W1武藤敬司メディア出演情報! 宮城・夢メッセみやぎ大会結果!選手インタビュー

 武藤敬司選手が下記番組に出演する事が発表された。

[テレビ]

【番組名】
「バラいろダンディ」
【放送局】
東京MXテレビ
【放送日時】
2月7日(水)21時~ 21時55分
【出演者】
武藤敬司 選手
【番組URL】
http://s.mxtv.jp/barairo/
※出演は予告無しに変更になる可能性がございます。ご了承願います。


【番組名】
「いいものプレミアム」
※フジテレビ「ノンストップ!」番組内コーナー
【放送局】
フジテレビ
【放送日時】
2月8日(木)11時頃
【出演者】
武藤敬司 選手
【番組URL】
http://www.fujitv.co.jp/nonstop/
※出演は予告無しに変更になる可能性がございます。ご了承願います。


「WRESTLE-1 TOUR 2018 W-IMPACT」2.4 宮城・夢メッセみやぎ大会 〜試合結果&リポート〜
(観衆: 154 人)

<第 0 試合 エキシビジョン シングルマッチ 5 分 1 本勝負>
佐藤嗣崇
( 5 分 00 秒 時間切れ引き分け )
レックス・アンドリュー

レスリングキャンプに参加しているレックスが急遽、佐藤と第 0 試合で W-1 デビュー。佐藤と 5 分 1 本勝負を行なった。佐藤に左腕に集中攻撃を加え、ノーザンライトスープレックスも披露した。一方の佐藤もエルボーで反撃。逆片エビ固めでギブアップを迫る。しかし、これを逃れたレックスは飛びつき腕十字! 佐藤も必死に抵抗し、時間切れに終わった。

<第 1 試合 タッグマッチ 30 分 1 本勝負>
●アンディ・ウー & アレハンドロ
( 7 分 57 秒 立花の竹刀攻撃→片エビ固め )
児玉裕輔 、 ◯ドランク・アンディ

2月14日の後楽園ホール大会で行なわれる『CRUISER FES』の 1 回戦を闘う者同士がタッグマッチで激突する前哨戦。試合開始早々はアンディとアレハンドロが素早い動きで翻弄するものの、ドランクがアレハンドロにマンハッタンドロップをかまして動きを止める。アンファン組はアレハンドロを捕獲。ドランクの逆 片エビ固めに捕まり、さすがのアレハンドロも悶絶だ。しかし、これを逃れるとコーナーに突っ込んできた児玉に対してカウンターで蹴り。さらにスクールボーイの要領で転がして顔面にドロップキックだ。そして代わったアンディが一気に攻め込む。ミサイルキックを狙ったドランクに下からドロップキックで付き合上げて、アレハンドロとのダブルのドロップキックも決めてみせる。さらにアレハンドロは場外にいた児玉にトペ・コンヒーロ。アンディもドランクに飛鴻だ。だが、ギリギリで児玉がカット。さらにドランクも逆襲を始める。コーナーに神林フェリーを詰めて、アンディの攻撃を抑止してしまう。その隙にセコンドにいた立花がリングに上がってきて竹刀でアンディに一撃! 無念、アンディはドランクに 3 カウントを取られてしまった。

アンディ なんや、今日のレフェリーは! レフェリーも向こうの味方か? 『CRUISER FES』で同じことやってみろ。レフェリーもただじゃおかんからな。

アレハンドロ これで勝ったつもりか? 『CRUISER FES』はアレハンドロが制する。ソイ・アレハンドロ!

