[ファイトクラブ]プロレスブーム!?~巨大アメプロ考~格闘技ニュース~オスカーの全体像

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

[週刊ファイト3月15日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼プロレスブーム!?~巨大アメプロ考~格闘技ニュース~オスカーの全体像
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・NHK「気になる!?プロレス」~旗揚げ記念日~3・11『FASTLANE』直前
・5・6福岡RIZINカード発表!UFCジョン・ジョーズ弁明!渋谷TFC開業
・決めつけ偏見こそが悪!黒人、女性、怪獣映画が評価される社会潮流


オフレコ 美保純とかが出ているNHKの『ごごナマ』という番組、3月8日に放送されたオトナの遊び場コーナーでは「気になる!?ブームの今むかし プロレス大特集」ということで、今、「プ女子」にも人気のプロレスが取り上げられましたけど、恐らく好きなディレクターがいるというのはありがたいことなんですが、力道山からの歴史を振り返ることに意味があるのかどうか・・・。結局はその担当者も、昭和プロレス全盛期のファンでしかないのではないかと。

―― 毎週のサイクルで時事ネタを取り上げる週刊ジャーナルの立場からは、今を正しく伝えてないもどかしさがありますね。

オフレコ 写真提供はベースボール・マガジン社に依頼が来ると。「週刊ファイトに声かけてくれよ」と思うんだが・・・。

―― NHKだから、保守的で無難な選択が優先される。解説には柴田惣一さんが呼ばれてました。

オフレコ 一応は、中邑真輔がWWEで活躍というのもちらっと出てくるけど、WWEの写真のクレジット表記がInc.ではなくInk.とテロップされていた(笑)。

―― マット界全体像的には、いくら新日本プロレス『旗揚げ記念日』が面白かったと評しても、やはり規模がまるで違いますから4・8『レッスルマニア』に向けて、3・11『FASTLANE』直前というWWEの話題をやらないとチグハグなことになります。

オフレコ でもさぁ、有料箇所には『レッスルマニア』後になにがどうなるかまで先行スクープしている大人向け媒体である以上、「シックスパック・チャレンジWWE王座戦」と煽られても、誰が勝ってとかはわかっているからなぁ。もっとも、途中までだったとはいえ、AJスタイルズvs.ドルフ・ジグラーはさすがだった。

―― 中身で我々の想像を上回る内容を見せてくれたらイイんであって、ケツはどうでもいい。

オフレコ 大人のファンなら誰もがわかるケツで、試合内容も予想通りだったというのが一番困る。

―― ウィル・オスプレイがオカダ・カズチカに勝利なんて誰も思ってないですけど、いつものオスプレイでなく、「へぇ~、こういう展開でやるんだ」という驚きがありましたから、『旗揚げ記念日』の評価は高い。鈴木みのるvs. 真壁刀義の19分04秒も凄かった。

オフレコ 他媒体と断固として違うことを書くのが本誌の強みだから、アスカvs. アレクサ・ブリスというのは決まってないんじゃないかと一貫して活字に残している。

―― そうしないと、あのナイア・ジャックスの大粒の涙の意味がわかりません。アスカはSmackDownに行くのではないかという。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む