ハルト・グレゴリアンが新王者に!GLORY 50

(C)GLORY

 2月16日(現地時間)にイリノイ州シカゴで『GLORY 50』が開催された。
 K-1失速後、世界最大のキック団体となっているグローリーだが、最近は米テレビ局と長期契約、UFCファイトパスと契約でネット生配信もはじまり、勢いに乗っている。一時は北米進出にこだわるあまり失速していたものの、現在は本拠地である欧州を中心に戻し、勢いを増している。
 今大会はウェルター級とライト級の王座戦が組まれた。ウェルター級王座戦は、王者マーセル・グローエンハートが、ハルト・グレゴリアンの挑戦を受けた。この両者は、過去に対戦しており、その時、グレゴリアンが何故か後ろ向きに歩きだしたところをグローエンハートが殴ってKO勝ちしたのだが、試合後、観客がリングに飛びこんできてグローエンハートに殴りかかるという事件が起こっている。2人は試合後に和解しているものの、因縁深い両者の再戦となった。前回の対戦もあるので、グローエンハート有利と思われたが、試合はなんとグレゴリアンがTKO勝ちでリベンジ。ロープ際にグローエンハートを追い詰めたグレゴリアンがパンチラッシュ。グローエンハートはダウンを喫してレフェリーがストップ。グレゴリアンが雪辱を果たし、遂に新王者となった。
 またライト級王座戦は、王者シッティチャイ・シッソンピーノンがクリス・バヤの挑戦を受けた。立ち技最強と言われるムエタイのシッソンピーノンは、キック転向後もグローエンハート、そしてアンディ・サワーという強豪を撃破し、グローリーでも王座に君臨。ブアカーオ二世という異名も持っている。クリス・バヤも日本のシュートボクシングに参戦経験がある実力者だが試合は、シッソンピーノンがムエタイらしいミドルキック連発と、膝蹴りなどを駆使して攻め続け、判定で勝利、王座防衛を果たした。
 ヘビー級トーナメントも行われ、ベンジャミン・アデグバイがTKOで連勝して優勝を果たした。

■ GLORY 50
日時:2018年12月16日(現地時間)
会場:アメリカ・イリノイ州シカゴ

<ウェルター級王座タイトルマッチ>
○ハルト・グレゴリアン(アルメニア/挑戦者)
 TKO
●マーセル・グローエンハート(オランダ/王者)

<ライト級タイトルマッチ>
○シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ/王者)
 判定
●クリス・バヤ(アンゴラ/挑戦者)

<ヘビー級トーナメント決勝>
○ベンジャミン・アデグバイ(ルーマニア)
 TKO
●ジュニオール・タファ(豪州)

<ヘビー級トーナメント準決勝>
○ジュニオール・タファ(豪州)
 判定
●カルロス・アウグスト・イノセンテ・フィーリョ(ブラジル)

<ヘビー級トーナメント準決勝>
○ベンジャミン・アデグバイ(ルーマニア)
 1R TKO
●デ・アンジェロ・マーシャル(キュラソー)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]KNOCK OUT大田区体育館で考えた、下町ボブスレーと神童と

[ファイトクラブ]KNOCK OUT大田区体育館で考えた、下町ボブスレーと神童と

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月22日号新日大阪KnockOut天心SEAdLINNNG狂虎WWEビジネス力道山RIZIN反則