<第 2 試合 タッグマッチ 30 分 1 本勝負>
芦野祥太郎、●立花誠吾
(9 分 15 秒 レフェリー暴行→反則 )
◯征矢学、タナカ岩石

先発で出ることを促す岩石に対し、征矢は動こうとしない。その隙にアンファンが仕掛けて試合の始まり だ。岩石はいきなりアンファンに捕まり、芦野、立花にいたぶられる。右足を攻められ、レフェリーのブラインドを突いての急所攻撃まで食らってしまう。そして征矢にタッチをしようとしても、アンファンにクレームを脱出することができず。芦野の足責めに悶絶状態となってしまった。だが、気力で芦野をバックドロップで投げて反撃。代わった征矢が芦野にブルドッキングヘッドロック、アバランシュホールドを繰り出す。しかし、芦野もアンクルロックで反撃。さらに代わった立花も征矢に腕攻めを仕掛けていく。だが、征矢は 2 人まとめてラリアットでなぎ倒すと、立花には前後からワイルドボンバーを 2 連発! これで勝負あったかと思われた。しかし、セコンドの児玉がレフェリーの足を引っ張ってカウントを妨害。その隙にドランクが入っ てきて、征矢の頭部に竹刀を一撃! さらにリングに戻ってきたレフェリーに暴行を加えて、リング外に排除。すかさずレフェリーがゴングを鳴らして、征矢&岩石が反則勝ちを拾った。試合後、立花は今度は征 矢の髪の毛を切ろうとする。それを岩石がゴングを振り回して必死に征矢を救出したのだった。

芦野&立花のコメント
芦野 ナイス判断ですよ、児玉さん。反則負けは負けじゃないですからね。
立花 誰がそんなルール決めたんだよ。しかし、そんなに好きならおそろいの髪型にしてやろうと思ったんですけどね。
芦野 アイパー当ててんだろう? アイパー野郎が。立花 あいつら、惜しいことしちゃいましたよ。
芦野 相変わらず征矢学に言うことは一つもねえよ。あれで終わりだ。いつまでもお涙頂戴やってろ。立花 お涙頂戴やってりゃ誰でも強くなれんのか? ああ〜ん?

征矢&岩石のコメント
岩石 どう見てもおかしいだろ! 征矢さんの勝ちでしょう!
征矢 いいんだよ、ほっときゃいいんだよ。好きにさせときゃいいんだよ。
岩石 何がいいんだよ、何もよくねえよ! ヒゲまで切られて反則までされて悔しくないんすか!? 征矢 いいんだよ、ヒゲなんてすぐ生えてくる。
岩石 そういう問題じゃないだろう征矢 いいんだよ……いいんだよ!
岩石 絶対おかしいよな! 征矢さんの勝ちだろ! あの人あんなんじゃねえよ! もっともっと熱くて強い人だよ! 次の後楽園必ず蘇るから! 俺も黙ってられねえからな! 特に立花誠吾! 覚えとけ!

<第 3 試合 センダイガールズプロレスリング提供試合 シングルマッチ 30 分 1 本勝負>
◯カサンドラ宮城(センダイガールズプロレスリング)
( 9 分 9 秒 ミサイルキック→片エビ固め )
●佐藤亜海(センダイガールズプロレスリング)

地元・センダイガールズプロレスリングのカサンドラ宮城と佐藤亜海がシングルで激突。カサンドラが腕攻めで佐藤をたっぷりといためつけていく。佐藤も必死にエルボーで反撃する。ボディスラムで叩きつけ、カサンドラの技も回転エビ固めで切り返して見せた。しかし、反撃もここまで。カサンドラのカウンターのミサイルキック、バックドロップを食らいグロッキー状態にされると、最後はトップロープからのミサイルキックで3カウントを取られてしまったのだった。

<第 4 試合 6 人タッグマッチ 30 分 1 本勝負>
吉岡世起、稲葉大樹、●佐藤嗣崇
(13 分 48 秒 イケメンカンガルークラッチ )
◯黒潮“イケメン”二郎、愛澤 No.1 、三富政行

仙台の塩竈市出身の愛澤 No.1 が W-1 のリングに初登場。シャンパンを持ち入場し、リングサイドの女性客に振る舞った。そしてリングに上がると、対戦相手の稲葉に向かって「いらっしゃいませ!」と連発。ショルダータックルでふっ飛ばされようが「いらっしゃいませ!」を忘れない。これを気に入ってしまったイケメンも三富も「いらっしゃいませ!」と叫びながら佐藤を攻撃。いつも以上に騒がしいが、それでも攻撃はエグい。後頭部に蹴りを食らわし、足で首を捻って佐藤をいためつけていく。だが、稲葉が反撃。三富に串 刺し式攻撃を食らわし、バックドロップでイケメンを投げる。しかし、稲葉の動きを三富が止めると、愛澤がレッグラリアット。さらにシャンパンコールからエルボードロップを吉岡の再三に亘る妨害にもめげずに決めてみせた。しかし、続くシャンパンコールからのブレーンバスターは逆に投げ飛ばされる。それでも佐藤を捕まえたイケメン組。吉岡の素早い動きからのキック攻撃、そして稲葉のブルーサンダーが炸裂し、逆 に佐藤がイケメンを追い詰める展開になる。イケメンにストレッチ式のアバランシュホールドを決めた佐 藤。しかし、バックドロップを回避されると、最後はイケメンカンガルークラッチで 3 カウントを喫したのだった。

