アンディ・サワーが敗れる!Enfusion Live 61&62

(C)Enfusion Live

 2月17日(現地時間)にベルギー・アントワープで『Enfusion Live #54』が開催された。
 エンフュージョンは欧州で精力的に活動するキックボクシング団体で、あのアンディ・サワーが主戦場にしていたり、リアリティ番組を放送したりと欧州では知名度が高い。
 そして今大会はそのアンディ・サワーがメインで王座戦を行う事となった。挑戦者は元グローリー王者のダビット・キリアを倒したり、エンフュージョンのトーナメントで優勝したりと、実力をめきめきと上げている新鋭タイフン・オズカン。年齢的な問題もあり下り坂のサワーなので、下馬評ではオズカン有利と言われていたが、試合は、やはりオズカンがKO勝ち。クロスカウンターで右を打ち抜いたオズカンの前にサワーは前のめりに完全にダウンしてTKO負けとなってしまった。
 また、同じくK-1MAXレジェンドであるアルバート・クラウスも参戦したが、モロッコのノルディン・ベン・モウに判定負け。レジェンド2人が敗れるという波乱となった。

■ Enfusion Live 61&62
日時:2018年2月17日(現地時間)
会場:オランダ・アイントホーフェン・インドアスポーツセンター

<ライト級王座タイトルマッチ>
○タイフン・オズカン(オランダ/挑戦者)
 3R TKO
●アンディ・サワー(オランダ/王者)

<スーパーファイト>
○ノルディン・ベン・モウ(モロッコ)
 判定
●アルバート・クラウス(オランダ)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]KNOCK OUT大田区体育館で考えた、下町ボブスレーと神童と

[ファイトクラブ]KNOCK OUT大田区体育館で考えた、下町ボブスレーと神童と

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月22日号新日大阪KnockOut天心SEAdLINNNG狂虎WWEビジネス力道山RIZIN反則