトスクープ』ファン。
 1995年当時の探偵だったジミー大西と共に、巨大シジミの再調査に当たった。特別探偵という肩書である。ひょっとすると、真壁は新探偵に就任するつもりか⁉

▼プロレスラー初の探偵就任⁉

 今回、調査したのは諸事情により、服部緑地ではなくて大阪市の長居植物園にある小池。冬の池(2月初旬)に入って、思わず「冷た!」と叫んだ真壁探偵。さらに「これマジ、ヤバいっすよねえ!」と、レスラーらしからぬ泣き言を言う。
 しかし、真壁探偵は次々と巨大シジミをゲットした! ……と思ったら、死んでる貝ばっかり。貝殻の中身は泥だけだった。

 真壁探偵はジミー探偵と共に、林先生の元を訪れた。巨大シジミを見て、さらに臭いを嗅いで23年前の記憶が甦ったのか、思わずむせる林先生。しかし、巨大シジミの中を開けると、臭いだけで中身がない。
 そこで、真壁探偵の大好きなイチゴ・スイーツを、林先生がふるまったのはいいのだが、そのイチゴを巨大シジミの貝殻に乗せてしまった。
「美味しいんですけど……、乗せる必要ないんじゃないっすか!?」
 真壁探偵は、思わず不満を漏らした。

 VTRが終わった後、探偵の竹山隆範(カンニング竹山)が真壁探偵に訊いた。
「ドブ貝を探すのとプロレスと、どっちが大変なんですか!?」
「あのねえ竹山さん……、プロレスに決まってんだろ!」

 それはまるで、馳浩が山田邦子を恫喝したような迫力だった……(かな?)。

▼[ファイトクラブ]禁断の組み合わせ? ~プロレスラーとバラエティ番組~

[ファイトクラブ]禁断の組み合わせ? ~プロレスラーとバラエティ番組~

『ナイトスクープ』は、プロレス界の雪解けにも貢献した!?

『ナイトスクープ』とプロレス界は、実は縁が深い。三代目タイガーマスクになる前の、前座時代の金本浩二が『ナイトスクープ』に出演したことがあった。
 プロレス界に身を投じた金本に対し、それを心配した妹が『ナイトスクープ』に投稿して、金本がどんなプロレス生活を送っているのか、調査を依頼したのである。
 その後、金本は三代目タイガーマスクとして大ブレイクした。

 さらに『ナイトスクープ』は、ジャイアント馬場を顧問として迎えたのである。『ナイトスクープ』はABCテレビの番組。要するに、新日本プロレスを放送しているテレビ朝日系列のテレビ番組である。
 日本プロレス時代からのアントニオ猪木との確執のため、日プロ崩壊後はテレビ朝日の番組には一切出演しなかった馬場が、ABCの『ナイトスクープ』には顧問として出演したのだ。

 関西の超人気番組『ナイトスクープ』は、プロレス界にも多大な影響を与えたのである。真壁が新探偵になるようならば、『ナイトスクープ』とのコラボ企画でプロレス界はますます発展するかも知れない!?

▼ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』の顧問として出演したジャイアント馬場


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年04月12日号猪木会見 新日両国 レッスルマニア Mr.高橋 Bたけし リーグ戦考