イケメン&愛澤&三富のコメント
三富 凄いっすね。僕、歌舞伎町プロレスっていうのをやっていたんですけど、歌舞伎町のホストと違いますね。
愛澤 仙台は違うんですよ。
三富 凄いネチネチしてじんじん来ました。イケメン いや笑った。またお願いします。愛澤 どうもありがとうございます。

<第 5 試合 シングルマッチ 30 分 1 本勝負>
◯カズ・ハヤシ
( 12 分 25 秒 スピニングトーホールド )
●NOSAWA 論外

ベテラン同士のシングルマッチ。論外がシャイニング論ザードで先制するが、カズは足攻めで逆襲。論外のスネを狙って蹴りつけ、さらに足 4 の字固めでいたぶっていく。論外が脱出してもドラゴンスクリューですぐに追撃。トーホールドでさらに締め上げていく。しかし、論外はコーナーでの攻撃を仕掛けてきたカズを鉄柱に自爆させることに成功。さらに鉄柱にぶつけてカズの肩をいためつけて逆襲だ。ショルダークロ ーでじっくりといためつけると、腕を極めた状態でのDDT。カズがハンドスプリング式の延髄斬りで反撃してきても、続くライオンサルトは膝を立てて迎撃。そして、トドメのシャイニング論ザードだ。しかし、膝が痛 くてなかなか発射できない。そのうち息を吹き返したカズはようやく発射した論外のシャイニング弾をがっちりガード。丸め込み合戦からスピンニングトーホールドで勝負を決めた。
試合後、論外の手を上げて、健闘を称えるかに見せたカズだったが、論外のスネに一撃。さっさと一人で引き上げてしまった。ところが残った論外が、「社長!」と再び呼び戻す。そして出てきたカズに「社長がそんな悪いことしちゃダメでしょう」と叱責。そして、「仙台はタクシーで悪いことをしてしまったんですが、社長、僕の代わりに謝ってください」となぜかカズに謝罪を要求。カズは訳のわからぬまま、「すいませんでした!」と頭を下げたのだった。

カズのコメント
カズ クルーザーウェイトディビジョンチャンピオンを獲るためにも『CRUISER FES』があります。2 月14 日から。そこに愚連隊の MAZADA 選手ですし、そして今日は愚連隊の相棒の NOSAWA 選手。全てで各選手を上回って僕が優勝してチャンピオンになります。

論外のコメント
論外 最近俺の周りに藤田ばっかりがいて、アルファベットの FUJITA は東京愚連隊。この仙台という街、俺が来ちゃいけないと思って毎回来ているんだけど、まあ後楽園からアルファベットの FUJITA が合流するから。MAZADA は『CRUISER FES』に出るんでしょ? それはいいとして、それ終わってから W-1 では東京愚連隊の完全復活。そして全日本は諏訪魔、秋山逃げるなって。赤鬼と青鬼がいつでも全日本にはぐれ IGF インターナショナルとして神出鬼没で乗り込んでいってやるから。今日言えるのはカズ・ハヤシは社長を辞めるべきだ。社長としての自覚がない。闘った相手に手を上げておいて、弱点を蹴る社長がどこ にいる?とりあえず俺の周りには藤田と赤鬼と青鬼がいて、いつくるかわかんないから。全日本と W-1 をかき乱してやろうと思っているからね。ああ、足痛い。

<メインイベント UWA 世界 6 人タッグ選手権試合 60 分 1 本勝負>
【第 61 代王者組】 ◯土肥孝司、熊ゴロー、伊藤貴則
( 19 分 42 秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め )
【挑戦者組】 河野真幸、 近藤修司、●MAZADA

※第 61 代王者組・土肥孝司&熊ゴロー&伊藤貴則が 4 度目の防衛に成功。

前回の春日部大会で痛い目に遭わされた熊ゴローが近藤を指名。しかし、ベテラン勢は河野が先発。ここでも熊ゴローは手玉に取られてしまうが、そのうちベテラン勢は伊藤を捕獲。場外で河野と近藤が伊藤をいためつける。さらにリング上でも孤立してしまった伊藤を、近藤、MAZADA、河野と順繰りに攻撃。近藤はロープを使い、その上に伊藤を落として腹を攻撃。その後も腹に集中攻撃を食らわしていく。NEWERA は救出に入りたくても、熊ゴローは足を攻められてなかなか入れない。ならばと伊藤は自力で近藤にニールキックを食らわし逆襲。タッチを受けた熊ゴローはフライングソーセージから 3 人揃ってのアルゼンチンバックブリーカーを決める。しかし、ベテラン組も譲らない。熊ゴローが近藤に放とうとしたダイビングセントーンを河野がコーナーに上がって回避。続く土肥を捕まえると、トリプルスクリュー、トリプルチョーク スラムで一気に追い込んでしまう。近藤と MAZADA に押さえつけられ河野のニーアタックを食らった土肥。さらに MAZADA からは正田落としの追撃も食らった。伊藤は近藤に、熊ゴローは河野に押さえ込まれて、土肥は孤立状態で絶体絶命のピンチに追い込まれた。しかし、土肥は沈まない。MAZADA にカウンターのエルボーアタックからハーフネルソンスープレックスで逆襲すると、ラリアットで追撃。最後は垂直 落下式ブレーンバスターでトドメを刺した。

土肥&熊ゴロー&伊藤のコメント
土肥 今週も UWA 防衛だ。そして俺らが主張がないとかイデオロギーがとか言っているけど、近藤修司よ、リング上の結果が俺らの主張だし、俺らが王者であることが主張だから。
伊藤 勝ってからですよね。
土肥 でも、もう相手もいなさそうだし。伊藤 毎週毎週やってますからね。
熊ゴロー 毎週毎週足をいためつけられ、尿酸値とも闘っているよ。土肥 じゃあ、2 月中はお休みして(笑)。
伊藤 チームあんこ突っ走りましょう。
土肥 平成の時代に貴重なあんこ型。みんなあんこだからな。伊藤 20 代にしてみんな痛風になるかもしれない(笑)。
熊ゴロー この間、検査したら糖尿持っている親父より尿酸値が高かったんですよ。
──伊藤選手は 14 日の後楽園大会でリザルト選手権を控えていますが。
伊藤 王者は僕なんで。チャレンジャーは向こうなんで。王者は王者らしく防衛します。がっちり土肥 最近調子悪いからな。
伊藤 NEW ERA に入ってから ビッグマッチ弱いんですよ。次こそガッチリ勝ちます。任せてください。
──近藤選手が埋もれてると言っているが?
伊藤 そんなことないですよ。僕は UWA も持っているし、リザルトも持っているし。
土肥 いや、俺はそう思うよ。俺らとぶつかっていた伊藤のほうが良かった。まあそれは自分の意思だから。
熊ゴロー 仲間でもやり合う時はやり合うからな。俺は伊藤と熊とも闘いたいし、NEW ERA はユニットだと思っていないから。W-1 を良くしたい人間が集まっているから。

伊藤 僕はまだまだ丸くなってないんでこれからも尖り続けます。

河野&近藤&MAZADA のコメント
MAZADA いやあすいません。近藤 体重違うから。
MAZADA 『CRUISER FES』の前におかしくないですか? でも、ちょっと気になってきてですね。雰囲気変えるためにあのベルトを。これまでの流れではやらせてくれないじゃないですか? 特に UWA だから。
近藤 OK。応援しますよ。
河野 TriggeR と愚連隊は業務提携してますから。
近藤 優しいだけが先輩じゃないからな。厳しさも含めて先輩。だからあえて言うけど、2 月俺、全日本のジュニアのリーグ戦に出るんだよ。ウチも『CRUISER FES』やるだろ? 俺は向こうでがんばってくる。それを上回る結果を出せ。お前らで引っ張るんだから、お前ら中心で引っ張っていけよ。あと伊藤、お前なん か埋もれちゃってんな。シングルのチャンピオンだろ? なんか言えよ。次の後楽園メインだぞ。自分で作れって言ってるだろ。煽れって言ってるだろう。
河野 NEW ERA に入って失敗した例ですね。
MAZADA 一回獲ったらもういい感じなんですかね? 無駄無駄ですね。
河野 ダメですね。俺と組んでいたほうがあいつは輝いていた。そこをきちんともう一回考えないと、近藤さんの言うように存在感がなくなっちゃうよ。


「もしかしたらこの一戦がドランクの姿を拝める最後のチャンスかもしれねえぞ」いよいよドランクが本物のアンディ・ウーになる時が来た?『CRUISER FES 2018』出場者インタビュー:ドランク・アンディ(立花誠吾が代弁)

昨年の10月に突如、Enfants Terriblesの新メンバーとして登場したドランク・アンディ。黒いアンディ・ウーのマスクを被り、しつこいばかりにそのマスクを狙い続けている謎のマスクマンだ。そのドランクも『CRUISER FES 2018』への参戦が決定。しかも、1回戦の相手は因縁のアンディに決まってしまった。アンディに憧れ、本物のアンディになりたいというドランク。『CRUISER FES』でも勝敗度外視でマスクを狙いに行くのか? しゃべらないドランクに成り代わり、いつも通訳係を務める立花誠吾に話を聞いてみた。

──ドランク・アンディ選手が2月14日から始まる『CRUISER FES 2018』にエントリーされたので、その意気込みを聞こうと思ったんですが……。

立花 ああ〜ん? 俺じゃいけねえってのか?

──そういうわけじゃないんですけど、立花選手が代弁してくれるっていうことですか?

立花 あたりめえだろう!ドランク・アンディは今日も昼日中からどっかで飲んだくれてフラフラとしてんだよ。だから俺が来てやったんだ。

──1回戦の組み合わせを決める抽選会も立花選手が代役で出席されて、まさかのアンディ・ウー選手との対戦を決めてしまいましたね。

立花 俺が強運なのかドランク・アンディが強運なのかわかんねえけど、願ったり叶ったりだろうな。何しろあの憧れのアンディ・ウーと試合ができるわけだからな。

──しかも後楽園ホールでのシングルマッチですしね。今回は『CRUISER FES』という舞台での試合ですが、やはり狙いはアンディ選手だということですね。

立花 そもそもあいつがW-1に来た理由知ってるか? 「アンディ・ウーになるため」だからな。あいつは常日頃から「アンディ・ウーに憧れてる」って言ってっからよ。もちろん優勝も頭にあるかもしれねえけど、またアンディ・ウーのマスクを剥ぎ取っちまうかもしれねえよ。そして、「俺が本当のアンディ・ウーだ!」と言わんばかりの試合を見せてくれるんじゃねか? 何しろ、アンディ・ウーになるためにW-1のリングで闘っているんだからよ。

──ドランク選手はなぜそこまでアンディ選手に憧れているんですか?

立花 ああ〜ん? わかるわけねえだろう! 俺は何も聞いちゃいねえよ。もしかしたら芦野さんか児玉さんは聞いているかもしれねえけど、俺は知らねえ。

──あれだけ通訳代わりをしているにも関わらず、理由を教えてくれないんですか?

立花 あいつはそういう奴なんだよ。だから、なんであそこまでアンディ・ウーに執着しているのかは知らねえし、あそこまで憧れているのかも知らねえ。ただ、なんかあるんだろう、憧れている理由が。俺にはさっぱりわからねえけどな。

──でも、ここ数カ月、抗争という形になっていますけど、立花選手から見て、2人の闘いはどうなんですか?

立花 ああ〜ん? 客観的に見て、2人ともレベルの高い攻防をしているよ。ただ、試合の中ではドランク・アンディのほうがうわてだな。ドランク・アンディのほうがレスラーとしての技量は上よ。これは俺の立場抜きにしてもそう思う。

──確かにアンディ選手は勝ちという結果を出しても、「またやられた……」という感じで悔しがることが多いですからね。

立花 結果で言ったら、アンディ・ウーのほうが勝ち越しているのかもしれねえよな。ただ、問題はその勝ち方だろ? ドランク・アンディがマスクを欲しがるから、結果的に反則勝ちだったり、最後だけ丸め込んで勝ちみたいなのばっかりじゃねえか。これじゃ負けた気がしねえよ。あいつがアンディ・ウーのマスクを剥ぐのは、単にアンディのマスクが欲しいからなのか、素顔を晒してやりたいからなのかわかんねえけど、狙いはそこにあんのかなって思うね。

──アンディ選手の感情を揺さぶるというか。

立花 弄んでんだよ。

──心理的にアンディ選手を攻めていると。

立花 そういう意味ではドランク・アンディは凄いレスラーなんだよ。あいつの実力は半端じゃねえ。俺から見てもアンディ・ウーとは次元が違うな。まず、あんなに酒が入ってるのに試合ができること自体がすげえだろう。

──常に酔っ払っているということですからね。

立花 あいつは試合があっても酒を切らさねえから。それは技術があってのことだからな。姑息な闘い方もうめえなって思うよ。正直、俺も見習うところはたくさんあるな。

──インサイドワークに長けてますよね。試合中にアンディ選手を手のひらに乗せているように見えます。

立花 リングの使い方がうめえんだよ。あとはさっき言ったように相手の感情を弄んだり、レフェリーのブラインドを突いての反則なんか絶品だよな。しかも、チームメイトの使い方もうめえよ。俺や芦野さん、児玉さんの巧さを引き出してくれてるからよ。

──ある意味、Enfants Terriblesの司令塔的な役割も果たしているということですか?

立花 いや、司令塔というよりも、あいつは勝手に動いているだけなんだけど、それがチームにビチッとハマッちまうんだよな。そもそも何を言っているのか、しっかり理解できるのは俺ぐらいしかいねえからよ。だけど、芦野さん、児玉さんと組んでもうまくいっているというのは、ドランク・アンディのスキルによるものが大きいよ。もちろん、俺たちの連携も常に進化しているというのもあんだけどよ。

──では、単なる色物のレスラーではないということですね。

立花 あいつがアンディ・ウーのマスクにこだわらなきゃ、何度も必殺技のアンディ・ヴーを決めてるわけよ。あのフィニッシュホールドはすげえよな。あれが決まったら、一発で3カウントだからよ。そう考えても、『CRUISER FES』なんか楽勝だろう。

──1回戦のアンディ選手も楽勝で突破できると。

立花 余裕だね。だから、もしかしたらこの一戦がドランク・アンディの姿を拝める最後のチャンスかもしれねえぞ。なぜなら、ドランク・アンディは憧れのアンディ・ウーに本当になっちまうからだ。

──では、新しいアンディ・ウーとして『CRUISER FES』に優勝ということもありうると。

立花 ああ〜ん? あたりめえだろ! ただ、それもこれもドランク・アンディ次第だからよ。あいつは何考えてるかわからねえからな。またいつものようにマスク剥ぎに行って、反則負けになっちまうかもな。何しろ本当にアンディ・ウーのマスクを気に入ってんだよ。控え室でもウキウキで被ってるよ。

──なるほど。でも、普通に闘えば優勝も難しくないと。

立花 まあ、児玉さんも『CRUISER FES』に出るから、優勝が簡単だとは言わねえけど、決勝戦はその2人で決まりだろう。そこでEnfants Terriblesの強さを示して、クルーザーのベルトもどっちかが獲れば言うことはねえよ。無差別のベルトは芦野さんが持っていて、これからもずっと防衛してくれるだろうし、クルーザー、タッグと他のベルトもドンドン獲っていって、W-1を俺たちがおもしろくしてやるよ。

──では、3人で始まったEnfants Terriblesもドランク選手が加わったことでより完璧なチームに近づいたということですか?

立花 ああ〜ん? リング上を見りゃ、わかるだろう! 俺たちは圧倒的だ! ただ、あいつがEnfants Terriblesに入ったのは去年の10月だけど、レフェリーのブラインドを突いての反則や、相手の感情を弄ぶような闘い方は俺や芦野さん、児玉さんにはなかったものだから、間違いなくプラスにはなってるよな。

──ちなみに今はドランク選手はどのような心境なんですか?

立花 アンディ・ウーから奪ったマスクを1月14日の大阪大会で取り返されたよな? あん時、すげえ怒ってたんだよ。せっかく奪った憧れのアンディ・ウーのマスクを取り返されたわけだからな。だから、今度の後楽園大会で奪い返すのか、それとも普通に勝ちに行くのか、それはあいつ次第だからわからねえ。ただ、相当怒ってたぞ、ドランク・アンディは!

──では、この一戦に対して相当気合いが入っているということですね?

立花 いや、あいつは常に酔っ払っているから、何考えてるかわからねえ。ただ、憧れのアンディ・ウーとのシングルマッチだし、『CRUISER FES』だし、あいつのために舞台が整った感じはあるよな。だから、今度はきっちりとアンディ・ヴーを決めて、3カウントを取ってからマスクを剥ぐのか? それともいつものようにマスク剥ぎに執着してしまうのか? すべてはドランク・アンディ次第ということだよ。

「近野くんが普段広島でやっているような自分全開のやつとやりたい」職人が若い選手に厳しい提言!『CRUISER FES 2018』出場者インタビュー:MAZADA

掴みどころのないキャラクターでWRESTLE-1のリングでも異彩を放つMAZADA。クルーザーディビジョン王座2度獲得という実力者が『CRUISER FES 2018』に満を持して参戦する。1回戦の相手もダブプロレスの近野剣心に決定。異色の対決を控え、心境を語るMAZADAの口からは近野をはじめとするW-1の若い選手たちへの厳しい言葉も飛び出した。

──MAZADA選手も『CRUISER FES』への参戦が決まりましたが、最近のクルーザー戦線についてどのように見ていらっしゃるんですか?

MAZADA 若い人がたくさんいていいと思いますけどね。なんか、ヒジ(土方隆司)とか入ってきたじゃないですか? 元々厚みがあるところにヒジや若い人が増えたんで厚みが増したんじゃないですか? ハヤシさんにしても大きな人たちに絡んでて、クルーザーには回ってこなかったですからね。それがこっちに回ってきたんで、増えちゃった感は凄いですね。

──なるほど。昨年の7月にベルトを落として以降はあまり絡んでいませんでしたけど、様子見をしていたという感じですか?

MAZADA ですよね。まあまあ、目立ってきた人の芽を潰したほうが早いじゃないですか。下から上がっていく作業をするよりも、横入りしたほうが効率的なんで(笑)。チャンピオンになっても1回、2回タイトルマッチやったらチャンピオンがコロコロ代わっていたベルトなんで、だったら長くやっている人に突っかかったほうが効率がいいかなと思いながら、ですね。

──相手が太ったところで食ってやろうと。

MAZADA 漁夫の利ですよね、はい。まあ、結果的にこの『CRUISER FES』で下から上がらなきゃいけなくなりましたけどね。ただ、あのうどうなんでしょう? トーナメントの組み方がですね、欠席したから余りでみたいなのが(笑)。それはどうかと思うんですけど。

──抽選会を欠席したMAZADA選手と近野選手がたまたま最後に残って、2人の対戦が決定したという感じでしたよね。

MAZADA 代理で誰かくじを引かないんですかねって(笑)。まあまあいいですよ。そういう適当具合がよかったりするんで。結果的に近野くんですか? 自分は1回後楽園ホールで組んだだけで関わったことがなかったし、ここ最近は他のインディー団体に出ることもないので、それはそれで凄い楽しみですよ。

──普段は広島のダブプロレスでやっている選手なので、東京に出てくる機会もあまりないみたいですからね。

MAZADA そうなんですよね。W-1も広島に行くわけでもないので、あんまり関わりがない選手だから楽しみですね。

──そういう新しい選手と絡むのは楽しいですか?

MAZADA 楽しいですね。本当にここ最近は少なかったながらもクルーザーのほうに放り込まれることが多かったんで。東京愚連隊やデスペラードとしての活動も少なかったし、アンディくんとか吉岡くんとか頓所くんとか、あのメンツとずっとやっていたんで。

──久しぶりに新鮮な食べ物にありつけると。

MAZADA そうですよね。毎日、定食ばっかり食べていても飽きるじゃないですか? まあ美味しいんですけど、たまには他の物も食べたいなと。

──そうかと思えば、いきなり河野選手とシングルマッチ組まれたりしますよね。

MAZADA そうなんですよ!(笑)。いや、いいんですけど、仕事なので。ただ、サイズ違くねえって。

──味が違いすぎるだろうと(笑)。そう考えるとMAZADA選手にとってもクルーザーのトーナメントは新鮮な食べ物を味わえる機会という感じですか。

MAZADA また目立つチャンスがあるかなって感じですね。

──では、1回戦で当たる近野選手についての印象を聞かせてください。

MAZADA キャラクター的にW-1にはないキャラクターですよね。キックを使うだけじゃなくて、なんか特殊な雰囲気があったりするんですよね。多分、インディーで闘っている中で自分で作っていったキャラクターなんでしょう。凄く引き立っていて、いい選手だと思うんですけど。ただ、この間の吉岡くんとのチャンピオンシップも見ていたんですけど、なんでしょう、客に食われていた感が2人ともあったかなっていう。後楽園の場数を踏むというか、場慣れですかね。後楽園って変な雰囲気があったりするんで。本人緊張しているのかわからないですけど、「ああもったいない。もっといけるのに」っていう雰囲気が見えましたね。

──後楽園で試合する機会も少ないでしょうしね。

MAZADA そうですよね。それを踏まえてですね、W-1が大きな舞台とは言わないですけど、そんなの吹っ切って、普段広島でやっているような自分全開のやつとやりたいですね。それを上から叩き潰したほうがなんかやってやった感があるというか、「MAZADAすげえな」ってなると思うんで。

──もっと本来の自分を出してきてほしいということですね。

MAZADA 出てこないと次はないんじゃないですか、残念ですけど。厳しい言い方と言うか、もう東京に出てこれないんじゃないって思いますね。というか、そんなんなら出てこなくていいんじゃないって感じですわ。そこで吹っ切れられないならば。

──それこそMAZADA選手はずっとフリーでやられているわけですし、そういう厳しい環境の中でやられているわけですよね。

MAZADA 毎試合が査定試合ですからね。そこである程度合格点を出せなければ、「いらない」って言われて終わりなことをずっとしているので。近野くんももうちょっとハングリーになったほうがいいんじゃないっていう。もっと東京で試合をしたいならば、ですね。

──そういうハングリー精神を近野選手をはじめとする若い選手に注入してやりたいという気持ちってありますか?

MAZADA 注入したら自分の仕事が減っちゃうから、あんまりそういうことはやりたくないですけど(笑)。

──それはそうですね(笑)。

MAZADA ただ、それは自分で感じないといけないことだと思いますよ。会社が守ってくれるからとか、そんな時代は終わりつつあるので、実際。W-1にもそういうのって出てきているんじゃないですか、よその団体に呼ばれる人と呼ばれない人の差みたいなのが。よそに出ると、なんか自信つけて帰ってくるじゃないですか? いい自信なのか、悪い自信なのかは別として。

──イケメン選手なんかはよく他団体に呼ばれたりしますし、自信たっぷりで試合もしてるように見えますね。

MAZADA はい。だから、呼ばれない人って何が足りないのっていうことなんですよね。「会社におんぶに抱っこになってな〜い?」って話で。「俺所属だから、試合は組まれるけどさ」っていう話じゃないですか。

──そういう部分もこれからはよく考えて試合をしたほうがいいよということですね。

MAZADA 近野くんに関しては特にそうですよね。所属でもないので、はい。勝つのは大前提なんでしょうけども、それでインパクト残せないならばそれまでの広島の選手なのかなってなっちゃいますよね。

──なるほど。そういう意味ではサバイバル感の強いトーナメントになりそうですね。

MAZADA 自分だけの試合じゃなくて、全部見ていたいですよね。いかんせん試合出ることによって、タダで見られるわけで。入場料払わなくて見られるんで楽しみですよ、他の人の試合。

──MAZADA選手は他の人の試合を見るのは好きなんですか?

MAZADA 試合見て、自分の中で、ああでもねえこうでもねえって文句言ってんの大好きですね。だいたい後楽園だとバルコニーで文句言いながら見てますね。

──そのMAZADA選手の目から見て、今のW-1は楽しいですか?

MAZADA 客になって見ているので、「おお!」っていうほうが多いですよ。ぶつくさ言っているのも事実ですけど、「ああ、もったいねえ」っていうのもあれば、「ああ、すげえすげえ!」って一緒になって拍手してますからね。

──なるほど。では、『CRUISER FES』もMAZADA選手が「おお!」っていう試合が続出して、成功することを願っています。

MAZADA 成功させて何年も続けて、2月って言えば『CRUISER FES』っていうのにしたいですよね。

──わかりました。では、最後にファンの方にメッセージをお願いします。

MAZADA 正々堂々とがんばりますので、皆さん、応援よろしくお願いしますって感じで(笑)。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]井上譲二のプロレス秘話~馬場と猪木がそろって記者を買収していた!

[ファイトクラブ]井上譲二のプロレス秘話~馬場と猪木がそろって記者を買収していた!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月08日号ロイヤルランブルXFL豆腐プロレス藤波猪木雪の札幌PRIDE桜庭和志